アナザー ストーリー アメリカ同時多発テロ
それぞれの人生はその瞬間、大きく転回し、様々なドラマを紡ぎ出していきます。 2001年9月11日。アメリカ・ニューヨークを襲った同時多発テロ。あのとき、ホワイトハウスで何が起きていたのかを描くSP版。混乱の中、名執事長が取った対応とは? アナザーストーリーズ「アメリカ 同時多発テロ 〜ホワイトハウス知られざる戦いsp〜」 放 送 2020年4月21日(火)午後9時~[bsプレミアム] 放送前の予告. 2001年9月11日。アメリカ・ニューヨークを襲った同時多発テロ。 Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved. 人々が固唾を飲んで見守った、あの“出来事”。あの日、あの時、そこに関わった人々は何を考えたのか? 平成13年(2001)アメリカ同時多発テロ 9月11日、米ニューヨークの世界貿易センタービルの南北両棟に、ハイジャックされた旅客機が相次いで衝突。 残された映像や決定的瞬間を捉えた写真を、最新ヴァーチャルで立体的に再構成。 ダイアナ妃の事故死、ベルリンの壁崩壊、ビートルズ来日... 人々が固唾を飲んで見守った、あの“出来事”。あの日、あの時、そこに関わった人々は何を考えたのか? それぞれの人生はその瞬間、大きく転回し、様々なドラマを紡ぎ出していきます。 事件の“アナザーストーリー”に迫る、マルチアングルドキュメンタリー。

事件の内容2001年9月11日、アメリカ合衆国のニューヨークなどの都市で同時的に攻撃される事件、いわゆるアメリカ同時多発テロ事件が発生しました。双建していた世界貿易センタービル(wtc)などが倒壊してしまいました。この事件によって、約300

イギリスのエリザベス女王(94歳)。数々の危機をスピーチで乗り越えてきた。第二次世界大戦中に14歳で行った初めてのラジオスピーチ。ダイアナ元皇太子妃が亡くなったときの長い沈黙の後のスピーチ。そして今年、コロナ禍の中で行った3つのスピーチ。その言葉は、国民にどう受け止められたのか?女王を幼い頃から知る友人、女王を撮り続けてきたカメラマン、BBC王室担当記者などがスピーチの裏の知られざるドラマを語る。超大国の最先端都市がある日突然、無法地帯に陥った。1992年のロサンゼルス暴動。死者63人、負傷者2383人。6日間の間、街は暴力と恐怖に支配された。きっかけは黒人男性への警官の暴力が無罪になったこと。暴動の始まりを偶然にも撮影してしまった男が語る真実、暴動に翻弄された人々が起こした奇跡、そしてこの事件を収束に向かわせた知られざるスピーチとは。今も差別と憎しみが続く現代に彼らの言葉はどう響くのか。ダイアナ妃の事故死、ベルリンの壁崩壊、ビートルズ来日...