ギルティ 悪魔と契約 した 女 ネタバレ 4話

<< » ギルティ 悪魔と契約した女 (第11話 最終回 12/21) 感想 [ディレクターの目線blog] 10/12からフジテレビで始まった『ギルティ 悪魔と契約した女(公式)』の最終回 『永遠に愛してる…』の感想。 引っ張るだけ引っ張って、薄っぺらなのも困る…

ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」の第4話「私を罪に陥れた奴ら」のあらすじとネタバレです。第3話にあらすじは「15年前、野上芽衣子(菅野美穂)は洋菓子店「パティースリー立花」でケーキを買ってきた。そのケーキを食べた野上芽衣子の姉の夫とその息子の2人が死んだ。野上芽衣子は無罪を主張したが、証拠も証人も揃っていた。桜葉館学園高校3年生の菅沼俊也(波岡一喜)は「公園で野上芽衣子が与えた餌を食べた犬が死んでしまった。いつも『お姉ちゃんなんて大嫌い』と言いながら犬をイジメていた」と証言した。桜葉館学園高校3年生の金谷文則(山崎裕太)は「お姉さんを襲ってくれと誘われた。親が離婚して父親が出ていき荒れているから、ナンパが成功しやすいと言っていた」と証言した。野上芽衣子の弁護を務めた弁護士・松永征一(石丸謙二郎)は反対尋問を行わなかった。ある日、IT関連会社「CYBER ROAD」の社長・金谷文則(山崎裕太)が親しく交際しているタレント野村匡が覚醒剤で逮捕された。秘書が心配するが、金谷文則は「俺は捕まらない。金がある奴は法律でも曲げられる」と一蹴した。榎本万里(吉瀬美智子)は三輪周平(モロ師岡)が帽子を忘れていった女子刑務所(栃木北刑務所)を訪れた。刑務官に三輪周平の様子を尋ね、三輪周平が受刑者・野上芽衣子(菅野美穂)のことを調べていたことと「わかいそうなことをした」と言っていたこととを知る。野上芽衣子は、金谷文則の交際相手でタレントの高橋遥(岩佐真悠子)の自宅を訪れ、愛犬シルクのトリミングを行った。その時、野上芽衣子は隙を見て、椅子にかけられていた上着のポケットに犬の餌と覚醒剤とを忍び込ませた。高橋遥が電話に出ている間に犬が上着のポケットの中の餌を食べようとした。高橋遥が上着のポケットを探ると、覚醒剤が出て来た。高橋遥は「私は覚醒剤なんてやってない。これは金谷文則のジャケットよ。お願い信じて」と野上芽衣子に訴えた。野上芽衣子は取材に着た記者から金谷文則が覚醒剤を使用しているという噂を聞いたと教え、仕事を続けたければ金谷文則から離れた方が良いとアドバイスした。そして、私の言う通りにしてくださいと言い、覚醒剤の処分を引き受けた。真島拓朗(玉木宏)は検察庁を訪れて、15年前の公判記録の開示を求めた。捜査に関連しているため、開示は認められる見通しだったが、資料は開示されなかった。真島拓朗が担当者に詰め寄ると、上の指示で開示できないという答えが返ってきた。真島拓朗は落ちぶれたルポライター堂島基一(唐沢寿明)に連絡して公判記録の入手を頼んだ。その時、堂島基一はパソコンで「悪魔と契約した女」を執筆中だった。野上芽衣子は金谷文則の祖母にも取り入っていた。金谷文則(山崎裕太)は恋人・高橋遥(岩佐真悠子)の携帯電話に電話するが、一向にでなかった。そこへ、公衆電話からの着信があった。野上芽衣子からの電話だった。野上芽衣子が「忘れたのかな私の声。14年ぶりだもんね」と言うと、金谷文則は野上芽衣子のことを思い出した。「 菅野美穂が出演するドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」の第5話「真犯人に天罰下る!」のあらすじとネタバレです。第4話のあらすじは「野上芽衣子(菅野美穂)は、覚醒剤を使用している証拠写真を送り付け、IT会社「CYBER ROAD」の社長・金谷文則(山崎裕太)を脅迫ていた。そして、交際中のタレント高橋遥(岩佐真悠子)を誘拐したと言い、身代金として5億円を要求した。野上芽衣子は、いつでもお金が動かせるように、金谷文則の個人口座に5億円を移して待つように指示して電話を切った。野上芽衣子は、「交際相手の金谷文則が覚醒剤で逮捕されれば、貴方のタレント生命も絶たれる」と言い、高橋遥を連れ出し、金谷文則の祖母が入所している老人ホームのゲストルームにかくまっていたのだった。そのころ、ジャーナリスト堂島基一(唐沢寿明)から受け取った15年前の北区毒入りチョコレートケーキ事件の裁判メモから金谷文則にたどり着いた真島拓朗(玉木宏)はIT会社「CYBER ROAD」を訪れていた。真島拓朗は、社長・金谷文則との面会を求めたが、社長室は絶対に安全だと言われ、会うことはできなかった。覚醒剤事件で金谷文則を調査していたマル暴(組織犯罪対策部)から捜査の邪魔をするなと苦情を受けた榎本万里(吉瀬美智子)が、真島拓朗(玉木宏)の元を訪れた。榎本万里は、これ以上勝手なマネは許さないといい、車の鍵を取り上げたると、真島拓朗は歩いて去った。榎本万里は関係者に電話して、野上芽衣子の裁判記録を入手するように頼んだ。金谷文則(山崎裕太)は電話で何者かに、野上芽衣子から揺すられていることを報告し、警察への対処を頼んだ。ペットサロン「モンアンジュ」に真島拓朗(玉木宏)がアンを預けにきた。真島拓朗は「今日はいつ帰れるか分らないので、仕事が終わったらうちに届けて欲しい」と言い、野上芽衣子に自宅の鍵を渡した。矢部彩乃(滝沢沙織)はリストカットした跡を野上芽衣子に見せ、「私は琴美さんと芽依子さんに知り合って変わることができた。今の芽依子さんには恋する資格が十分にありますよ」と、真島拓朗との恋をためらう野上芽衣子の背中を押した。榎本万里(吉瀬美智子)は入手した裁判の記録から、関係者が自殺していることに気付いた。宇喜田元(吉田鋼太郎)のパソコンから犯罪者データーにアクセスしようとするが、パスワードが変更されておりパソコンは使えなかった。榎本万里(吉瀬美智子)は、バーに真島拓朗(玉木宏)とルポライター堂島基一(唐沢寿明)を呼び出した。榎本万里は任意で野上芽衣子を取り調べないのか問う。真島拓朗は何も答えない。そこへ堂島基一が現れた。堂島基一は、公判記録を出せないのは冤罪事件だからではないかと指摘した。三輪周平(モロ師岡)が冤罪事件を償うために、野上芽依子の代わりに復讐しているのではないか。元鑑識の三輪周平なら殺人を自殺に偽装できるのではないか。そう言い残すと堂島基一は帰った。榎本万里と真島拓朗の2人は協力して捜査することにした。真島拓朗は金谷文則を張り込み、榎本万里は野上芽依子を調べることにした。野上芽衣子(菅野美穂)が犬のアンを届けに真島拓朗(玉木宏)の自宅を訪れた。真島拓朗は留守だったが、預かった鍵を使って室内に上がり込む。野上芽衣子が部屋に上がると、部屋が荒らされていた。野上芽衣子は真島拓朗に連絡した。真島拓朗はそのままにしておいてと言い、急いで帰った。部屋が荒らされたため、野上芽衣子がアンを預かることにした。野上芽衣子は「昨日の(抱きしめられた)ことは誤解してませんから」と言い残して帰った。真島拓朗が荒らされた部屋を調べると、部屋から裁判記録が無くなっていることに気付いた。そのころ、車の中には、資料を見る宇喜田元(吉田鋼太郎)の姿があった。一方、IT会社「CYBER ROAD」の社長室で、金谷文則(山崎裕太)が届いた包みを開けていた。包装紙から送り主は野上芽衣子だと分った。中には、ストライプのネクタイが入っていた。金谷文則は激怒してネクタイを投げつけた。「 ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」の第4話「私を罪に陥れた奴ら」のあらすじとネタバレです。第3話にあらすじは「ギルティ-第3話のあらすじ」をご覧下さい。 15年前、野上芽衣子(菅野美穂)は洋菓子店「パティースリー立花」でケーキを買ってきた。 『ギルティ~この恋は罪ですか?~』のドラマ第3話ネタバレ・あらすじ・感想についてまとめてみました♪ 2020年4月16日(水曜)23時59分から放送された第3話。 前回(2話)で、荻野爽(新川優愛さん)は、とうとう一真(小池徹平さん)と瑠衣(中村ゆりかさん)の浮気現場を目撃して … << ギルティ 悪魔と契約した女 あらすじ & 真犯人 ネタバレ。菅野美穂ちゃん主演のギルティ。キャストや主題歌・あらすじなどはもちろんのこと、視聴率や動画、感想などを紹介します。 *ギルティ悪魔と契約した女「復讐の鬼愛を捨てる」*番組HPこのドラマの前の枠の「フリーター・・」が予想以上に見応えがあったのでこのドラマの感想はUPしなくてもいいかなぁ・・・なあんて気持ちにもなっているのだけれど今回も楽しめるドラマだったのでとりあえず簡単な感想でも。 菅野美穂が出演するドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」の第5話「真犯人に天罰下る!」のあらすじとネタバレです。 第4話のあらすじは「 ギルティ-第4話のあらすじ 」をご覧下さい。