テスラ モデル3 事故
さて、2018年4月に東名高速にて発生した、自動運転中のテスラ・モデルxが関連する死亡事故。まず東名高速にて自動車と自動車との事故が発生し、その事故によって停止したクルマを避けることができなかったライダーがこれに衝突して転倒。 | この事故は不幸の連鎖としかいいようがない |東名高速道路を自動運転にて航行していたテスラ・モデルxが事故を起こし、1名が亡くなったという痛ましい事故がありましたが、その亡くなった男性の遺族(妻と娘)とがテスラを相手取って訴訟を起こしたと Model 3は衝撃吸収クラッシュ構造、強固な車室、側面からの衝撃に対する優れた保護、道路を走るセダンの中でも一番低い横転リスクを備え、NHTSAの安全評価において全てのカテゴリおよびサブカテゴリで5つ星評価を達成しています。 こうしたテストは衝突が起きた場合の安全性を調べるためのものだが、テクノロジーのおかげで最近では衝突そのものを避けることがより容易になっている。このため、NHTSAとIIHSは自動ブレーキなどの「予防安全システム」についても評価を下すようになった。そして、テスラ車はこの分野でも印象的な成績を収めているのだ。電柱への衝突テストでは、時速35マイル(32.2km)で直径10インチ(25.4cm)の柱に車体をぶつける。助手席の成人女性のマネキンはシートベルトを着用しており、頭 … なビジネスで成功することはできないのだ。この業界では世界的なメーカーでも利益率は1桁台で、世界中に広がるサプライチェーンを管理するのは容易ではない。本当に小さな問題が企業の存続にかかわってくることもある。それでもテスラが、経営陣の争い、CEOのツイートに端を発する訴訟、連邦当局による捜査、生産目標の未達といった障害をすべて乗り越えることができれば、彼らが生産するクルマは大成功を収めるだけの性能を誇ることが証明済みといえる。限定公開記事が読めて、 ただ、テスラはモデル3を急げない別の理由もあるのではないかと思っています。 テスラは固定型蓄電池の世界的大手です。 きちんとした分析ができていないので恐縮なのですが、ここ半年にだいぶ市場を伸ばしているように感じます。 東名高速道路を自動運転にて航行していたテスラ・モデルXが事故を起こし、1名が亡くなったという痛ましい事故がありましたが、その亡くなった男性の遺族(妻と娘)とがテスラを相手取って訴訟を起こしたとの報道。これは (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});なお、事故そのものは2018年4月29日のGW中に発生したもので、まず東名高速にて自動車と自動車との事故が発生し、その事故によって停止したクルマを避けることができなかったライダーがこれに衝突して転倒。そして転倒したライダーを助けようと、一緒に走っていたツーリング仲間が停車することになりますが、まずはこの直後に来たクルマは事故を起こした車両とライダーたちを回避。ただしその後ろから来たテスラ・モデルXは前方にあるバイクやライダー、クルマを回避できず、救助活動にあたっていたライダーの一人をはね、その男性が死亡してしまったという経緯となります。なお、このテスラ・モデルXは自動運転(オートパイロット)にて走行しており、運転手は居眠りをしていたと言われ、しかし今回はその運転手ではなく、訴訟の対象は「テスラ」ということですね(この男性の処遇がどうなったのかはわからない)。この事故については不幸の連続としかいいようがありませんが、障害物を回避できなかったテスラ・モデルXの機能に焦点が当てられ、テスラの責任が追求されることになりそうです。テスラと言うと「自動運転」というイメージがあり、というのもモデルS発売時に自動運転を大きくアピールしていたため。アメリカ西海岸から東海岸までを自動運転で走り切ることができると豪語しており、数々の自動運転の優秀さを示す動画を公開することで一躍有名に。よって、テスラのオーナーも「自動運転」にフォーカスしたレビュー動画を公開していましたが、ここ最近はあまり自動運転について語られることがなくなったように思われ、テスラ自身も自動運転に言及しなくなったり、アップデートが話題にならなくなったようにも思います。その理由は定かではないものの、ひとつは「新参メーカーが名を売るために活用した”自動運転”」が(テスラがすでに有名になったため)さほど有用ではなくなったこと、度重なる事故や開発費の負担など、むしろ”重荷”になってきたのではないかと考えています。テスラはこのほか、2019年3月にもカリフォルニアで自動運転中の死亡事故(中央分離帯を構造物ではなく車線だと認識し、加速したと言われている)を起こしていて、こちらももちろん訴訟へと発展済み。なお、テスラは中国におけるアップデートで「こっそり」自動運転にかかわる機能を取り除き、中国内で自動運転を使えなくしたという報道もあり(そのため中国では一時期テスラの不買運動が起きた)、今となっては「自動運転はリスクでしかない」と認識し始めたのかもしれません。 | 自動運転中の死亡事故によるインパクトが大きかった? | テスラが新型「ロードスター」に興味を示した人々に対し、「今、ロードスター予約金の320万円を支払えば、モデル3を無料で一台つける」とメールを … 続きを見る なお、テスラは昔から何かと訴訟絡みの報道が多く、先日は(日本で)シャープから特許侵害で訴えられたことも。そのほか、逆にテスラが元従業員に対し、「技術を盗んで中国の自動車メーカーに移籍した」として訴訟を起こしたということも数日前に報じられています。 | ちなみにシャープは3年前からテスラに対し、特許の正当な対価を払うように要求していたらしい | さて、ロイターによると(家電の)シャープがテスラの日本法人を特許侵害で東京地裁へ提訴した、とのこと。ど … 続きを見る Copyright © 2020 Source: Life in the FAST LANE. 自動運転中の死亡事故が発生したテスラ。「今ならロードスターの予約金を払うと、モデル3を一台無料で」キャンペーン開始; テスラが完全自動運転の動画を公開。自宅からテスラ本社まで自動で行き、空きスペースに駐車するまで 米電気自動車(ev)大手テスラの自動車が2件の死亡事故を起こしている。いずれも同社の自動運転機能「オートパイロット」使用中に発生しているが、オートパイロットは安全運転支援システムであり、手放しやよそ見が許されるような自動運転システムではない。