テセウスの船 仲本工事 息子

TBSの2020年1月期日曜劇場『テセウスの船』の番組公式サイトです。主演:竹内涼真ほか豪華キャストでお送りする、泣けるヒューマンミステリー。時代を超えた“父と子の絆”は奇跡を起こせるのか!? 「テセウスの船」登場人物の最後を時系列に沿って原作マンガよりネタバレ解説します。田村心、佐野文吾など主要キャラクターの結末とは?起きた出来事をタイムラインでご紹介。竹内涼真、鈴木亮平、安藤政信ら豪華キャストでおくるドラマ版も好調なテセウスの船。 日曜劇場の「テセウスの船」の犯人は加藤みきおで、共犯者がいることが分かりましたね。加藤みきおと共に事件を起こした共犯者が誰か気になるポイントです。田中正志(せいや)は、田中義男(仲本工事)の息子で目が悪い義男の面倒を見に来てくれる優しい青年でした。義男は放火事件で亡くなったり、加藤みきおに毒を飲まされて亡くなったりと何度も殺されていますね。なぜ義男が何度も狙われていたのか、その理由は正志で、みきおと共犯なのではないかと予想しました。そこで今回は、Contents「テセウスの船」の黒幕犯人は田中正志(せいや)が犯人なのか、考察と予想してみました。ネットの声で田中正志(せいや)が怪しいと思っている方の声もご紹介していきます。田中正志(せいや)は、宮城県議会議員の田中義男(仲本工事)の息子で、仙台からわざわざ目が悪い義男を心配して仕事が休みの日に見に来ています。正志は、義男の部屋に置いてあるノートに、奇妙なイラストが描いてあることを知っていたはずですが、誰にも相談していない様子でした。第2話のラストでは、正志がノートに描かれてあるうさぎの奇妙なイラストを見て怖い表情を見せていましたね。誰にも言わなかったのは、正志が加藤みきおが描いたことを知っていたからではないかと予想しました。義男は何度もみきおに狙われて、放火事件が起きたり、毒を飲まされて殺されたりしましたね。義男が狙われる理由は、正志が殺すように依頼したからではないかと思います。第6話では、病室で殺された木村さつき(麻生祐未)を殺した人物を、みきおは小さくて太っているメガネをかけた男性だと田村心(竹内涼真)に伝えましたね。正志はこれまでメガネをかけていませんでしたが、第6話で正志が殺されているのが見つかったときには、メガネをかけていました。心が正志の居場所を見つけて駆け付けたときには殺されており、叫び声が聞こえたため、見に来た警察官に怪しまれることになりましたね。みきおは自分が犯人であることを知っている木村さつきと、共犯者だった正志を殺すことで、完全犯罪をやり遂げるつもりだったのではないかと予想しました。さらに、第8話では、みきおがはっと汁を混ぜている真横に正志がいます。真横にいるとみきおが怪しい行動をした場合、すぐに疑われてしまいますよね。それでも真横に正志がいるということは、正志が黒幕共犯者でみきおが毒を入れることを知っており、みきおが毒を入れているところを見られないようにしている可能性があるのではと予想しました。正志がみきおと共犯者だった理由は、みきおと同じように孤独を感じて生きてきて、正志の狙いは義男を殺すことで、みきおに殺してもらうことで音臼小事件も手伝うことにしたのではないかと感じています。えーい❗霜降り明星のせいやさんに1票 誰が犯人でも最終回まで動機が分からない‍♂️ 最終回まで観るしかないな。 — TAKE7700 (@take7700gh5fs) 早く日曜日が来て欲しい。— らいむ (@TO_LAME0913) 田中義男さんがどの時間軸でも殺されるってことは、犯人にはどうしても殺さなければならない理由があるってことか。せいやが父親の保険金狙いでみきおに頼んだ? — メメントモリ (@ladynadahyemi) 田中正志(せいや)が怪しいという声が多かったですね。やはり、何度も田中義男(仲本工事)が殺されてしまうことに対して、疑問を持った方がたくさんいました。父親が殺されることで、保険金をもらうことが正志の狙いではないかという声もあり、確かにその可能性は高いと感じましたね。正志が共犯者だった場合、義男を殺すように加藤みきおに頼んだのは、お金目的なのか、恨んでいたからなのか、理由が気になります。スポンサーリンク田中正志(せいや)は、田中義男(仲本工事)の息子で、目が悪い義男を気にかけて仕事が休みの日に仙台からやってきていました。第1話では、義男の自宅に入ろうとしている姿を目撃した徳本卓也(今野浩喜)と井沢健次(六平直政)が、正志のことを不審者扱いして佐野文吾(鈴木亮平)の元に連れてこられていましたね。息子だと誤解が解けたけど、正志は疑われて押さえつけられていたため、徳本と井沢に腹を立てていましたね。義男は、田村心(竹内涼真)が事件を探る前は、放火事件が起きて殺されていました。心が過去に戻ったことで、放火事件を防ぐことができましたが、お楽しみ会で命を落としてしまったのです。心がもう一度過去に戻ると、加藤みきおが義男に毒を飲ませて殺してしまいました。なぜ加藤みきおは義男のことを何度も殺そうと思ったのか、気になるポイントですね。義男を殺すように正志に頼まれていたからなのか、真相が気になります。今回は、「テセウスの船」の黒幕共犯者が田中正志(せいや)ではないかと予想してまとめていきました。ドラマ初出演の霜降り明星のせいやさんが、黒幕共犯者という重要な役どころを演じたのか、気になるポイントですね。意外すぎる犯人だと思うので、正志が犯人だったときは驚きの展開となりそうで期待しています。それでは最後までご覧いただきありがとうございました。 仲本 工事(なかもと こうじ、1941年〈昭和16年〉7月5日 - )は、日本のコメディアン、歌手、ギタリスト、作曲家、お笑いタレント、俳優。 ザ・ドリフターズ、こぶ茶バンドのメンバー。 本名、 仲本 ( なかもと ) 興喜 ( こうき ) 。 東京府東京市渋谷区(現在の東京都 渋谷区)出身 。

岡本様 坂本Twitterで話題のニュース(芸能・スポーツ・社会ニュース等)を通知します

テセウスの船考察!犯人田中正志(せいや)はどんな人物? 田中正志(せいや)は、田中義男(仲本工事)の息子で、目が悪い義男を気にかけて仕事が休みの日に仙台からやってきていました。 tbsの2020年1月期日曜劇場『テセウスの船』の番組公式サイトです。主演:竹内涼真ほか豪華キャストでお送りする、泣けるヒューマンミステリー。時代を超えた“父と子の絆”は奇跡を起こせるのか!