デスノート レム ミサ
左手のフックと大きな羽飾りに身を包み、長老のような風貌を持つ死神。性別はオス。死神ランクは5。好きなものは「ふわふわした物」、嫌いなものは「湿気」。顔は布で隠れており、口がいつも開いている。 人間界に興味がなく、趣味はドクロ積み。笑い方は「ぐふっ」である。また、メスの死神でありながら、一人称は「俺」である。 性別はオス。死神ランクは11。好きなものは「ブルーベリー」、嫌いなものは「直射日光」。 金細工に身を包む死神。性別はメス。死神ランクは3。好きなものは「金細工」、嫌いなものは「明るい部屋」。 アーマ同様、映画『デスノート Light up the NEW world』オリジナルの死神。仮面のような金色の顔に六本の指、巨大な体躯が特徴。本編では青井さくらに憑いており、冒頭でノートが警視庁に移された際、三島たちにデスノートが人間界に6冊存在する事や6冊ルールに関する情報をもたらして立ち去った。 メディアにより異なる設定・描写は各キャラの最後に箇条書き。 巨大な身体と尾や斑点が特徴。その巨体ゆえ他の死神から一目置かれている。メスだが、男言葉で話す。 死神大王からの信頼されている高位の死神。性別はオス。死神ランクは2。好きな物は「宝石」、嫌いなものは「カラス」。 リューク曰く、現在の死神は人間界に対する興味を失いつつあり、ノートを用いて人間界に干渉することも減少傾向にあるとのこと。

レムが弥海砂に与えたノートの持ち主。性別はオス。死神ランクは13(作中に登場する死神では最低ランク)。好きなものは「弥海砂」、嫌いなものは「字を書くこと」。 死神界にあって凶暴な性格をもつ死神。性別はメス。死神ランクは12。好きなものは「暴れる事」、嫌いなものは「考える事」。 快楽主義の傍観者という点は共通しているものの、媒体ごとに立ち回りが若干異なっている。 死神の設定 行動原理. 体格はリュークに似ているが、色は白でより骸骨然。髪の毛はゴム状の太い毛が真面目で愛情深い性格で、デスノートのルールや死神界の掟にも詳しい。人間界を見通す場所でジェラスと死神界から、海砂のことを見続けていた。ジェラスの死後、彼のノートをミサに届けようと人間界に降りる。ミサに親のような感情を抱き、自分の見えている寿命の前にミサが死んだら月が殺したと判断し月を殺すと宣言し、一時彼にとってL以上の障害となった。


死神大王に継ぐランクだが、原作では一コマ、端っこのみの登場。アニメ版では、二代目オープニングに一瞬だけ登場する。「DEATH NOTE HOW TO READ 13」の背表紙のイラストにもなっている。

あまりジャンルに捉われず、興味が沸いたものをじっくり紹介していくブログ Copyright© シドウには「宝石骸骨(ジャスティン)」と呼ばれる。13巻の説明によれば煙草を吸うらしい。 死神界での退屈な日々に嫌気が差したため、死神大王が遺失物として預かっていたシドウのデスノートを騙し取り、英語で使用方法を書き加えた後に人間界へ落とした。ノートの最初の所有者であるリンゴが好物で、リンゴのために月の行動に協力した。リュークによると、死神(リューク)にとってリンゴは人間にとっての酒、煙草のような、依存性の強いものであり、長期間摂らないと体をねじったり、逆立ちするなどの禁断症状が出るものであるという。死神界に存在するリンゴは砂のように乾いているため、ジューシーな人間界のリンゴを好んでいる。特別編では評判を聞いた他の死神や死神大王も人間界のリンゴに興味を持っていた。読み切り版には別人のリュークが登場する。 さて私は原作をあまり見ていない派なので、基本アニメ基準で紹介していますが、ニアが率いるSPKに解放されて、部屋で自由になっていたところまでは描写されていたんですが。ちなみに原作もここは一緒。最後にミサに似た女性がビルが飛び降りそうなところで終わってしまいますし。あれがミサなのかも不明というか、メイクが濃いし服装も違うからたぶん違う。でも、ライトを失ったミサは生きる希望を無くし遅かれ早かれ自殺することになるでしょうね。だって5年近くライトのためだけに生きて来たんだから。アニメと原作で結末が違うと批判されやすいですが、デスノートの場合は結構アリだなーと思う。死神の目のルールがちょっと複雑でミサの残りの寿命が勘違いされやすいんですよね。ちょっと前にも説明しましたが、死神の目の寿命に関するルールはこれです。デスノートの所有権を持つ人間は、自分に憑いている死神に自分の余命の残りの半分を渡すことによって、死神の目を手に入れることができる。まずミサは死神ジェラスに助けられたことによって、寿命が延びています。仮に寿命が90歳に延びたとします。そしてデスノートを初めて所有した時のミサは18~19歳。ここでは18歳として計算していきます。72の半分36が現在の年齢である18歳に加算されて、1度目の死神の目の取り引きでは寿命が54歳になりました。だけどミサはさらにもう1度死神の目の取引をしているので、残りの寿命、つまり余命の36をさらに半分にすると18になる。18+22(現在の年齢)で40歳ということになりますね。ジェラスの死によって伸びた寿命はただの想定なのでご注意ください。余命ってところがネックであり、それが少し複雑にさせていて勘違いしている人も沢山いるみたい。でもこう考えると最初の死神の目の取引が一番リスク高いですね。それ以降はどんどん半分になっていく訳だし。ミサがデスノートの寿命で死んだのではないか?とよく言われますが、死神の目のルールに従って計算していくと、それはありえないということがわかりますね。デスノートは原作、アニメだけではなく、実写映画化したり、2015年の7月にドラマ化も決定しています。そこで、アニメ、実写、ドラマのミサを比較してみたよ!あなたはどのミサが一番好みですか?やっぱりアニメが一番ですかね(笑)ドラマでミサ役をすることになった、佐野ひなこさんも凄い可愛いんだけど、大人っぽさが出ているので、子供っぽいミサを演じるなら、戸田恵梨香さんの方が合ってると思う。でも戸田恵梨香さんも佐野ひなこさんもどっちも可愛いさにおいてはパーフェクト、これだけは事実だ。後やっぱり3次元の女性で髪を金髪にすると、違和感出ちゃうからしないのかな?実写版の戸田さんの時は完全に髪の色まっ黒だよね(笑)ニアの性別を変更するとかじゃなくて、こういうところにチャレンジして欲しいんだけどな。ちなみにデスノートのミサを演じた時の年齢は、かなり年齢に差があるね。戸田さんも頑張れば、今でもミサミサ演じること出来るんじゃない?(笑)今までにも夜神月、L、ニアなどを紹介してきて今回はミサをまとめていきました。思ってたより書いていて楽しかったです(笑)次はメロについて紹介できたらいいなと思っています。たぶん詳しく解説してるところないし。ミサはわがままで困ったちゃんですけど、デスノートを盛り上げてくれたキャラとしては大好きです。個人的にデスノートのスピンオフでライトと純粋に幸せになる話も見てみたいな。実は最近デスノートをめっちゃ見ています。その前はヒカルの碁を沢山見ていた訳ですが … 私の部屋にはテレビがありません。 なので、ドラマ版デスノートをリアルタイムで見る … 今デスノートがマイブームです(笑)ドラマ化も決定しましたが、7月からなのでそれま … Lが死んでから、それを受け継ぐ形で登場したのがニアとメロ。 最後まで生き残ったの … 正直最終話までまとめるなんて面倒だし、やらないつもりだった。 けど、デスノートの … 2015年7月から始まるドラマでニアを演じるのが優希美青さん。 性別まで変更され … デザインのモデルはシドウ。 『Light up the NEW world』では、キラによる大量虐殺に歓喜し、キラの後継者を探し出し、デスノートを与えるように死神たちに命じたことが冒頭で説明されている。