ドラえもん 映画 視聴率
2月29日の土曜、テレビ朝日は午後6時56分から、映画「ドラえもん のび太の月面探査記」[八鍬新之介監督・東宝]を特別番組で放送した。お茶の間で親子がテレビを夢中で見る姿が思い浮かぶが、その視聴率は、関係者に衝撃を与えたという。  ***  テレ朝にとっては、絶対に視聴率が取れる番組だったはずだ。「月面探査記」は昨年3月に公開され、ドラえもんの関連サイトでは「大ヒット作品がテレビ初放送!」と宣伝していた。  それでは、ビデオリサーチの公式サイトに掲載されている「週間高世帯視聴率番組10」を見てみよう。  関東地区の平均視聴率は、何と5・2%だった。テレビ担当の記者が、どれほどの衝撃だったかを解説する(註:以下の視聴率は、全てビデオリサーチ調べ、関東地区)。 「テレビ朝日は毎年、3月の第1週にドラえもんの映画作品を特別番組で放送します。ビデオリサーチの公式サイトは15年まで遡れます。特番の視聴率を列挙すると、15年11・7%、16年11・3%、17年10・9%、18年9・6%、19年8・4%となり、2桁前後で安定していたことが分かります。それが今年、いきなり半減してしまったわけです。映画の評判が悪かったのなら理解できますが、『月面探査記』の興行収入は50・2億円の大ヒット作品です。なぜ視聴率が苦戦したのか、全く理由が分かりません」  一方で民放キー局の関係者は「深刻な“ドラえもん離れ”が起きたと考えて間違いないでしょう」と指摘する。 「ドラえもんの映画版が放送された前週、2月22日の土曜夜の視聴率ですが、午後6時56分からの『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』が8・7%、午後7時54分から『池上彰のニュースそうだったのか! 2020年に40作目となる『のび太の新恐竜』を公開する映画ドラえもんの誕生までの歩み、映画公開以降の反響や各作品の評価および成績、そしてファン人気についてまとめました!その上で、果たして最高傑作はどの作品なのかを徹底検証します! !』が10・6%でした。しっかりと数字を取っていることから、視聴者は『今夜のテレビ朝日はドラえもんの映画だから見ない』と判断したことが推測できます」  更にテレビ朝日にとって頭が痛いのは、他局はしっかりと視聴率を稼いだ事実だ。テレ朝の一人負けと言っても過言ではない。 「まずNHKは午後7時からの『NHKニュース7』が21・3%。そして7時半の『ブラタモリ』が16・5%と好調を維持し、8時15分からの『有吉のお金発見 突撃! カネオくん』も10・8%と2桁をキープしました」(同・民放関係者)  NHKの好調が印象的だが、視聴率三冠王の日本テレビも2桁をキープした。 「午後7時からの『天才! 志村どうぶつ園』は10・5%、7時56分からの『世界一受けたい授業』も10・1%でした。ライバルの残り3局は2時間スペシャル版をぶつけ、いずれも好調でした。視聴率の順に紹介しますと、TBSは午後8時から放送している『ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』を6時55分からの2時間スペシャル版とし、10・3%。テレビ東京も『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』を6時半からオンエアして9・7%。フジテレビは7時から『芸能人が本気で考えた! ドッキリGP』のスペシャル版で、こちらも7・3%になりました」  テレビ朝日を除くテレビ局は、いずれも2桁を超えたか、2桁に手の届く数字になっている。ドラえもんの5・2%という数字が、どれほど衝撃的なものだったか、改めて伝わってくる。 3/14(土) 11:01配信 2月29日の土曜日にテレビ朝日は午後6時56分から、昨年放映のドラえもん映画「のび太の月面探査記」を特番として放送しました。しかし、売上50億以上を記録した映画の地上波初放送であったにも関わらず、関東での視聴率は5.2%と爆死だったようです。ファンの間では、新作のドラえもん映画放映前に、前年の映画がテレビ放送されるのを知っています。例年10%の視聴率を記録していたようです。どうせ特番で見られるから……と、映画の売上が減っているわけでもなく、実際、「のび太の月面探査記」は50億を稼いでいます。決して、映画がつまらなかったわけではないと思います。この日は裏番組が強力だったようです。他局も春の編成時期なので特番をぶつけてきていました。しかし、ドラえもん映画だけが爆死したようです。映画だけに録画した人間もいたのかなと想像もできますが、あまりにもひどい数字です。以前、以下のような記事を書いたことがありますが、やはり、放送時間を変更した影響が出ているのではないでしょうか。ドラえもんのアニメはかつて30%を記録したこともあるそうです。土曜日夕方に引っ越すまでは大体8%くらいだったようですね。30%を記録したのは1983年の話です。当時はビデオもあまり普及していなかったですし、子供の多い時代でした。今は少子化が進んでいて、子供の数が減っています。そこにテレビゲームやインターネットの普及など、趣味の多様化が進んだので、ドラえもんとかアニメだけでなく、あらゆるテレビ番組の数字が落ちているのが現状ですから、まあ、10%前後にまで数字が落ちるのはおかしくもありません。しかし、今、土曜日夕方に放送しているドラえもんは視聴率4%前後だという話です。ニュースの記事にも指摘されていましたが、30%が8%になるのは少子化の影響かもしれませんが、8%を4%に落としたのは間違いなく放送時間の影響でしょう。土曜日の夕方なんて、子供は遊びに行っているか、塾など習い事に通っている時間でしょう。ドラえもんの放送時間が移動したことについて、一部ではドラえもんを終わらせたいための陰謀だという説があります。8%程度は記録しているものの、金曜のゴールデンタイムの数字にしては寂しいと。しかし、歴史あるコンテンツなので、そのままでは終わらせにくい……そこで、放送時間を移動させて引導を渡そう……という陰謀論ですね。ドラえもんはアニメでなくても、コロコロコミックを初めとするメディアで十分、子供たちに知られています。予算に限りがあり、広告料も減少しているテレビ局が、わざわざ製作に手間のかかるアニメを放送する必要があるのか、と考えてもおかしくはありません。とはいえ、映画化すると50億は稼げるわけですから、わざわざ潰しに行く必要があるのかという見方もあります。映画を見に行ってもらうには、テレビでもある程度認知されているほうが望ましいはず。テレビ朝日の思惑はどちらなのでしょうね?ある程度の年代の人から見て、ドラえもんはサザエさんと並ぶ普遍的なコンテンツですが、もしかすうと、そう思っているのは親世代だけなのかもしれません。子供たちより、親世代に人気が支えられているのかもしれません。親世代が自分たちも映画を見たくて、子供を映画館に連れて行っているのかもしれません。「ドラえもん0巻」というコミックスが発売され、かなり売れましたが、大人世代が買っているのが現状でしょう。もしそうだとすると、このままだとドラえもんのアニメは終わってしまうのではないかと危惧します。これからもドラえもんアニメを続けて行ってもらうためには、次世代からの底上げが必要です。なんだか、プロ野球と似たような状況になっていますね。サザエさんは今も高視聴率を維持しています。日曜の晩にはサザエさんを見るという習慣が染み付いているからでしょう。逆に言えば、サザエさんを録画してまで見ようという人は少ないと思います。ドラえもんも金曜の晩に鎮座していた頃はそんな番組だったと思っています。もう一度、テレビ朝日には放送時間を元に戻す決断を期待したいですね。視聴率低下にさすがに青くなったのか、BSで金曜夜7時から土曜夕方に放送された分を再放送するようです。競馬や漫画、明智光秀が好きな男です。競馬や漫画、明智光秀が好きな男です。 テレ朝のドラえもん離れが出始めていると報道されました!視聴率もガタ落ちしています。その理由は放送日を金曜19時から土曜日17時に変更したことで発生したようなのです。ドラえもんは打ち切りで放送中止になってしまうのか深掘りしてみていきましょう。 「ドラえもんの視聴習慣が消滅し、土曜のレギュラー放送の視聴率が不振となった。映画版を放送した特番も視聴率が低迷。そうなれば誰だって、『次はドラえもんの映画版で興行収入が下落してしまうのではないか』と不安視すると思います。