ライアーゲーム 漫画 バンク
Datafile. Liar_Game_v01-05.rar Liar_Game_v06-10.rar Liar_Game_v11-14.rar Liar_Game_v15.rar Liar_Game_v16.rar Liar_Game_v17.rar Liar_Game_v18.rar Liar_Game_v19.rar. 週刊ヤングジャンプで2005年から連載されていたなどなど「LIAR GAME(ライアーゲーム)」のあらすじ・ストーリーを Contents ここではのあらすじ・ストーリーについて最初から最後までもし、ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています歴史物でオススメの漫画は? → スポーツ物でオススメの漫画は? → サスペンス物でオススメの漫画は? →  それでは「LIAR GAME(ライアーゲーム)」のあらすじについて話していきます。  「ヤンジャン!」は週刊ヤングジャンプの名作を無料で読むことが出来ます!もちろん「LIAR GAME(ライアーゲーム)」も無料で見られますよ。※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの※ 紹介しているタイトルは掲載が終了している可能性がありますので、ご了承下さい。  は100円玉を遠くの交番に届けにいくのにそんな直のもとに「LIAR GAME事務局」から小包が届き、1億円を奪い合うゲームに参加させられた直は恩師との対決という事で、 このままでは一億円の負債を追ってしまうと 秋山は策を講じて藤沢から奪われた一億円を奪い返そうとします。  直は刑期を終えて出所した秋山と直は藤沢にお金を返して貰うように直談判しますが、秋山は藤沢の家を24時間見張り続ける事で、 次にライアーゲーム事務局の手紙をすり替える事で、誤認させた時間にライアーゲーム事務局の人間を装って藤沢宅を訪問。 ただ直は奪った一億円を藤沢に譲渡して、自分は利益を得ませんでした。 一回戦終了後、直の元にライアーゲーム二回戦の案内が届きます。秋山は二回戦をボイコットするように直に言いますが、 問題を出して少数となる回答をした方が勝ち上がり、秋山は8人でチームを組んで、負け残りを作っていき、Xは秋山のチーム以外に2つのチームを作り、Xの思惑通りに進んでいたかに思えましたが、秋山はXの作戦を看破。 秋山は別の参加者と手を組みそして、他の参加者に協力報酬を渡して、自分だけが三回戦へと進む事を決めます。  自らが犠牲となり、ライアーゲームの本線に 参加者9人中8人が通過し、1人だけが脱落する人気投票ゲームです。直は福永の策略により、秋山がアドバイザーとして助太刀に入ります。秋山は直に他の参加者から票を買うという戦略を直に授けて形勢を逆転。直は勝ち取ったお金を自分のものにせず、敗者に分配。 今回は秋山や直、福永といった面々がチームとなり、相手と戦います。相手チームには切れ者のヨコヤという人物がおり、ヨコヤは頭が切れるだけでなく、人を支配する術に長けており、相手チームの面々を蹂躙していました。 そして、直らが加入するチームのキクザワがキクザワの裏切りに気付いた秋山は、アカギ、シバヤマ、ハセガワに北の国を裏切るよう話を持ち掛けます。 3人の裏切りに気付いたヨコヤは事態を収拾してそのまま勝負に戻ります。(密輸ゲーム上は敗北しますが、得られた金額で勝利を収めます) してやったりの秋山ですが、ヨコヤは不測の事態に備えてしっかりと自分の勝ち分をキープしており、  密輸ゲームに勝ったヨコヤ達は四回戦へ。三回戦で敗北した秋山達は 敗者復活戦は3対3のチーム戦で、秋山、直、福永のチームで戦いが始まりました。相手のニシダに隙を与えずに完勝寸前までいきますが、元ボクサーで動体視力の優れたキクチはが、それを見破った秋山はディーラーのコサカは裏切った福永からバカ正直な直の性格を教えて貰い、優位に戦います。しかし、これは福永と直の作戦。 四回戦は応募者多数のため予選が行われます。直は秋山とは同じグループに入ったものの福永とは分かれてしまいます。 最初はヨコヤのペースでゲームが進みますが、 一方、もう一つの予選会場では作務衣(さむえ)こと 一つの島を使った壮大な椅子取りゲームが行われます。敗退した福永らもガヤとして外部影響員としてゲームに参加します。 ゲームは序盤から秋山グループを潰しだいヨコヤは、劣勢に立たされた秋山グループは するとハリモトはヨコヤグループとの争いを始めます。ガヤの力を借りて、優勢にゲームを進めようとする両チーム。このガヤ達の裏で糸を引いていたのは秋山でした。消耗戦になったハリモトとヨコヤですが、 これにより優勢にゲームを進めるヨコヤグループ。これに秋山、ハリモトも手を組んで対抗し、ヨコヤはハリモトを潰した段階で勝利を確信しますが、 秋山グループはヨコヤを囲み、物理的に椅子に座れないようにします。その結果、勝利者はヨコヤグループのイケザワが勝利しますが、 敗者復活戦で強敵となるのはハリモトとその部下達。ヨコヤは別のグループでの敗者復活戦へと向かいます。  最初に配られるカードや交換するカードを 戦わずに皆で平等に財産を分けようとする直ですが、そして、ハリモトは強固な絆を持つ4人でそんな中、勝負から取り残されているカワイがこの情報を仕入れたハリモトグループ参謀のキムラは そして、カワイを始め、情報をリークされた参加者達はカワイ達は直が見せた誠実さを信じて、秋山達に最後まで協力をしたのでした。 そして、敗北したハリモトは直の純粋な気持ちに感銘を受けて、 これにより、直は勝ち抜けとなり一方、ヨコヤはライアーゲームの正体が分かったと言い、  そして、ライアーゲームは遂に決勝戦を迎えます。決勝戦本戦はチーム戦となるため、そのチームを作るためにオークションが行われますが、同じチームに引き入れます。直と別々チームになってしまった秋山を含めた4チームで決勝戦の本戦に向かいます。 4チームが攻撃と防御を繰り返しながらポイントを減らしていき、ヨコヤは他の2チームと結託して、秋山チームを潰すように画策。次にヨコヤがとった行動は自分がいるチームを敗北させる事。そして、ヨコヤは自分のチームを負けさせ、直と秋山を潰す事に成功します。 残り2チームとなりますが、お互いに敗北が怖い両チームはいつまで経っても決着がつかない泥沼状態。 次第にライアーゲーム事務局の方からも不満の声があがってきます。 ここでヨコヤがとった戦法。今回の決勝戦だけでなく、今までのゲームのデータ。 ライアーゲームは25年前に出版されたあるその小説が出版された国は少数の権力者が大多数の国民を恐怖で支配する国でこのライアーゲームの下巻の内容が気になった という問いに対して、という点について民衆が気付いてしまうからだ。という結論に達します。 ライアーゲームは後日ネットで公開されますが直は秋山に電話をかけます。同じく動画を見ていた秋山は「闇は俺達の想像以上に深いのだ」といったところでライアーゲームは終了となります。