リカルド ロペス GK
「DAZN for docomo」って何? EXITりんたろー。がドコモの人に聞いてみた!おトクなうえに豪華プレゼントも!【J再開特集】おかえり! Jリーグ【特集】欧州リーグが再開! みんなで終盤戦を楽しもうASIA SOCCERKING【特報】『サッカーキング』が皆さんの“本気の願い”叶えます リカルド (Ricardo) ことリカルド・ロペス・フェリペ(Ricardo López Felipe, 1971年 12月30日 - )は、スペイン・マドリード出身の元同国代表 サッカー選手、現サッカー指導者。 現役時代のポジションはGK。 昨年7月まで日本代表gkコーチを務めていたリカルド・ロペス氏。現役時代はスペイン代表gkとして、2002年の日韓ワールドカップのメンバーに。 元スペイン代表gkであり、前日本代表gkコーチであるリカルド・ロペス氏によるスペシャルキャンプです! リカルド氏は現役時代にスペイン代表として日韓ワールドカップに出場し、日本代表コーチ時代には日本の守護神である川島永嗣や西川周作を指導していました。

DOMESTICWORLDFOLLOW US 3年前、幸野健一は自ら創設したfc市川gunners(当時アーセナルサッカースクール市川)に、元スペイン代表gkのリカルド・ロペスをテクニカルディレクターとして招聘した。1年間の滞在で、ロペスは日本の事情に直面し様々な疑問を発し続けた。 海外2020.07.24守備強化を目論むチェルシー…アトレティコDFヒメネスに関心かBy サッカーキング編集部国内2020.07.24FC東京、MF宮崎幾笑の負傷を発表…右足肉離れで全治約10週間By サッカーキング編集部海外2020.07.24逆転負けで優勝はお預け…サッリ監督「この時期はとても難しい」By サッカーキング編集部2020.07.23アーセナル、2020-21シーズン新ユニフォームを発表! アール・デコ調の芸術的なデザイン2020.07.24バイエルン加入のサネが公式会見で語る…キミッヒに「イラっとした」理由とは?2020.07.23「C・ロナウド抜きでも…」「S・ラモスは怪物」モドリッチがコロナ禍シーズンを語るインタビュー2020.07.23断トツはあのエース…韓国サッカー界における移籍金ランクトップ102020.07.23名古屋が示した確かな成長…3試合連続の完封勝利で無敗を維持2020.07.24ドルトムント移籍の17歳MF、バーミンガムが背番号「22」を永久欠番に2020.07.24アーセナル、”期待の若手”サカの背番号変更を発表…来季から「7」を背負う2020.07.23グリーンウッド、リーグ戦2桁得点に到達…18歳では史上3人目の快挙2020.07.23混沌のリーガ2部…非難集まるフエンラブラダ、デポル戦前夜には4人の感染者か2020.07.24うっかり? サネがハフェルツの去就について注目発言「チェルシーはいい取引をした」2020.07.21納得の名前から驚きの選手まで。レアルの“放出リスト”に載った17名とは?2020.07.21久保建英も選出! スペイン紙、今季ラ・リーガの“様々”なベストイレブンを発表2020.07.201つの椅子を巡る争い。ウーデゴーア、ロドリゴ、ヘイニエル、久保建英…来シーズン、レアルでプレーするのは?2020.07.22チアゴのリヴァプール加入が決定的…移籍金は約24億円で両クラブ合意2020.07.19アーセナルとバルサに新展開…“構想外”同士のトレード案が浮上?2020.07.20久保建英の“激動の1年”を振り返る…ラ・リーガでのルーキーイヤーを示す7つの数字2020.07.21ウエスカ、最終節で大逆転のリーガ2部優勝!…岡崎慎司は今季12得点で貢献2020.07.21【インタビュー】ビジャが引退後も日本の育成に関わる理由とは? 久保建英は「欧州で一時代築く」2020.07.22チェルシー、テア・シュテーゲン獲得を希望…ケパとのトレード移籍か2020.07.23アーセナル、2020-21シーズン新ユニフォームを発表! アール・デコ調の芸術的なデザイン2020.07.21納得の名前から驚きの選手まで。レアルの“放出リスト”に載った17名とは?2020.07.1320年以上の関係に幕!? バルセロナ、ナイキ社に激怒でアディダスに鞍替えか2020.07.10CLラウンド8の組み合わせが決定! ライプツィヒvsアトレティコ、アタランタvsPSGが決定2020.07.10久保はトップ3入り! 欧州4大リーグでプレーする10代選手の得点関与数ランキング2020.07.21久保建英も選出! スペイン紙、今季ラ・リーガの“様々”なベストイレブンを発表2020.07.201つの椅子を巡る争い。ウーデゴーア、ロドリゴ、ヘイニエル、久保建英…来シーズン、レアルでプレーするのは?2020.07.17優勝ムードでポロリ!? レアルのペレス会長、獲得うわさのエンバペについて注目発言2020.07.22チアゴのリヴァプール加入が決定的…移籍金は約24億円で両クラブ合意2020.07.14ベイル、ベンチ生活には飽き飽き…居眠りの次は“双眼鏡”で新天地探し?2020.07.17【予約開始】『eFootball ウイニングイレブン2021 SEASON UPDATE』の発売が決定!© FromOne co.,Ltd. å‘¨ä½œã‚’指導していました。子供達のサッカーのレベルがもっと向上できるように、そしてGKをもっと好きになれるように、世界のトップレベルで活躍してきたリカルド氏の経験を子供達に熱く伝えられるようにトレーニングしていきます!!※各トレーニングについては、アーセナルサッカースクールから派遣されたコーチが担当します。※年齢に応じてグループ分けしてトレーニングを行います。 日本代表のgkコーチを務めるリカルド・ロペス氏が、 20日付のスペイン紙『アス』のインタビューに応えている。 ハビエル・アギーレ前体制から同職を務めるリカルド・ロペス氏は、 「このチームでgkコーチを始めてから1年が経った。 「gkというポジションは『ゲームメイカー』である」 9.山田栄一郎2 躍進の大会を経ての日本人gkの現在地 「アスリート性の改善とならではの良さで勝負していく」 10.リカルド・ロペス(元日本代表gkコーチ) 世界的指導者から見た日本人gk サッカー総合情報サイト 昨年7月まで日本代表GKコーチを務めていたリカルド・ロペス氏。現役時代はスペイン代表GKとして、2002年の日韓ワールドカップのメンバーに。また、マンチェスター・ユナイテッドやアトレティコ・マドリード、オサスナでプレーした。 現在はアーセナルサッカースクール市川のテクニカルディレクターを務め、「自分のサッカー人生で得たものを、現代サッカーの目線から日本の子どもたちに伝えていきたい」と精力的に活動中。そんなリカルド氏にリーガ・エスパニョーラやワールドカップ最終予選を戦う日本代表、市川での活動について語った。技術的な面では、ヨーロッパの最新スタイルのサッカーを取り入れています。できるだけボールを早く奪う、ボールを長くキープするといったことです。それに試合に向けて、練習ではしっかりとちゃんとしたメニューをあらかじめ準備します。週末に出会う真剣勝負、実戦に近い練習をします。それにバルセロナは、リーガ、UEFAチャンピオンズリーグ、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)と3つのタイトルの可能性を残しています。それに比べ、レアル・マドリードはコパ・デル・レイがなく、カレンダー的にもバルセロナほどではないので、どれかを選べと言われたらレアルですね。林は高さがあります。足は使えるし、手の使い方もうまい。しかし、身体の向きなどは直さないといけない。西川は足を使うのがとても上手ですが、身体の大きさが少し足りない。技術面では権田がすごくいいものを持っている。ただ、瞬間的に光るものであったり、激しさは川島の方がある。それに川島はスピードがすごい。1つ1つの動作が速かったり、みんなを引っ張るリーダーシップも持っている。それでも技術的な面で治さなければいけないところがあります。サッカーはぶつかり合うスポーツなので、相手を傷つけない前提ですが、時々強くボールにいかないといけない。スペイン選手は激しく、強くいきます。2部リーグでも難しい。団結力もあるし、いい選手もいるし、環境もいいのでうまくいってほしいですね。簡単ではないですが、そうだと信じています。オーストラリアとサウジアラビは強いチームですが……。でも、絶対ロシアには行きます。★スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ【第23節放送予定】「レアル・マドリード vs エスパニョール」「セビージャ vs エイバル」「レアル・ソシエダ vs ビジャレアル」「バルセロナ vs レガネス」【第16節】 ※振替開催■詳しくは番組オフィシャルサイト(wowow.bs/liga)へ。SHARE