入力する 英語 過去形
②過去形で【いつ】に相当する言葉がない場合は、状況から「過去形」以外ありえない場合のみ =================== 例えばちょっと簡単なテストをしてみましょう。 進行形 be ~ing の「時制」. 1. ① Pass me the salt, please.② Will you pass me the salt?③ Would you mind passing me the salt?日本語にあって英語にないものの代表例として「敬語」があります。日本語の「食べる」は話す相手によって「いただく」「召し上がる」など表現を使い分けなくてはいけませんが、みなさんご存知のように、 (A) I cannot drive a car. 進行形の時制 と言われて、どういったイメージを持ちますか?. 大竹保幹(おおたけ やすまさ)本書では、30パートの英文法の項目ごとに分かりやすい言葉で説明しています。冒頭にはクイズが用意されており、また雑学的な小話も盛り込まれているので、楽しみながら英文法を復習することができます。 (C) I wish I could.「車の運転してもらえる?」と誰かにお願いをされたとして、(A)「運転できないんです」と正直に伝えるのは間違ったことではありませんが、あまりにもはっきりと事実を伝えているので目上の人に対しては失礼にあたることもあるでしょう。そこで仮定法の登場です。(B)は「運転ができればいいのですが(、実際にはできないのです)」と「できないこと」を遠回しに相手に伝えている点で、(A)より丁寧度が増していると言えます。(C)「できればいいのですが」のように動詞を省略して使えば、どんなお願いにも対応できます。(D) Can you help me? ★【過去形について】 ①過去を表す言葉と一緒に使うのが普通. inputとoutputの過去形、過去分詞形は? 少し前のことであるが、仕事で翻訳をしていて「入力値」は、”input values” とするのか、それとも”inputted values”とするのが正しいのかと、ふと疑問に思った。 (B) I wish I could drive a car. この記事はと決めつけている英文リーディング学習者向けに記事を書いています。  ●みなさんこんにちは、まこちょです。   今回は「過去形」についてみなさんと学習したいと思います。この過去形も意外に誤解の多い表現なのですね。今回のお話は「~した」と日本語を見るやすぐに過去形表現だ!と断定してしまう方に特に役に立つかと思われます。いやこういう考えをお持ちの方って本当に多いですよね(笑)   ですがこういった内容は恥ずかしいからなのか、なかなか聞きにくい箇所ではありますよね。そこで今回は「基礎英文法」と称して、過去形について徹底的にみなさんと学習してみようと考えています。   ぜひ!「時制の過去形」をモノにしてください。そうすれば英作文の表現が格段に面白くなること請け合いですよ!    ↓↓↓↓↓まずは次の例文から考えてみましょう。 この英文がwasというbe動詞の過去形が使われていますよね。もちろん意味は「昨日、彼は体調が悪かった」ですが、この英文が私たちに伝えることは他にないのでしょうか。実はこの英文が私たちに伝えることはこの2点です。①の方は英文の意味そのままですから何の違和感もなく受け入れていただけると思うのですが、②の方は意外に曖昧な方が多いです。 そうするとたとえ日本語が「~だった」という言葉で終わっていたとしても、おいそれと「過去形」を使えない局面があることも理解できますよね?例えば次の日本文を英訳してみてください。  さてどうでしょう。この日本語訳を  とか英訳していないでしょうか?みなさんは「今日は月曜日だった」というセリフを、どのような状況のときに言うでしょうか。それを日本語の「~だった」をみて過去形を使ったとしても、過去形は「現在」を含みませんので、過去形を使ってしまうと今は「月曜日」ではないことを認めてしまっていることになります。 したがってこの場合は現在形を使って表現することになります。  もう1ついってみましょうか。  これも過去形の性格を教えるのによく使う例文です。なんか歌謡曲に出てくるようなセリフですが(笑)これを としてしまう誤りが実は多いのです。  として このようにいくら日本語が「~だった」とあるからと言って何も考えずに「過去形」を使うのは止めた方が良いでしょう。この点なのですが、意外に中学・高校英語で徹底されていないように思えるのでここで確認しておきたいかなと。 よく 正確にいうと、過去形にするから過去を表す言葉をつけるのではありません。 ということは、以下のような英文は基本的には「おかしい」という感覚がなければなりません。  この文はplayedと過去形が使われていますが過去を表す言葉が文中にありません。本来ならば   というプロセスになるのが普通なのです。例えば以下のようになっていれば問題ありません。この点はベテランの英語講師になってもよく間違えてしまうミスであり、黒板などで英文を説明する際につい端折ってしまう箇所なんですね。 その結果、「現在形」も「過去形」も ここでちょっと「時制」についてまとめておきますね。 ====================================== =================== 例えばちょっと簡単なテストをしてみましょう。次の問題に答えてみてください。この問題は私が中学生に時制について教えているときに必ず出題するものなのですが、どうですか?即答できるでしょうか。この質問をするとですね、中学生だと私に文句言ってきますよ。「どっちも入るじゃないか!」とね。ところがみなさんはもう選べるのではないでしょうか。先ほども触れた通り過去形は この問題にはそんな言葉はついていませんからね。たとえ私たちが「過去形を入れたいんだ!」と思ってもそれはかなわないのです。したがって答えは①。と、ここで疑問に思った方もいるかもしれません。それは、  という点。英語というのは基本的に「現在」を起点に物事を考える言語。したがって【いつ】に相当する言葉が文中にない場合は、 もう1ついきましょう。次の(    )に適切な語句を選んでください。  andをはさんで2つの英文がつながっています。andの前が過去形の文章です。A and(but / or) Bの形の場合、Bの方に時制を表す言葉がない場合は自動的にAの時制と同じになります。こういうのを周りの状況からBの時制が分かるといいます。答えは②。  何度も言いますが、時制は私たちの意志で勝手に変えることは許されていないんですね。 時制を学習する際、特に中学生のときにこの点をもっとしっかり学習してほしい(もしくは教えてほしい)と思っているのが本音です。ここまで解説すると、みなさんの中には「過去を表す言葉っていったいどういうものがあるの?」と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。  これがですね、意外に少ないんですよ(笑)ぜひ以下の言葉を覚えていただければと思います。過去を表す言葉の御三家(?)といったらこれでしょう。まずはこの言葉をベースに少しずつ広げていくのがおススメです。「whenの後ろの文が過去形」の形も過去を表す言葉の代表例。ただしこの辺りから過去形の判断が甘くなるようですので注意が必要です(笑)以外に思えるのがこのjust nowの表現。justは現在完了形、nowは現在進行形で使うことが多いので、思わずjust nowも「現在○○形」と一緒に使うのでは?と思ってしまいますが、実は「過去時制」と一緒に使う場合があることに注意です(笑)意味は「たった今」「今しがた」「ついさっき」という意味になりますので押さえておいてくださいね。 なおjust nowは意外に深い用法ですので、もし具体的に学習したい方は以下の記事を確認してみてください↓↓↓↓↓●「just nowがあったら過去形か?使い方を勘違いしやすいこの英語表現を徹底解説!」  さて、今回は英語の時制の「過去形」の基礎について徹底学習しましたがいかがでしたでしょうか。 以上の記事内容を完全に理解していただくと、もう「~だった」という表現だけで、やみくもに「過去形」にしたりしないはずです。 時制をしっかり理解できるようになると、ライティングはもちろん、英文リーディングも俄然面白くなってきますよ!ぜひマスターしてくださいね。 また会いましょう。現役の英語講師。主に大学入試・TOEICなどの資格試験の学習指導をしている人。現役の英語講師。主に大学入試・TOEICなどの資格試験の学習指導をしている人。