凪のお暇 7話 無料

映画&ドラマ無料動画情報サイト 1 ドラマ「凪のお暇」第7話はHuluでは見れない? 見逃し動画フル無料視聴で1番オススメなのはParavi! 2 ドラマ「凪のお暇」第7話の動画をParaviで無料視聴する4つのメリット!. 2019年夏ドラマ『凪のお暇』第7話(2019年8月30日放送回)の見逃し動画を無料で見る方法を分かりやすくご紹介しています。 「凪のお暇」7話のテレビ放送を見逃したら無料の動画視聴で今すぐ追いつこう! . 2.1 メリット①登録後に2週間の無料お試し体験ができる!; 2.2 メリット②日本最大級の国内ドラマ配信タイトル数! ドラマ「凪のお暇」7話の見逃し配信と動画を無料視聴する方法をご紹介します。あのメンヘラ製造機だったゴンがもう完全に凪のことを好きになっていてとても嬉しいです。凪を見ている顔がとても優しかったり一つ一つの行動で凪への想いが伝わってきます。 で無料視聴ok! 無料で動画を楽しめる、民放テレビ局が連携した公式テレビポータルTVer(ティーバー)。見逃した各局の人気ドラマやバラエティ、アニメなどを視聴できる、完全無料の動画配信サービスです。

凪 (黒木華) から、ゴン (中村倫也) と別れたことを聞いた 慎二 (高橋一生) は、オフィスラブを満喫中の 円 (唐田えりか) とランチ中にも関わらず、凪が気になり上の空。その時、突然同僚の 足立 (瀧内公美) たちがやってきて、慎二と円と鉢合わせてしまう。秘めた関係がバレているのではないかと、よくない空気が漂う中、慎二は思いがけない人物と接触する…。ある日、いつものコインランドリーで洗濯をしていた 龍子 (市川実日子) と凪は、コインランドリーが閉店することを知り、店主から冗談半分で、「このコインランドリーを継いで欲しい」 と言われる。その日の夜、アパートの共有スペースで凪、龍子、ゴン、緑 (三田佳子)、みすず (吉田羊)、うらら (白鳥玉季) に、「継いで欲しい」 と言われた話をしていると 「そんな夢もありかも」 という展開に。そこで、凪は引っ越してきた時に書き出したウィッシュリストを再び思い出し、みんなで書くことに。思い思いに自分がやりたいことを書く中、やはり、凪はなかなか書けずにいた。そんな様子の凪を見ていたみすずは…。ゴンは凪のことを好きだと自覚してから、自分が凪のために何をしてあげられるのかと思い悩んでいた。そして、ついにゴンが行動を起こす。(DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『凪のお暇』第7話の見どころや期待度をご紹介いたします。慎二の元にある人物がいたというので、意外な人物とは一体誰がいたのか、楽しみです。慎二が社内恋愛をしていることが職場にばれないようにしてほしいと思いました。円は凪に会ったときに、彼女だと慎二が言ってくれることを期待していたのに、言ってくれなかったのが残念そうに見えたので、慎二と凪の関係が気になっているのではないかと感じました。円と慎二がこのまま付き合っていくのか、関係が終わってしまわないかドキドキしています。仕送りをしていた凪なので家庭内でなにか問題があるのだろう、父親がいないので苦労して母親は生活しているのだろうと思いました。母親との問題がメインになりそうですが、ゴンが恋をしていることを認め凪に抱きついているシーンがあったので、2人の展開をもっとみたいと期待しています。いつでも急接近していたゴンの、急によそよそしい態度はいつまで続くのか、凪に気持ちを伝える日がやってくるのか。シンジの恋愛にも注目しています。彼女のメモを見られたことで、周りにバレてしまい、また新しい彼女は凪と同じ扱いをされてしまうのか気になります。足立は必ず二人の関係に探りを入れてくるだろうから、慎二がどんな対応をするのかが見どころだと思います。円は付き合っていると話してもらいたいだろうけど、慎二は車内にバレることも嫌だろうし、凪のことで頭がいっぱいなので、付き合ってなんかいないと激しく否定しそうな予感がします。このことで、傷ついた円との間に亀裂が入ってしまいそうな気がします。また、ゴンが凪のためにできることをしようと動き出すそうなので、胸キュンなシーンがあるといいなと楽しみにしています。今回のエンディングでの凪の母親の様子を見ていたら、母親は、凪と同じタイプなのではないかと感じられました。空気を読んで周りに合わせて、でもそんな空間がとても嫌いで抜け出したくて、それで、凪を自分の逃げ場として縛り付けているのではないかと考えました。次回から、どんどんと母親の追い詰めが増していきそうな予想をしています。一方、ゴンは凪への気持ちを押さえられなくなっていくのではないかと思っています。元々グイグイ来るタイプだったので、凪へのアプローチを開始するのではないかと予想しています。ところで終わったので、予想する展開は、ママが2人の関係を修復するキューピッドになっていくのは、間違いないと思います。凪は、真のしんじの気持ちを知り、2人の距離が近くなるんだと思います。そこがとても楽しみなポイントです。しんじがとてもいい人だとわかっていく展開にもドキドキです。お互い自分を見つめなおして再びパッピーエンドになる展開なのを期待します。お暇って大事なことなんだと、しみじみ教えてくれるこのドラマは、とても心が安らげます。凪への想いを本当の意味で断ち切れていない慎二が、凪と円の間で気持ちが揺れ動く展開が予想され、凪から関係を断ち切られたゴンも、凪への思いに苦悩する展開が予想されます。そんな中、凪が人生をリセットしてやり直そうとしている具体案をそろそろ考えるヒントが登場しそうです。また、凪の母親の上京の動きや、ゴンの凪に対する行動も楽しみなポイントとなりそうで、説明会を逃げ出した坂本の動向も気になります。DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『凪のお暇』第7話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。円とのランチ中にも関わらず凪のことを考えボーッとしてしまう慎二。そのランチ中足立達が同じ店にやってくる。母からの異常なまでの着信に気付いた凪は急いで掛け直し、伝統のぬか床を捨ててしまったことを思い出し激しく焦る。近所のコインランドリーが閉店してしまうことをアパートの住人たちと話していると龍子が凪に2人で経営をしてみないかと持ちかける。凪はウィッシュリストのことを思い出し皆んなで書いていく。慎二は兄が怪しい行動をしていることを知り、ゴンのクラブへと訪れることになる。凪はコインランドリーを何とかしたいとみすずとうららに相談し、翌日みすずに連れられ久しぶりに車を運転することになる。そのことを機に考えを改めコインランドリーの件を前向きに考え始める。慎二は行きつけのスナックに凪に会いに来る。慎二が影で聞いている中ママが凪の本心を聞き出そうと話をし始めるが凪は慎二と一緒にいた頃の自分には戻りたくないと復縁はないとバッサリ言ってしまう。慎二はそれを聞きまたもや心にも思っていないことを凪にぶつけてしまう。円は足立達に誘われランチに行きそこで凪が慎二の元カノであることを知る。慎二は珍しく仕事で追い込まれるが慎二なら大丈夫だとみんなが思っており助けてくれる人はいない。そんな中兄のことを母が知ってしまい更に大変になってしまう。ゴンは悩んでいる凪の力になりたいと凪の思い描いているだろうコインランドリーをイラストで表現し凪に見せる。凪はコインランドリーをやりたいという強い気持ちを店主とその息子にぶつけ遂に現実となる。慎二は追い込まれていた仕事を何とか解決するがそれは円の働きのお陰だった。エリィから連絡をもらった慎二は兄に会うことになるがど正論を言われ、イベントで司会をしていたが倒れてしまう。ぬか床のことを思い出した凪は慎二の家に押しかけ、慎二は遂に凪に今まで思っていた本心を泣きながら伝える。ゴンの凪に対する行動が本当に初恋をしているようにピュアでとても愛おしいです。慎二にも周りにも素直にそのことを伝えてしまえるゴンはとても素直で応援したくなります。私自身も凪と同じペーパードライバーなので凪がみすずに半ば強引に運転させられている姿を見て、最初はおどおどしている凪が運転することを楽しいと感じていて私もそんな風に運転出来るようになりたいなと思いました。凪が意外にも慎二をバッサリと振っていてそれを聞いて思ってもいないことを言ってしまう慎二が不憫でしたが、また泣いてしまうんじゃないかと期待しましたが泣いてなくてちょっと残念でした。ゴンが凪の寝顔を見つめている表情がとても優しげで最高でした。龍子に凪との間に割って入られ話を遮られた後柱にしがみつくゴンも愛おしいです。慎二が兄にズバッと言われたことにより倒れてしまい本当にやっと凪の目の前で号泣し本心を言っていて待ってましたととても嬉しく思いました。頑張れ慎二。花火大会後、凪を見ているとこの気持ちが初恋だと気づきます。凪はゴンに見つめられる度に恋をしてはいけないと自分に言い聞かせていた。凪のマンションのみんなが利用していたコインランドリーが閉店してしまう事になった。家主に継いでくれる人がいれば、、と言われるがすぐに冗談だと言われ、凪はやりたいと言えなかった。しかし友人坂本と無職同士やりたい事をやろうと決め、コインランドリーを経営したい、縁もゆかりもない人たちに助けられた事を活かし自分のやりたい道に進みたいと主張しし経営が現実に。慎二は会社で事件が起こってしまい周りに助けを求めるが、何もかもこなす慎二なら大丈夫と言われ救ってくれる人が居なかった事や、仮面をかぶって生活していることに疲れ、倒れてしまった。素の自分を見せられるのは凪しかいなかったことに気づき、たまたま慎二の家に糠床を置いていた凪は取りにいくと、今までごめんと泣きながら謝られた。人の縁を大切にしようと動いている凪は、1話に比べとても変わったと感じました。縁もゆかりもない人たちとの出会いを大切にし、何も知らない街で助けてくれた人たちを思い、悪いところばかり見てしまう世界とは違って、前に進む人たちと共に生きることで、自分の考えを方もそして、凪が越してきたお陰で周りの変化も良い方に流れていて素直でいることは本当に大切な事だと毎回気付かされます。でもばかり言ってきた自分を変えてくれたアパートの人たち為にも、コインランドリーの経営を成功してほしいと思いました。慎二がやっと凪の大切さに気づき素直に気持ちを伝えるシーンに感動しました。せっかく変わり始めた凪が揺らいでしまわないようにと願ってしまいました。ゴン(中村倫也)は、凪と手が触れただけで胸がチクッと痛くなるほどに凪(黒木華)に恋心を抱いており、またゴンは初恋していることを初めて認識しました。その一方で、凪の元カレ・慎二(高橋一生)は会社の後輩・まどか(唐田えりか)とのオフィスラブを充実させているかにみえましたが、二人の関係が会社の同僚の中で噂され、何だか二人の関係の間に溝が入り始めかけてしまいました。前回、凪の友人・坂本さん(市川実日子)が勤めていた悪徳会社に慎二の兄・慎一(長谷川忍)が加担していることが分かり、慎二は激怒し、兄の行方を探し続けました。ある日、凪たちが普段使っているコインランドリーが近いうちにつぶれてしまうことが分かり、コインランドリーの管理人が「誰か継いでくれないかな」という一言で、凪と大島さんはコインランドリーの経営を二人でできないかとそれぞれ考えていました。アパートの住人と一緒に「ウィッシュリスト」を作成し、凪の隣人・白石みすず・うらら親子のおかげもあって、自分が本当にしたいことは心が躍るようなことであるということを初めて知ることができ、凪は大島さんと一緒にコインランドリーの経営を目指しました。コインランドリーの管理人と管理人の息子との交渉では、ゴンや大島さんのおかげもあって、見事コインランドリーの経営を任されることとなりました。凪やまどかとの関係だけでなく、仕事もうまくいかず、兄と直接コンタクトをとれたものの、兄から「ずっと空気を読んで楽しくなさそうだな」と言われ、それらのストレスが最高潮に溜まり、とうとう慎二は過呼吸で倒れてしまいました。慎二が自身の家で休んでいると、慎二の家に小分けして置いていたぬか床を取りに来た凪に、慎二は過呼吸で倒れてしまうほど凪を追い詰めてしまったことを泣きながら凪に謝るシーンで第7話は終わってしまいました。ゴンが今までとは違う表情で凪を見つめ、話しかけるシーンでは、今まで以上にドキドキしてしまいました。また、ゴンと慎二が対峙するシーンで、ゴンから相手の気持ちに関係なく凪を幸せにすることがしたいと宣言し、凪のことを狙っていいか慎二に確認をとりましたが、ここからがゴンと慎二の凪をめぐる恋のバトルがスタートするなと直感するほど、今後の展開がドロドロでドキドキな展開になりそうだと予想させる場面でした。スナック・バブルで慎二がすぐ近くにいると知らず、凪が「慎二とよりを戻すことは300%ない」と断言してしまったときは、慎二のことがかわいそうだなと思うと同時に、その発言に対して慎二が見えを切ってしまったことを残念に思いました。クライマックスでは、慎二が今まで凪への思いをぶちまけることができて、ようやくここまで来たかという思いで見ていました。シンジ行きつけのバー2号店で働く事になった凪。凪とシンジが以前付き合っていた事をしったママは、シンジが店にいるにも関わらず、ヨリを戻させようと凪に話をするも、凪は復縁する気ないと…。それを聞いたシンジは新しく彼女出来たし!と宣言してしまう。凪は、アパート近くのコインランドリーが閉店してしまう事を知る。店主に「無職なら後を継がないか?」と言われるも最初は自信がなく断る。しかし、ある事で自信をつけ、緑おばあちゃんにも助けられた凪は、友人坂本さんと一緒に後を継ぐことに。一方シンジは兄と再会する事で、自分も周りの空気を読んで生きてきたことを認識させられる。そのショックからか、仕事のイベント中に倒れてしまう。そこへ凪が用事で訪れた際、凪が以前会社で倒れたのは自分のせいだと初めて謝る。今回は初めてシンジが凪に素直になれた回なのではないかと思いました。兄に、自分も家族等周りの空気を読んでいる事を指摘され倒れてしまい、凪にそのことを謝ることで、凪との関係がなにか変わるのではないかと思っています。これまで、素直になれなかったシンジがこれを機会に凪に素直になれたらいいなと思います。また、ゴンは初めて凪に対し恋愛の気持ちを持ちます。これまで人に対して恋する気持ちを持つことがなかったゴンがこれからどういう風になっていくのかが気になります。また、ゴンの友人の女性(名前わかりません)がゴンに対して恋する気持ちがありそうなのもきになります。凪からゴンとは別れたという報告を受け、動揺を隠せない慎二。一方、凪への恋心を自覚してしまったゴン。親戚の結婚式に母親が来た際に、彼女は代々受け継いできたぬか漬けを久しぶりに食べたいと言い出してきた。しかし、凪は引っ越しの時に、ぬか床もろとも処分してしまっていた。行方不明だった慎二の兄がいつの間にかYouTuberとしてデビューしていた。慎二はこのことを親や親戚連中にバレる前に何とかしたいと思っている。使用しているコインランドリーが閉鎖されることを知った凪たち。オーナーからの話を聞いた凪たちはそこを買い取って運営してみようと決めるのだった。動揺しすぎの慎二は、新しい恋人を肯定できないままでいる。慎二はいったいどうしたいのだろうか。凪とよりを戻したいのか、新しい恋人とこのまま突っ切ってラブラブになりたいのか。ゴンの気持ちを聞いてしまった慎二。また悪い癖で空気を独自に作り上げ、聞かなかったことにする。また動揺しているのだろうか。「また」とか「どうせ」とか「私なんか」とか自分で自分を否定し、可能性を自分で閉じてしまっていることは意外と多い。うららママの言葉が広い世界を見よと新たな可能性へと連れて行ってくれる。素敵だ。バイト先のママが凪の本心を聞き出そうとするが、凪がスッパリ切り過ぎていてさすがのママでさえ取りつく島もなし。これは今の慎二には鋭いナイフでズバズバと切られているようなもので、可哀そうになってくる。だが、また慎二の悪い癖が出てしまい、もーお前ってやつは!となる。凪がゴンと別れたと聞いて上の空の慎二ですが、凪の本心を聞いて、復縁はあり得ないと言い切ってしまいます。ゴンは凪への気持ちが止められずに恋は辛いと思っていますが、お隣さん同士また遊んでくれると聞いて安心しています。凪はそんな2人の気持ちより、コインランドリーの経営に向けて真剣に取り組み始めました。久々の車の運転をして楽しいと実感したのです。そんな中、慎二の兄が見つかり再会するとまだ空気読んで生活しているのかと言われ慎二は何も言えなくなりました。会社でのイベント中に倒れた慎二。そこへ突然、凪が訪れ今まで幸せにしてあげたかったけど出来なかったことを詫びました。凪も慎二の泣きながら話す様子を見て、何かを感じているようでした。私は毎週楽しみにしているドラマです。それぞれの恋愛模様が描かれていて、慎二もゴンもどっちも応援したくなります。慎二の別れてからの方が相手への気持ちに気付けるというのもわかります。ゴンの始めて味わった初恋でどうしたらいいのかわからないのもわかります。凪の仕事への気持ちが新たにスタートしてこれからもっと楽しみです。三角関係の恋愛がどんな風にまとまっていくのか、誰とハッピーエンドになるのかそれとも仕事への気持ちを新たにスタートしたので恋よりも仕事に精進して行くのか来週もまた見逃せません。楽しみにしています。©Copyright2020

1 「凪のお暇」第7話の見逃し配信はこちら; 2 第1話~全話までまとめて「凪のお暇」を見るなら. 目次. もくじ. 9月6日(金)の21:59までなら、①tver、②tbsfree、③gyao! 【凪のお暇】7話を見逃しを見たいという場合は、放送終了1週間以内でしたらtverで、無料視聴可能ですよ。 ⇒ tver ( 9/6tver無料視聴終了 ) tverは、民放が連携した初めての公式テレビポータルすので安 …