半沢直樹 5話 ネタバレ
3.5 半沢直樹2続編・5話ネタバレあらすじと視聴率 3.6 半沢直樹2続編・6話ネタバレあらすじと視聴率 3.7 半沢直樹2続編・7話ネタバレあらすじと視聴率 『半沢直樹2』原作ネタバレ前編【ロスジェネの逆襲】!半沢が銀行に倍返し! 半沢直樹 2020.3.17 『半沢直樹』半沢の出向理由を徹底考察!大和田が銀行に残った理由も! 半沢直樹 2020.7.5 半沢直樹 特別総集編・前編のネタバレと感想!近藤が不在? 半沢直樹を恨む人物が・・ 1500億もの大型案件が中央セントラル証券へ; スパイラルとは? チーム編成に偏りが・・? 電脳は依頼先をのりかえていた・・!? 早速動き出した電脳の買収劇; 森山は瀬名に接触 東田の隠し財産に関する決定的な証拠を、未樹から得られるつもりでいた半沢直樹。4話のラストで未樹がまさかの裏切りに!?未樹は、半沢直樹ではなく黒崎に情報を渡すのでしょうか…5話は、未樹の真意が分かり、5億円融資問題に決着がつく、重要な放送回です。今回は『半沢直樹(シーズン1)の5話ネタバレ感想・あらすじまとめ!』と題し、見どころについてもご紹介します。半沢直樹(シーズン1)【2013】5話の、主な登場人物はこちらの6名です。未樹は黒崎に、ネイルサロンの開店資金の摘発を見逃す代わりに、捜査に協力するともちかけます。国税局の捜査が入ったら、東田が未樹に通帳と印鑑を渡し、未樹が1人で逃げることになっていたためです。その頃、浅野支店長は東田と料亭で会食をしており、半沢直樹に明日、正式に内示が出ることを伝えました。半沢直樹の家でも、出向が話題になっていました。心配してイライラする妻の花に、半沢直樹は初めて父親の死因が自殺であり、その原因が産業中央銀行の融資打ち切りだったことを明かしました。夫の胸の内を聞いた花は、出向の覚悟を決めます。その翌日に、国税局が東田の潜伏先であるマンションに突入!東田は、未樹の思惑通り、通帳や印鑑を未樹に託し、ベランダから逃します。東田は、絵画の中や水槽の中に、通帳や印鑑を隠していました。その後未樹は、東田から言われた場所ではなく、黒崎から指定された場所へ行きました。未樹が、黒崎に通帳や印鑑を、ごっそり渡している姿を見た竹下は、半沢直樹に万事休す、と告げます。出向の危機が迫り、半沢直樹は、焦りを感じ始めていました。未樹に何度も電話をかけているのに、全然つながらないためです。万事休すか…そんな半沢直樹のもとにバイク便が到着!中身は、東田の隠し財産である12億円が預けられている、通帳でした。未樹は、黒崎ではなく、半沢直樹を選んだのです。東田の潜伏先のマンションに、国税局の捜査が入ったのは、実は半沢直樹の計画であったことが判明します。未樹は隠し財産の場所を本当に知らず、捜査を入れることで、見つけ出すことができるのではないかと考えたためです。しかし、未樹が黒崎に寝返る可能性は十分にあり、半沢直樹にとってこの計画は、大きな賭けでした。東田の隠し財産の決定的な証拠をつかんだ半沢直樹。勢いづいた竹下は、半沢直樹を引き連れ、東田が飲んでいたクラブに乗り込みました。もちろん目的は、自分を裏切った東田に、ぎゃふんと言わせるため!そこで12億円の隠し財産の証拠をつかんだことを明かし、東田に復讐することに見事大成功します。東田から5億円を取り戻した半沢直樹の話は、浅野支店長の耳にも入っていました。私のミスだから、許してくれと謝る浅野支店長に対し、半沢直樹は絶対に許さない!と、厳しい態度で迫りました。本気で刑事告発するつもりでいた半沢直樹ですが、浅野支店長から家族の話を聞いたり、浅野の奥さんと話すことで、刑事告発を取り止めます。そして刑事告発をしない代わりに、浅野支店長に土下座謝罪と人事異動を要求します。半沢直樹が異動を希望した部署は、東京中央銀行の中枢部とされる営業第2部です。自分の父親を、自殺に至らしめた人物を見つけ出し、復讐するためでした。半沢直樹の要求は通り、一家は東京へと引っ越します。半沢直樹の部下達も、希望部署へ異動となり、浅野支店長はマニラへの出向となりました。(6話に続きます。) 半沢直樹(シーズン1)【2013】5話は、全てが見どころと言っても良いくらいに、大変濃い内容でした。その中でも、特にここが見どころだと感じたポイントをご紹介しますね。最大の見どころポイントは、スピーディーでスリリングなストーリー展開です。未樹が、半沢直樹を裏切り、黒崎に寝返るのではないかと、本当にハラハラしました。バイク便で東田の隠し財産の証拠となる通帳が届いた時は、安心したし、スカッとしました!このスカッとするくだりが、最大の見どころポイントだと感じました。この他には、厳しい会社組織の中で生きる夫を、支える妻の存在も見どころだと思います。5話では、半沢直樹夫婦だけでなく、浅野夫婦の関係にも大注目です。長い間言えなかった、父親の死の話をした半沢直樹を、温かく包み込む花。浅野支店長を支える妻の姿にも、ジーンと来るものがありました。浅野が出向先のマニラへの引っ越し準備が終わった時に、妻に謝罪するシーンも見どころポイントだと感じました。肩を落とす夫に語った奥さんの、【単身赴任で離れていた家族がまた一緒に暮らせてうれしい】という言葉が、とても心に残りました。浅野支店長は、花が言うように、そんなに悪い人ではなかったのかもしれませんね。5話は、スリリングなストーリー展開と、夫婦の絆に注目して、お楽しみください!半沢直樹(シーズン1)【2013】5話の感想を語りたいと思います!5話は、1話から続いていた、西大阪スチール問題が解決した放送回でした!大きな事件が解決しただけに、見終わった後に、とても清々しい気持ちになりました。悪者が最後にしっかり成敗されるのは、気持ちいいですよね。仕込まれたネタにも驚かされました。まさか東田の潜伏先のマンションに入った、国税局のガサ入れ捜査が、半沢直樹が仕組んだものだとは思いもしませんでした。5話で、個人的にツボだったのは、半沢直樹が浅野支店長にまたしても『花』を名乗り、脅迫メールを送っていたことです。ひどいことでも平気で言えるのに、6話でもまだメールしていたことに、思わず苦笑いしてしまいました。半沢直樹って、キレたらかなり口が悪くなりますよね(笑) 2013年8月11日放送浅野との決着の行方は、そして最後に半沢がとった行動は…?いかがでしたか?半沢直樹シーズン1【2013】5話は、半沢直樹の事実上の第1部最終話となります。西大阪スチールの問題が解決し、スカッとした気持ちになりました。6話からは、営業第2部を舞台にストーリーが展開していきます。半沢直樹が東京に異動してから1年後、ついに宿敵である大和田常務(香川照之さん)と対峙しますよ〜最後までお読みいただきありがとうございました。管理人:まさたかドラマがとにかく好きで、ドラマに関する情報をお伝えするブログを作りました。放送されているドラマはHDDに録画して、休日はとにかく溜まったものを消化する日々。面白い作品を見ることでストレス解消できるお手伝いができればいいなと思っております。芸能人も好きです♪管理人:まさたかドラマがとにかく好きで、ドラマに関する情報をお伝えするブログを作りました。放送されているドラマはHDDに録画して、休日はとにかく溜まったものを消化する日々。面白い作品を見ることでストレス解消できるお手伝いができればいいなと思っております。芸能人も好きです♪ 半沢直樹2020【第1話】ネタバレ.

!✨夜8:59にはテレビの前へ、— 半沢直樹【7/26(日)夜9時から第2話! !】 (@Hanzawa_Naoki) 東京中央銀行のバンカーとして活躍していた半沢直樹(堺雅人)。しかし、大和田常務(香川照之)の不正を暴き糾弾したことが原因となり、中野渡頭取(北大路欣也)から、子会社である東京セントラル証券へとまさかの出向を命じられてしまう。こうして出向先の東京セントラル証券・営業企画部長となった半沢。扱う金融商品企画はどれも銀行時代とは比べものにならないほど小さなものだった・・・それに加えて、親会社の銀行からは不良案件を押し付けられる始末。さらに、銀行からの出向組に対するプロパー社員たちの不公平感は根強いものがあり、反骨心と確執が渦巻いていた。一方、大和田は、敵対していたはずの中野渡頭取派に華麗に転身、保身のために組織を利用し新たな地位を築いていた。さらに、大和田の忠実な部下である証券営業部長・伊佐山泰二(市川猿之助)もまた、“半沢潰し”を目論んでいた。そんなある日、東京セントラル証券に大型買収案件が舞い込む。プロパー社員・森山雅弘(賀来賢人)が担当する大手IT企業「電脳雑伎集団」が、瀬名洋介(尾上松也)率いるIT業界の雄「東京スパイラル」を買収したいと申し出て来たのだ。買収における株式取得にかかる費用はおよそ1500億円以上。東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。「銀行を見返せ!」と大規模買収に沸き立つセントラル証券だったが、突如電脳雑伎集団からアドバイザー契約を一方的に断ち切られてしまう・・・。そして、これが新たな銀行との戦いの始まりになるとは、この時の半沢は知る由もなかった・・・。飛ばされた半沢は銀行に下剋上なるか!?不屈のバンカー半沢の新たな戦いが今、始まる!電脳雑伎集団がアドバイザー契約を結んだのは、東京セントラル証券の親会社・東京中央銀行だった。東京セントラル証券の中にスパイがいる可能性が出てきます。半沢直樹(堺雅人)は本社にいる渡真利(及川光博)から情報を仕入れる。今日の株取引で電脳雑伎集団が何か動きを見せるかもしれない。電脳雑伎集団と東京スパイラルの株価を監視する東京セントラル証券一同。しかし特に目立った動きはなかった・・・。株取り引き終了後。電脳雑伎集団が会見をひらき、東京スパイラルの株を30%を買い取ったと発表する。電脳雑伎集団は時間外取り引きをしていたのだ。時間外取引きで30%の株を買ったということは、売った人間がいるということ。株を売ったのは東京スパイラルの創業者の一員・加納(井上芳雄)と清田(加藤啓)だった。彼らは社長の瀬名洋介(尾上松也)と仲違いをして会社を追い出されている。2人は株を売ることを渋っていたが、東京中央銀行の伊佐山泰二(市川猿之助)と副頭取・三笠洋一郎(古田新太)から裏金を出されて渋々了承した。なにやらお金に困ってる事情があるらしい。東京スパイラルの社長・瀬名と小学校の同級生だった森山(賀来賢人)は、半沢の助言で連絡を取ってみる。瀬名は汚い手で会社を乗っ取られて気が滅入っていた。最初は再会を喜んでくれた瀬名だったが、森山がセントラル証券に勤めていると聞いて心を閉ざしてしまった。半沢直輝は東京セントラル証券の中にいる裏切り者を探す。銀行に栄転が決まった三木(角田晃広)が怪しい。裏切り者を探るために社内のパソコンを調べることにしたとカマを掛けてみると、三木が罠にかかった!夜中に諸田祥一(池田成志)のパソコンを弄っていた三木を捕獲する半沢。三木は同じく出向組の諸田から指示されて証拠のデータを消去しようとしていた。諸田と三木は銀行に返り咲くために伊佐山に情報を流していたのだ。半沢直輝は伊佐山と密会中の諸田の前に現れる!三木が全て白状したと分かると焦り出す諸田。しかし、伊佐山は動じない。諸田のパソコンには伊佐山に宛てたメールが入っていた。サーバーを調べれば一発でアウトなのだが、余裕の伊佐山。そこへ半沢直輝の同期・苅田(丸一太)から連絡が入る。サーバーを調べてみたが、電脳雑伎集団に関するメールは見当たらなかった・・・。つい先ほどサーバーを消去されたようだ。先回りして得意顔の伊佐山。「残念だったな、半沢。むしろ感謝して欲しいくらいだ。」「こっちは親会社としてお前たちのお粗末な対応の尻拭いをしてやったんだから」「対応の遅れで契約を破棄されるのと銀行からの横槍でそうさせるのとでは意味がまるで違います。」「こちらが中身で勝負する前にあなたたち銀行はメインバンクの力を使って仕事を横取りした。」「筋を全く通していない。天下の中央銀行がこれじゃまるでヤクザの手口だ!」「人事だろうがなんだろうが好きにすればいい!」「この借りは必ず返します!やられたらやり返す!倍返しだ!それが私のモットーなんでね」という展開でした。今回は「倍返しだ」以外にも「恩返し」というフレーズまで出てきました。半沢直樹はこれからどこへ向かう?倍返しなるか!\✨予告映像公開✨/半沢直樹、第2話予告最速公開半沢VS銀行、全面戦争の幕開けです!
!— 半沢直樹【7/26(日)夜9時から第2話! 倍返しの決めセリフで人気を博したドラマ半沢直樹シリーズ1。1話~最終話のあらすじネタバレを復習しませんか?不正を働く大和田と半沢直樹の戦いはどんな結末を迎えるのでしょう。1話~最終話のあらすじをネタバレしていきます。