大相撲 巡業 ボランティア

大相撲沖縄場所ボランティア応募要項 . 大相撲羽田国際場所実行委員会事務局では、設営・運営に関する ボランティアサポートスタッフ として協力していただける方を募集します。. 地方巡業を見に行くだけでなく、前日から当日のボランティアスタッフとして運営に携わってみたい。そうお考えになられるファンの方は意外と多いと思います。今回はボランティアスタッフの作業内容と必須アイテムについてご紹介したいと思います。目次ボランティアスタッフを募集している巡業の場合、公式サイトに掲載されていることが多いです。それ以外にも勧進元に問い合わせをすれば、たいていの場合、好意的に受け入れてもらえると思います。ただ勧進元からすると、どれぐらいの応募があるか分からないため、事前に相当数のボランティアスタッフの手配をしていることもあります。多くて困ることはないかもしれませんが、少ないと設営準備すらままならなくなるからです。興味のある方は、お近くの巡業をまずご覧になられて、ボランティアスタッフの方がどのようなことをされているのか確認してみるのが良いかもしれませんね。まずは土俵を設置するメインアリーナの床の養生作業から全ては始まります。会場によっては養生シートを重ねて敷く場合もありますが、大勢で一気に作業をしてしまいます。時間にしておよそ1時間ほどで床の養生は終わります。その後は支度部屋や会場入り口からメインアリーナや支度部屋などに通じている通路部分の床の養生をしますが、やはりメインアリーナの設営が最優先となっていきます。メインアリーナ以外の床の養生はメインアリーナの作業と並行しながらやや少人数で行うことが多いかもしれません。この作業はかなりの重労働ですので、地元の男子高校生にお願いすることがほとんどだと思います。まずはこのような土俵の型枠を搬入します。この型枠は想像以上に重いのですが、元気な高校生にかかると軽々と運んでくれます。型枠を設置したら、次はその中に発泡スチロールを敷き詰めて、その上にブルーシートを張り、いよいよ土俵に使う土を入れていきます。これほどまでに土俵の軽量化を図っているのですが、それでも重さにして8トンほどの土を搬入します。土俵用の土は開催1週間ほど前から会場の外部で天日干しをして乾燥させておきます。そして開催前日に一輪車を使って何度もピストン形式で土俵部分に土を搬入することになります。土俵への土の搬入が終わると、先発の呼出しさんを先頭に土俵築きが始まります。タコと呼ばれる道具を使って丹念に土俵の表面部分を叩いていくと次第にキラキラと表面が光り輝いてきます。この作業のあたりからはボランティアスタッフが関わることはほとんどありません。呼出しさんと土俵設営の業者さんで仕上げをしていくことになります。土俵作りが始まると同時にメインアリーナの席割り作業が始まります。ここでは席割図をもとにしてビニールテープで各区画を区切る作業から始まり、席番号シールを貼っていきます。ビニールテープを貼る作業はキレイにまっすぐ貼る必要があるため割と人数を必要としますので高校生スタッフが担当することがほとんどです。昼頃からは事前に予約注文をいただいているお弁当とお土産のセットを紙袋に入れる作業が開始します。実はこの作業、かなりの重労働です。というのも、およそ1500ほどのセットを作るのですが、作業中はほとんど中腰になります。床に広げた紙袋にドンドンお土産を入れていくのですが、お土産がなくなると近くに積み上げられているダンボールの山から必要なお土産を取りに行く作業もあります。このあたりになると担当の親方のところには、関係者が訪れ始めて、実際には担当の呼出しさん(担当親方の部屋の呼出しさんが応援で駆け付けていることもあります)の指示に従い、準備が勧められていきます。多くの会場では朝6時が力士とスタッフの開場時間となっています。開場と同時に力士は支度部屋へ一目散。スタッフは間もなく運び込まれてくる予約のお弁当を前日準備したお土産セットの紙袋の上部に置いていく作業が開始します。この時ばかりは本当に時間との戦いです。8時にお客さんが入ってきますので、それまでにお弁当とお土産のセットの準備を終わらせておかないといけません。もちろん、この時も常に中腰での作業です。前日の疲れが癒えぬままの作業は本当に体に堪えます。開場時間前にはもぎりの体制を整え終えている必要があります。主に長机をセットして入り口部分を作るのですが、この作業は当日やることになります。一般のお客さんの入り口部分と共に来賓の方の受付もこの時に準備します。もぎり作業は打ち出しの直前まで続きます。開場して、お客様が入場されると事前予約のお弁当・お土産セットの引換が開始されます。開催前日からの作業の中でこの作業はもっとも体に負担が少ない作業かもしれません。この作業は主に女性スタッフの方が担当することが多いと思います。しかし、他の作業と比べれば軽作業かもしれませんが、ずっしりと重みのあるお弁当セットを渡し続ける作業は決して楽なものではないはずです。入場してお弁当セットを受け取ると、お客様は自分の席に向かい始めます。しかし、座席番号を見ても会場内のどのあたりなのかすぐに把握することは非常に困難です。そのため、ボランティアスタッフがお客様をお席までご案内することになるのですが、この時の主役はなんと言っても高校生スタッフです。大人と違って、飲み込みの早い高校生は2~3度お客様をお席まで案内すると、たちどころに会場内の席割図を頭の中にインプットしてしまうのです。高校生以外のスタッフも座席へのご案内はしますが、座席の場所が分からない場合には、席割図を見るよりも近くにいる高校生に数千人のお客様が来場されている会場内は、放っておくと大量のゴミで溢れかえってしまいます。そのため、こまめにゴミ袋の交換作業が必要になってきます。そして、会場内だけでなく、支度部屋のゴミ袋交換も重要です。こういう時に力を発揮するのは高校生スタッフです。支度部屋にはおよそ関取の数と同じ数のゴミ箱が設置されています。ですから、好きな関取に近づくために支度部屋のゴミ袋の交換をこまめにしてくれる高校生スタッフが数多く出てくることになるのです(笑)この要領の良さは見習わないとと思い知らされました。基本的に巡業では、ほとんどの関取が気さくにファンサービスに応じてくれますが、横綱大関クラスの関取が土俵に向かう直前にはスタッフがバリケードを作ることになります。とにかく殺到してくるお客様が将棋倒しにならないように気を付けないといけないのですが、やはり横綱や大関が花道の奥に姿を現すとサインを求めたり写真を撮ろうというお客様が殺到してきます。そのため、予め人海戦術でスタッフを並べてバリケードを作るのですが、誰もが初めての経験となるためになかなか上手にバリケードを作ることが出来ません。今年の春にわたしの知人が勧進元として開催した巡業の際には、あえて実名を出しますが松鳳山関が付け人の方に指示を出しつつ、バリケード要因として駆り出された高校生に優しく指導をしていただいたおかげで、ほとんど混乱することなく横綱・大関を迎えることが出来ました。この時の松鳳山関は本当にカッコよかったです。ちなみに三役経験者の超人気力士の付け人の方が、バリケードを作っている最中にやって来て、「うちの関取の時もバリケードをお願いしていいですか?」と言われました(笑)お客様が退場され始めると、大急ぎで土俵の解体作業を開始します。とにかくこの作業が終わらないことには巡業は終わりません。この時も高校生スタッフが縦横無尽に大活躍してくれます。大人だけのスタッフでは到底巡業の開催は出来ないと思えるほど、高校生スタッフは頼もしいのです。開催中に回収済みのゴミ袋も含めて、会場内の全てのゴミ箱からゴミ袋を回収して、産廃業者が回収にくる場所までゴミ袋を運んでおくことになるのですが、この作業はまさに重労働です。ただ重いだけでなく、袋の中で上下左右に動き回る飲み残しの飲料がさらに重みを加えてくるのです。この頃になると精魂尽き果てた大人はほとんど動けません。申し訳ないと思いながらも、高校生スタッフが元気に動き回るのを見守るしかないのです・・・養生シートを貼る時はキレイにまっすぐ貼ることを考えますので結構時間が掛かりますが、剥がす作業は比較的短時間で終わります。一気に剥がしてクルクル巻いて、会場の備品のシートはキレイに巻き上げて倉庫へ。使い捨てのシートもキレイに小さくまとめてゴミ回収場に持っていきます。この時、1階のタマリ・マス席部分の座席表シールは使い捨てのシートに貼られた状態のため剥がす必要もないのですが、イス席に貼った座席表シールは1枚ずつ剥がしていかなければなりません。そして、この作業も当然中腰での作業。疲労困憊の中でのシール剥がしは想像以上に負担がかかります。ここまで、スタッフの作業がどれほど大変かをご紹介してきましたが、それでもボランティアスタッフとして運営に携わってみたいという方には超厚底のスニーカーをお勧めしておきます。特にNi*e社のA*rあたりは良いと思います。とにかく足裏の保護を最優先に考えた身繕いが必要です。というのも、開催前日の作業を終えた時点で足裏が1センチほど腫れ上がってしまいます。開催当日を終えるとさらに1センチほど腫れ上がってしまうので、足裏の保護が何よりも重要なんです。そして可能なら、靴下は2枚重ねでも良いと思います。それほどボランティアスタッフは動き回ります。あとは時期に関わらずスポーツタオルがあれば良いかもしれないですね。作業中の水分補給に関しては勧進元からお茶の手配などがあるのでさほど心配する必要はありません。他には関取にサインしてもらうためのマジックを携帯しておけば良いかもしれませんね。意外に思われるかもしれませんが、ボランティアスタッフはサインしてもらいやすいです。 ブログランキングに参加しています!シェアするフォローする

8月22日(水)、アリーナ立川立飛で開催される「平成30年夏巡業大相撲立川立飛場所」の土俵づくり・会場設営ボランティアを募集します。 土俵づくりと会場設営は、お子さまを含め、どなたでも見学できますので、この機会にご覧ください。 I will be grateful if youRight away I am going to do my breakfast, when having myInformative article, just what I wanted to find.If you are going for most excellent contents like I do, only pay a visit this site all the time as it presents feature contents, thanksAfter I initially commented I seem to have clicked on the -Notify me when new comments are added- checkbox and nowIs there a means you are able to remove me from that service?naturally like your web site however you have to take a look atNhưng ước mơ thì có thể kéo dài trong suốt cuộc đời.日本語訳:しかし、夢は生涯続くことができます。ありがとうございます。 地方巡業を支えるボランティアスタッフの方々が担う作業内容や必需品のことについてご紹介しています。 大相撲地方巡業の裏側. 2019年夏巡業大相撲立川立飛場所(8月6日開催)における、会場設営・土俵づくり等のボランティアを募集いたします。 当日の会場設営・土俵づくりにつきましては、お子様や一般の方も見学ができます。通常は見ることができない土俵づくりをご覧ください。 ご連絡先; 巡業に関するお問い合わせは、下記までお願いします。 公益財団法人日本相撲協会 電話番号:03-3623-5111(代表) 大相撲沖縄場所ボランティア応募要項 h.shimabukuro 2019-10-18T10:16:55+00:00. ■日程・12月13日(金) 8:00~15:00 (会場内外 設営準備)・12月14日(土) 8:00~15:30 (本番 誘導・物販ヘルプ)・12月14日(土) 12:00~17:00 (本番 誘導・片付け)・12月15日(日) 8:00~15:30 (本番 誘導・物販ヘルプ)・12月15日(日) 12:00~18:00 (本番 誘導・片付け)■ボランティア活動内容②14日(土)15日(日)③14日(土)15日(日)【ボランティアの皆さまへの特典】 実行委員会の立ち上げからメンバー集め、そしてメンバーでの会合など、実行委員会の見えない部分について書いてみました。What’s up to all, how is everything, I think every one is getting moreIt is perfect time to make some plans for the future and it’s time toMy partner and I absolutely love your blog and find a lotQuality posts is the key to interest the visitors to visit the web site, that’s what this webHello there, just became alert to your blog through Google, and found that it’s truly informative.I’m going to watch out for brussels.

実行委員会. 大相撲地方巡業の勧進元(主催者)が開催に至るまでのプロセスを書ける範囲で全て書きます!フォローする 日本の伝統文化である相撲に興味のある方、一緒にこのイベントを作ってくれる方、 ぜひ参加してみませんか? 皆様のご協力をお願いします。

平成30年夏巡業 大相撲立川立飛場所 土俵づくり・会場設営ボランティア募集のお知らせ2018.06.25お知らせ8月22日(水)、アリーナ立川立飛で開催される「平成30年夏巡業大相撲立川立飛場所」の土俵づくり・会場設営ボランティアを募集します。平成28年度大相撲立川立飛場所 土俵づくりの様子■本件に関するお問い合わせ先大相撲立川立飛場所実行委員会(担当 小山、村岡、戸﨑、藤島)©TACHIHI HOLDINGS Co.,Ltd All rights reserved. ホーム. ボランティアスタッフの募集要項について.

2019年夏巡業 大相撲立川立飛場所 土俵づくり・会場設営ボランティア募集のお知らせ2019.05.29お知らせ2019年夏巡業大相撲立川立飛場所(8月6日開催)における、会場設営・土俵づくり等のボランティアを募集いたします。平成30年度夏巡業 大相撲立川立飛場所 土俵づくりの様子■本件に関するお問い合わせ先2019年夏巡業 大相撲立川立飛場所実行委員会(担当 木場、和田)©TACHIHI HOLDINGS Co.,Ltd All rights reserved. 大相撲地方巡業の勧進元(主催者)が開催に至るまでのプロセスを書ける範囲で全て書きます! フォローする. 2019年夏巡業大相撲立川立飛場所(8月6日開催)における、会場設営・土俵づくり等のボランティアを募集いたします。 当日の会場設営・土俵づくりにつきましては、お子様や一般の方も見学ができます。通常は見ることができない土俵づくりをご覧ください。

画像:相撲さいたま場所hpより 突然ですが… 大相撲の巡業って、ボランティアで土俵が作れるのですね…。 平成24年10月13日開催の大相撲さいたま場所にて、 土俵作りや座布団並べなどのボランティアが募集され始めたとのこと。