朝まで生テレビ 2019 出演者


朝まで生テレビ! 番組情報 . 朝まで生テレビ の動画サイトです。 ジャーナリストにフォーカス|ニュース系テレビラジオ番組. スカーレット 第137話 2020年3月13日 テレビ朝日の角南源五社長(62)の定例会見が23日、東京・六本木の同局で行われた。 同局系「朝まで生テレビ!」の司会を務める同局政治部記者の村上祐子・元アナウンサー(40)にNHKの政治部記者との間の“不倫疑惑”が15日・・・ カテゴリー一覧. 中曽根政治の功罪」をテーマにジャーナリストや政治家、作家など著名人をパネラーとして迎え放送された。番組は1度の放送に3つほどの討論テーマを設定して進行。この記事では「朝まで生テレビ」の番組司会者や進行担当アナウンサー、そして討論テーマに沿って激論を繰り広げる最新のパネリスト(ゲスト)情報をまとめたものである。2019年4月、週刊ポストが村上祐子のNHK政治記者との不倫疑惑を報じた。また2020年4月以降、司会を務める渡辺宜嗣は新型コロナウィルス対策シフトのため当面の間 出演を見合わせ、代役を立てている。目次ジャーナリスト1934年4月15日生まれ、滋賀県彦根市出身の86歳元・東京12チャンネル(現在のテレビ東京)のテレビディレクターで、当時は過激なドキュメンタリー撮影を行っていたことが知られている既に高齢だが現役のフリージャーナリストとしてテレビ朝日「朝まで生テレビ」やBS朝日「激論!クロスファイア」といった討論型の報道番組の司会を務めているニュースキャスター1954年12月19日生まれ、愛知県名古屋市西区出身の65歳入社以来、ニュース・報道やスポーツ実況を担当してきたベテランアナウンサー2010年3月29日から「スーパーJチャンネル」メインキャスターに就任2014年にテレビ朝日を定年退職しており、現在はテレビ朝日専属キャスターとして引き続き番組出演を行う「朝まで生テレビ」1987年4月の初期から番組の司会進行を担当している討論には参加せず、番組のオープニングと視聴者やSNSのメッセージ代読、エンディングなどに登場するが、稀に彼が田原総一朗やパネリストに質問・コメントすることもあるテレビ朝日の政治部記者で、同局の元アナウンサー1978年11月16日生まれ、福岡県福岡市出身の41歳2011年9月から「朝まで生テレビ」の番組進行を担当2019年4月15日に「週刊ポスト」がNHK政治記者との不倫疑惑を報じたことで、テレビ朝日側が「朝まで生テレビ」への出演を当面見合わせることを発表テレビ朝日の男性アナウンサー1987年12月21日生まれ、東京都出身の32歳サッカー経験者(ポジションはゴールキーパー)でテレビ朝日入社後もスポーツを中心に担当「やべっちFC」にレギュラー出演する他、プロレスやサッカー、野球、駅伝、水泳などの中継を担当2020年4月以降、新型コロナウィルス対策シフトにより渡辺宜嗣キャスターの代役として「朝まで生テレビ」の進行を務めているフリーキャスター1952年7月1日生まれ、広島県安芸高田市出身の68歳1975年~1983年までフジテレビに在籍フリー転身後はテレビ朝日やTBSと専属契約を結びキャスターとして活動テレビ朝日専属キャスター時代、1987年4月~1994年9月まで「朝まで生テレビ」の女性司会者を務めたジャーナリスト1958年1月15日生まれ、62歳NHK「ニュースセンター9時」初の女性ニュースキャスターとして知られる「生前退位」や「令和の元号」に際しては、それぞれの有識者会議でメンバーに選出されたテレビ朝日で「ニュースフロンティア」などニュースキャスターとして出演していた時代、1994年10月~1999年6月まで「朝まで生テレビ」の女性司会者を務めたただいま、各メディアにより丸川珠代の当選確実の一報が報道されました。— 丸川珠代 (@marukawatamayo) 政治家、自由民主党所属の参議院議員1971年1月19日生まれ、兵庫県神戸市出身の49歳1993年4月~2007年5月までテレビ朝日に在籍アナウンサー時代は主にニュースや報道などキャスター・リポーターを務めていたが、「ロンドンハーツ」「ビートたけしのTVタックル」「とんねるずのスポーツ王は俺だ!」といったバラエティやスポーツ中継などにも携わっていた退社後、第21回参議院議員通常選挙に自由民主党公認で出馬し初当選を果たすテレビ朝日のアナウンサー時代、1999年8月分~2003年5月まで「朝まで生テレビ」の女性司会者を務めた古舘プロジェクト所属のフリーアナウンサー1962年12月24日、アメリカ・ニュージャージー州生まれの57歳本名は「伊藤智子(いとうともこ)」アメリカ生まれだが、中学入学前には日本に帰国大学時代には文化放送「ミスDJリクエストパレード」のパーソナリティを務めるなど女子大生タレントとして活動していた華々しい経歴を持つフジテレビアナウンサー時代には多数の人気番組を担当フリー転身後はフジテレビ以外の番組にも進出し、バラエティ番組の司会で活躍これ以降、報道キャスターに転身しており「朝まで生テレビ!」「報道ステーション」「サンデースクランブル」などに出演2003年6月~2011年8月分まで「朝まで生テレビ」の女性司会者を務めた毎月最終金曜日の深夜1:25~4:25ごろ 「2022 FIFAワールドカップアジア2次予選」は2022年にカタールで開催されるサッカーの世界大会「2022 FIFAワールドカップ」のうち、アジアの40チームが出場する2次予選である。このうち計12チームがワールドカップ最終予選に出場。また、この2次予選はAFCアジアカップ中国2023の予選も兼ねており、アジアカップ2023への出場権を獲得することとなる。2次予選は2019年9月5日~2020年6月頃まで実施。日本代表はグループFに振り分けられ、キルギス・タジキスタン・ミャンマー・モンゴルと総当たり戦を行う。テレビ中継は対戦カードによってそれぞれの放送局が全国ネット放送で対応する。この記事では、2019年10月15日にタジキスタンのドゥシャンベで行われる「日本代表 vs タジキスタン代表」のテレビ朝日によるテレビ中継の実況アナウンサーや解説者の情報をまとめた。「選挙ステーション2019」は2019年7月21日の参議院議員選挙の開票特番。テレビ朝日が平日の夜に放送する「報道ステーション」の拡大版である。全国22万人の有権者を対象とした出口調査やリアルタイム開票速報、メインキャスターである富川悠太アナが各党党首を直撃するなど選挙特番としての基本的な見どころは揃えている。ただし、同日のテレビ朝日は「世界水泳 韓国・光州2019」と「第148回全英オープンゴルフ 最終日」の放送があるため他局に比べると選挙特番に割かれる放送時間は少なく、また番組の規模も小さいものとなっている。その為、選挙当日よりは選挙前日までにWebサイト上に用意したコンテンツにチカラを入れている傾向が強い。例えば全国の系列局若多恵アナウンサーによる「アナウンサー選挙区リポート」や各党の選挙公約、候補者情報など「選挙に関する情報」を事細かに揃えている。この記事では2019年7月21日放送「選挙ステーション2019」の出演者情報をまとめた。「2022 FIFAワールドカップアジア2次予選」は2022年にカタールで開催されるサッカーの世界大会「2022 FIFAワールドカップ」のうち、アジアの40チームが出場する2次予選である。このうち計12チームがワールドカップ最終予選に出場。また、この2次予選はAFCアジアカップ中国2023の予選も兼ねており、アジアカップ2023への出場権を獲得することとなる。2次予選は2019年9月5日~2020年6月頃まで実施。日本代表はグループFに振り分けられ、キルギス・タジキスタン・ミャンマー・モンゴルと総当たり戦を行う。テレビ中継は対戦カードによってそれぞれの放送局が全国ネット放送で対応する。この記事では、2019年10月10日に行われる「日本代表 vs モンゴル代表」のテレビ朝日によるテレビ中継の実況アナウンサーや解説者の情報をまとめた。「スーパーJチャンネル」(よみ:すーぱーじぇいちゃんねる)は、1997年から開始されたテレビ朝日、夕方のニュース番組。現在はテレビ朝日のアナウンサーを中心に構成されているが、開始当初はタレントをキャスターに起用していた。月~木は俳優の石田純一、金曜は元タレントの田代まさしという、今では絶対に実現できないメンバー起用である。石田純一&田代まさしの降板後は、小宮悦子が長らくキャスターを務め、その後を受けて現在の渡辺宜嗣が起用されている。番組は時間ごとに3枠で区切られており(公に明示はされていない)、そのうちANN枠はテレビ朝日系列の各局が全国ニュースのパートとして編成し各地で放送される。スーパーJチャンネルは、放送時間前に人気ドラマの再放送を設けており高視聴率を確保している現状がある。ドラマ終了後の流れでスーパーJチャンネルが開始されるため、ドラマ視聴者をそのまま取り込みやすくなっている。現在出演者の多くはテレビ朝日のアナウンサーで構成されている。ここでは現在「Jチャンネル」に出演するキャスター・アナウンサー・リポーターの一覧と番組情報をまとめる。「AFCアジアカップ」はアジアサッカー連盟(AFC)主宰の大会である。1956年に第1回が開催され、以降4年に1回大会が行われる。大会の最多優勝国は日本。強豪国は日本・イラン・韓国・サウジアラビアなどが挙げられる。この記事では「サッカーAFCアジアカップ2019」の実況中継における出演解説者&テレビ朝日アナウンサーの情報をまとめた。「サンデーステーション」は「サタデーステーション」と共にテレビ朝日が2017年4月からスタートさせた週末の報道番組。これまでの土曜プライム(土曜ワイド劇場)や日曜エンターテインメント(日曜洋画劇場)などのエンタメ枠を廃止して新たに報道枠を設けた。テレビ朝日はその理由として、報道・ニュースの需要を挙げている。同時間帯の他局においては、TBS土曜の「新・情報days ニュースキャスター」やフジテレビ日曜の「ミスターサンデー」などが高視聴率を獲得しており、それらへの対抗措置と考えられる。メインキャスターには、「報道ステーションSUNDAY」のメインキャスターだった長野智子を起用。元フジテレビアナウンサーという点で「サタデーステーション」の高島彩と同様である。「サタデーステーション」と比べると、報道色が色濃く出ており出演者もテレビ朝日のアナウンサーやジャーナリストなど手堅いキャストが起用されている。この記事では「サンデーステーション」の出演キャスター・アナウンサー、コメンテーターなど出演者の情報をまとめた。「やべっちF.C.」はナインティナイン・矢部浩之がMCを務める冠番組。2002年4月から放送開始されたサッカー専門のスポーツ番組である。サッカー情報以外に不定期でバラエティ要素の強い企画も放送される。番組MCは芸能界屈指のサッカー通で自身も学生時代にサッカー部に所属していた「ナインティナイン」の矢部浩之。そのほかにテレビ朝日のスポーツアナウンサーやスポーツ担当女子アナがアシスタントを務め、元サッカー選手がコメンテーターとして出演する。女子アナは原則として進行キャスターのみスタジオ出演、レポーターはVTR出演のみだが、進行キャスター不在の場合は代理でスタジオ出演することもある。番組開始当初から出演しているのは矢部浩之のみで、現在までに矢部以外の出演者は何度か入れ替えが行われている。2018年10月をもって入社1年目から担当していた竹内由恵アナが番組卒業。後任は三谷紬アナが務めている。この記事では「やべっちF.C.」の出演者情報を中心にまとめた。「世界水泳 韓国・光州2019」は2年に1回ほどのペースで開催されている水泳の国際大会「世界水泳選手権」の第18回大会。オリンピックと並ぶ世界最高峰の水泳競技大会とされており、競泳から飛び込み、アーティスティックスイミング(旧シンクロナイズドスイミング)、水球など各種競技が行われる。第1回開催は1973年。これまでに日本では2001年に福岡で開催されており、2021年にも再び福岡を開催地とする予定である。日本におけるテレビ中継は2001年の第9回大会以降、テレビ朝日系列の地上波やBS/CS、さらにインターネット放送などを駆使して生中継や録画にて放送されている。テレビ朝日のスポーツアナウンサーだけでなく、かつて日本の水泳界を牽引してきた元選手が解説者として出演するなどチカラの入った中継が行われる。この記事では2019年に韓国で開催される「世界水泳 韓国・光州2019」のテレビ中継に出演する実況アナウンサーや解説者の情報をまとめた。テレビ朝日の看板で日本で有数の影響力を持つ報道番組「報道ステーション」。久米宏の「ニュースステーション」から古舘伊知郎をキャスターに迎えた「報道ステーション」へ。2016年4月からはメインを務めるのが同局の富川悠太アナとなった。番組の華と言える存在だった小川彩佳アナは大型改編でも唯一の継続出演キャストだったが2018年9月、遂に番組を卒業。10月より新たに徳永有美アナ、小木逸平アナ、竹内由恵アナらが加入した。現在の「報道ステーション」に出演するアナウンサー・キャスターをまとめた。「災害列島」シリーズはテレビ朝日系列で年に1回放送されているドキュメンタリー特番。2月末~3月初旬の土曜日、または日曜日の昼頃に放送される。日本で起きた自然災害の裏で起こった事実や救出劇を記録映像や専門家のコメントと共に紹介。それらを検証することで自然災害から身を守る”防災の教訓”とすることを目的としている。この記事は過去の放送における放送内容と番組担当ナレーターの情報を中心にまとめたものである。 Copyright©
この時間は「朝まで生テレビ!元旦スペシャル2019」をお送りします。速報ニュースのノーカット生中継から独自のニュース番組まで、話題のニュースが無料で視聴できます。 「朝まで生テレビ」はテレビ朝日系列で毎月1回、最終金曜日の深夜から明け方にかけて行われる生放送の討論番組である。第1回は1987年4月、「激論! )」#朝まで生テレビ #テレビ朝日 オイラ「おい、田原、ツラかせ」 ・・・議論しろよ。 — 宮脇睦@LVL48.みやわきチャンネル (@miyawakiatsushi) 2019年4月26日. カテゴリー一覧.