柔道 漫画 YAWARA
Powered by 引用をストックしました引用するにはまずログインしてください引用をストックできませんでした。再度お試しください限定公開記事のため引用できません。

yawara!はアニメ化され、更にスペシャル版も作られた。 スポ根漫画といっても泥臭さは全くない。可憐で乙女でありたい柔ちゃんがその天性の柔道の才能に翻弄されながら二度もオリンピックで優勝するというサクセスストーリー。
yawaraは20世紀少年の作者である浦沢直樹氏がビックコミックスピリッツで連載した大ヒット柔道漫画である。 普通の女の子を夢見る天才柔道少女の猪熊柔が恋や友情、そして柔道を通して成長していく物語で、1989年からはゴールデンでアニメ化もされている。 柔道部物語は話の展開がコンパクトかつ盛り上がって柔道シーンも分かりやすいという神 41 : 2020/01/22(水)23:32:43 ID:Z+4JL5CJr YAWARAって谷亮子さんをモデルにした漫画だっけ? 全20巻、雑誌掲載時の4色2色ページを完全再現したa5判の豪華版です。 「monster」や「20世紀少年」でおなじみの浦沢直樹原作による柔道漫画「yawara!」。 1986年から1993年の間にビッグコミックスピリッツで連載された。 単行本発行部数累計3000万部で本作が浦沢直樹の初ヒット作と言われている。 eureka_no_yuuutsuさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか? この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。正月のテレビ欄を見たらおや? そこにYAWARAの6文字が。20年以上前の作品をなぜ今? と思ったが、そういえば来年は YAWARAは普通の女の子を夢見る天才柔道少女の猪熊柔が恋や友情、そして柔道を通して成長していく物語で、1989年からはゴールデンでアニメ化もされている。漫画もアニメも今見ても変わらぬ面白さの本作を今回は紹介したい。 子供の頃から祖父である猪熊慈吾朗の英才教育を受けた天才柔道少女柔ちゃんはどちらかというと完成型の主人公である。しかしこの柔という人物は、普通のか弱い女の子に憧れており普段は柔道のことを隠して生活している(柔曰く趣味はバーゲン)。そんな彼女だが普段の鍛錬のせいで事あるごとにうっかり技を繰り出してしまい、この物語の始まりも柔が強盗を投げ飛ばしたのをスポーツ新聞記者の松田耕作にスクープされるというものである。小さくて可愛らしい女子高生が、大人の男や巨漢の対戦相手らを有無を言わさずバッタバッタと投げ飛ばしまくるのは見ていてとっても気持ちが良い。 柔には魅力的なキャなかでもわたしが注目するのは柔のライバル本阿弥さやかと富士子さんはのっぽで、身長のせいでずっと努力を続けてきたバレエを断念したという過去を持つ女性である。男性作家の描く女の友情はそれを愛でる男性の眼差しが入り込んでいて、女性読者が共感できないという生温いものが多い(もちろん女性作家の描く男の友情も同様である)。それに比べると富士子さんと柔ちゃんの友情にはスポ根もの特有の泥臭い熱さがある。ともすれば自分の友人関係についても良い意味で見直す機会になるかもしれないようなそんな素敵な友情である。美人でもナイスバディでもない(作画の上でも)、まさに普通の女キャラをここまで魅力的に人間的にかっこよく描けるのはさすが。本阿弥さやかは美人で金持ちだが、傲慢で自尊心が高く負けず嫌いの典型的な嫌な女系ライバルとして登場した。はいはい、そういう系の人ね、と思っていた読者も話を進めるごとに彼女のことを結構好きになってしまうという不思議なキャラである。もちろん性格の難は最後まで変わることがないのだが、作中では彼女が柔に負けないために面では常に自信満々な偉そうな物言いをするのだが、その自信を裏付けるだけしっかり努力をし続ける、また負けてもけして諦めない不屈の精神を持っており、けして弱音を吐かない。こんなかっこいいライバルキャラを嫌いになれるはずがない。このように魅力的なキャ 本作は恋愛モノとして読んでも十分に楽しめる作りになっている。柔の相手候補は2人おり、一人は柔の恋愛を軸に読み進めれば結構キュンキュンくること間違いなしである。 作品の舞台はバブル景気に沸く日本に始まる。柔たちのファッションやヘアスタイルなどはもちろん、アッシー君、ディスコ、・バブル景気→・ユーゴ大会→ユーゴ内戦勃発・冷戦そしてなどなど、80〜90年代前半当時を肌感覚で味わえるのも魅力の一つである。 柔ちゃんはバブそんな柔のファッションショーを堪能するのに最適なのがアニメ『初代オープニングである『ミ可憐なミモレ丈のスカートもあればボディコンシャスもあり。派手柄スーツ、大きなサングラス、真っ赤なリップにゆるめの途中挟まれる 本作のアニメはOP、EDのクオリティが大変高い。先述したが高校生の少し背伸びした柔の描写がオシャレで可愛いOPED以外でアニメの何がいいかといえば、柔道のアクションはもちろん、柔たちに声がついたことだろうか。やわらかいが芯が強い柔の声は、『滋悟郎役にとくに滋悟郎おじいちゃんの食いっぷりと「やわらー!!」の怒鳴り声はアニメの一番の見どころといっても良いだろう。現在 アニメが合うようなら是非原作を手にとってみてほしいところである。やはり見所は柔道の試合だろう。アニメで動きがつくのはもちろん素晴らしいが、この漫画という媒体での息もつかせぬ攻防は読者をワクワクさせるのには十分すぎるほどである。とくに終盤戦の死闘は、読んでいるこちらまで息を張り詰めて緊張してしまい、同時に本当にテレビで試合を見ている感覚そのままの感動を味わうことができるだろう。私のベストバウトは本阿弥さやか戦、テレシコワ戦、そしてジョディ戦である。読んだ者ならきっと異存はないはず笑 トレンディな恋愛ものとしても、熱いスポーツものとしても何重にも楽しめる本作。ぜひ手にとって、世紀の決戦である最 『言わずと知れた『こちらもすれ違い上等、80年代ラ                Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。 無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。現時点ではこのメニューの読み込みに問題があります。 浦沢直樹が打ち立てた、スポーツ漫画の金字塔―― 世に女子柔道ブームを巻き起こした大ヒット作『yawara!』が完全版となって登場!