横綱土俵入り 太刀持ち 露払い

横綱土俵入りの際、横綱と共に土俵に上がっているのが太刀持ちと露払いです。しかし、その役割はイマイチよく分かりませんし、たまに別の力士に代わっていることもありますよね?そこで今回は、太刀持ちと露払いの意味や決め方について解説していきます。 2人の力士はそれぞれ「露払い」「太刀持ち」と呼ばれる役割の力士で、横綱が土俵入りを行う間、土俵上に蹲踞の姿勢で控えています。. 大相撲で横綱の土俵入りを見ていると、白いしめ縄を巻いた横綱は必ず左右に1人ずつ、合計2人の力士を従えて土俵に上がってきます。2人の力士はそれぞれ横綱が単独で土俵入りを行うようになったのは1789(寛政元)年11月場所7日目のただし彼らが控えていたのは土俵上ではなく土俵下で、現在のように露払い・太刀持ちの力士も一緒に土俵上へ上がるようになったのは、1869(明治2)年のさてこの2名の力士は、いったいどのように選ばれているのでしょうか?横綱土俵入りで露払い・太刀持ちを務める力士は、原則としてただし、同じ部屋の力士同士はもともと本場所で対戦することは優勝決定戦以外ありませんが、同門の場合は取組が組まれることがあり、また 横綱土俵入りの際、横綱と共に土俵に上がっているのが太刀持ちと露払いです。しかし、その役割はイマイチよく分かりませんし、たまに別の力士に代わっていることもありますよね?太刀持ちと露払いは、土俵入りの時の順番が決まっています。「露払い(前)、横綱、太刀持ち(後ろ)」の順番で入場しますが、一番前には行司がいます。太刀持ちが持っているのは、真剣ではなく竹を削って作った竹光ですが、それでも重さは1kg前後はあるため、それを持ち続けるだけでも大変なようです。ちなみに大名行列の先導役や、祭で御神輿を先導するのも露払いと呼ばれることがあります。土俵入りが終わって退場する時も、「露払い(前)、横綱、太刀持ち(後ろ)」の順番ですが、今度は行司が一番後ろとなります。太刀持ちのほうが露払いよりも地位が上なので、太刀持ちのほうが上の番付の力士が務めますが、今場所(2017年3月場所)の4横綱の太刀持ちと露払いの番付も、そのようになっています。また、やはり足りない場合は同じ一門の力士を借りているようです。ちなみに太刀持ちと露払いの力士は大銀杏が結えることも条件となりますので、スピード出世で昇進した力士の場合は、大銀杏が結えるようになるまで太刀持ちも露払いも務めることはできません。大相撲では同じ部屋の力士同士の対戦はありませんが、同じ一門の力士同士の対戦はあります。松鳳山は今場所東前頭3枚目ということで、稀勢の里との対戦も予想されますので、もう一度別の力士が露払いを務めることになりそうですね。白鵬と大栄翔は番付が離れているので対戦はなさそうですが、大栄翔と石浦は対戦が組まれるはずですので、その日は大栄翔の代わりに別の力士が務めるでしょう。鶴竜・勢・蒼国来の3力士は全員別の部屋で番付も近いため、直接対決もありそうなので何度か代わることが予想されます。日馬富士は大翔丸とは番付が離れていますし、宝富士と大翔丸も番付が離れていますので、日馬富士だけは、今場所は唯一太刀持ちも露払いも同じ2人が務めることになりそうです。今回は太刀持ちと露払いの意味(役割)と決め方について解説してきました。横綱は引退するまで土俵入りを続けますが、太刀持ちと露払いは関脇以下の幕内力士が行うため、その場所によっても代わることが多いものです。太刀持ちと露払いを務めることも力士にとっては名誉な事ですので、横綱土俵入りの際には、ぜひ横綱の両隣にいる2人の力士にも注目してみてくださいね。ちなみに横綱の土俵入りには2つの型がありますが、その違いはこちらで解説しています。 横綱土俵入りの際、露払いと太刀持ちが必ずいますが、 それらはどのようにして選ばれるのですか? まさか横綱の好み? あと私の記憶では、白鵬の土俵入りの際、 太刀持ち安美錦、露払い旭天鵬だったのですが、 先場所あたりでは両者が入れ替わり、