池田エライザ 歌 カモナマイハウス
江利チエミの「家へおいでよ」動画視聴ページです。歌詞と動画を見ることができます。(歌いだし)Come on-a my house my 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。 8曲目「カモナマイハウス」 (江利チエミ) 池田エライザ 9曲目「指切り」 (大瀧詠一) 田島貴男(original love) 10曲目「四季と歌」 田島貴男(original love) リリー 「順調に収録は押しております … for freedom池田エライザはモデル・女優として活動している一方で、その歌唱力の高さも有名です。これまでテレビで何度かその歌声を披露していますが、美声すぎて歌手も顔負けのほどなんです。なぜ池田エライザは歌が上手いのか?その理由を探るとともに、誰もが聴き入るような池田エライザの歌声もお伝えします。Contents  池田エライザはモデルとして芸能界デビューし、女優としての演技も好評です。池田エライザのプロフィールはこちら。池田エライザはフィリピンで生まれて、福岡県で育ちました。2009年に開催された第13回ニコラモデルオーディションで見事グランプリを獲得したことで、池田エライザの芸能活動がスタートしました。2009年からモデルとして活動している頃から女優のオーディションに受け続けていましたが、ついに2011年「高校デビュー」で映画初出演を果たし、2015年の映画「みんな!エスパーだよ!」でヒロインに抜擢されました。池田エライザは「賭ケグルイ」シリーズや「貞子」など女優としても確実に知名度を上げているモデルさんだといえます。自由なのはお互いですね。笑— 池田 エライザ (@elaiza_ikd) また注目されているのが池田エライザの歌唱力の高さです。池田エライザが自宅で歌っている動画なのですが、プライベートで歌っているには勿体ないくらいの歌の上手さですよね。「池田エライザの歌が凄く良い」「歌が上手いとか意外!」「ビジュアルも美人で歌も上手いとか凄すぎる!」など池田エライザの歌声には反響がかなり大きいです。池田エライザはその歌唱力の高さが認められ、歌を披露する機会も増えてきているので、その動画を少しご紹介したいと思います。  池田エライザは歌手としてデビューしているわけではないのですが、これまでに歌番組や出演した作品の中でその美しい歌声を披露しています。まずは久保田早紀によって歌われた昭和の名曲「異邦人」をカバーした池田エライザ。2018年の音楽番組「The Covers(カバーズ)」で放送されました。池田エライザの歌妻すぎない?— aynnst@私は永遠の西野家❤︎ (@aynnst) うっとりと聴き入ってしまうような深みのある池田エライザの歌声が「異邦人」にとっても合っていますね。池田エライザがお気に入りの昭和の名曲だそうですよ。auの人気CM”三太郎シリーズ”に親指姫として出演した池田エライザは、シリーズ始まって以来のミュージカル形式のCMでヒロインを演じました。全く物怖じすることのない堂々とした演技に加えて、優しいしっとりとした歌声が最高でした。あの歌って踊れる女性は誰?と思った人も多いのではないでしょうか?また池田エライザがテレビ東京のドラマ「デザイナー渋井直人の休日」に出演した際には、シンガーソングライターの夢子を演じました。どこか阿部真央を思わせるような力強さのある歌声ですね。英語も流暢ですし、ギターを弾きながら歌う姿は歌手顔負けですよね。これだけ歌えて池田エライザはモデル出身というのですから驚きですね。 こちらも昭和の名曲「恍惚のブルース」を歌ったときの池田エライザです。「恍惚のブルース」を知らない若い世代も、この池田エライザの歌の上手さは伝わるのではないかと思います。50年前のこんな艶めかしい歌を哀しみを漂わせながら色っぽく歌う22歳の池田エライザ…アダルティーすぎるでしょ… — 深田 (@dafukasho) 本当にまだ20代とは思えないほどの色気がありますね。わたしの中でのとっておきの池田エライザは、これまた「The Covers」で放送された「カモンナ・マイ・ハウス」舞台の端から端までを堂々と歩きながら歌う池田エライザは、さすがとしか言いようがありません。池田エライザちゃんのカモナマイハウスめっちゃ色気と中毒性あるし、何よりこの時のミヤジがめちゃくちゃかわいい、、 — K (@ks_mgm)   実は池田エライザがこれだけ歌が上手い理由は、池田エライザのDNAに秘密があるようです。池田エライザの母親はフィリピン人ですが、地元フィリピンでは歌手として活動していました。しかもかなり有名だったという噂があります。池田エライザの母親の若い頃の画像ですが、とっても美人ですよね。池田エライザの母親の名前はエリザベスさんというようですね。池田エライザの母親エリザベスさんの歌声を見つけることはできませんでしたが、母親が歌手である遺伝子を持つ池田エライザは歌が上手いというのは納得です。ちなみにエリザベスさんの現在の画像も中々イケていますよね。スタイルも抜群ですし、綺麗でステキです。  また池田エライザが歌が上手い理由に、幼い頃から音楽に触れて育ってきたという育った環境も影響しているといえます。やはりお母さんが歌手だったということは、子供の子育てをする上でも、子供に音楽を触れさせる機会が多くなる傾向があるのかもしれません。後で説明しますが、池田エライザは自宅に何本もギターのコレクションがあるようですし、歌うだけではなく、楽器と触れ合う機会も多かったのかもしれませんね。そのような成長の過程が池田エライザの現在のような歌の上手さに繋がっているのではないでしょうか。  池田エライザはお母さんからの歌の上手いDNAを受け継いでいることや幼い頃から音楽に触れて育ってきたために、歌が上手いということがわかりましたが、指導なしで、今のような歌の上手さがあるんでしょうか。プロの歌手でも、日々のボイストレーニングを欠かさなかったり、筋トレや独自の声帯維持法などを実践していると聞きます。池田エライザが歌声を維持するために行っているトレーニングについてはまだ明らかになっていませんが、あれだけ歌唱力が評価されているわけですから、池田エライザにも歌い方などを指導してくれるコーチなどもいるのかもしれませんね。  池田エライザはギターで弾き語りをする姿を、自身のツイッターで披露しています。音楽プロデューサーが池田エライザの自宅にはいくつかのギターコレクションもあるようです。池田エライザが愛用しているというギターを少しご紹介します。まずはこれは池田エライザのコメディアンをしていた祖父から貰ったギターだそうです。あの松山千春が愛用しているということでも知られている有名なギターですね。 また値段は約25万円するようですが、女性でも持ちやすいサイズ感が魅力のようです。 そして約50万円する これだけギターコレクションがある池田エライザですから、幼い頃の音楽が好きは本当なのですね。  以前から池田エライザの歌声に魅力を感じていた米津玄師は、いつかコラボレーションできたらいいなと思っていたようです。そしてついに実現したのが米津玄師の「BOOTLEG」というアルバムの中の「fogbound」という楽曲です。あの米津玄師も、池田エライザの歌声が曲に完璧にマッチングしていると絶賛していました。米津玄師とコラボレーションできる池田エライザは、その歌声は本物というわけですね。ただそんな池田エライザはまだ公式に歌手デビューしているわけではありません。歌手デビューしたいかどうかについて聞かれた池田エライザはと答えています。池田エライザは音楽が本当に好きなんだという気持ちが強く伝わってきますね。池田エライザのいちファンとしては、わざわざ歌手デビューというわけではなくても、池田エライザ自身が音楽といい距離を保ちながら、彼女らしい音楽活動を続けてもらえたら嬉しいなと思いました。池田エライザの歌が上手いという話題についてお伝えしました。池田エライザの歌が上手い理由は、母親からの遺伝と、幼い頃から音楽に触れ合って育ってきた環境というのが大きいように思います。それにしても池田エライザの歌の上手さは並大抵レベルではありませんね。モデル、女優そして歌手としても活躍の場を広げている池田エライザのこれからの活躍も楽しみです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 そして、池田エライザちゃんが歌に挑戦するきっかけを作った『恩人』ということで、エライザちゃんが『カモナマイハウス』を歌う間、舞台に座らされた宮本さん、絶体絶命(笑)エライザちゃんは、"I'll give you everything.