笑点 大喜利 司会
最初の賞品は「番組初期の賞品に関するデータはほとんど残っていない。これは、当時は司会者の思いつきで賞品を決めてその場で渡したり、ロケでも上記のように写真しか残していなかった事情による。 『番組で使われる座布団の大きさが本家のものより一回り小さい(笑点グッズの一つとして販売されている座布団カバーと同じ位の大きさ)。また、用意された座布団も少ない独自のルールとして、獲得した座布団の枚数が一番少ないメンバーは次回の大喜利に出演できない(メンバー入れ替え制)。また、それぞれ獲得した座布団は毎回1枚にリセットされる。座布団0枚の状態で座布団剥奪に相当する答えを出すと、1歩あとずさりさせられる(2005年(平成17年)地方収録では特別ルールとして、地方収録2回目時点で座布団枚数が一番多かったメンバーには「豪華賞品」が贈られ、そのメンバーは次回お休みとなる(事実上出演権を剥奪される訳ではない)。 大筋は創設者であるアトラクションとしての大喜利は昔からあり、寄席でも存在し、テレビでも行われていた。駄目な答えのペナルティとして、あたかも司会者が3問獲得した座布団は一部の回を除き、次回に持ち越して引き継がれる。 ♪チャッチャラ ンチャララ チャッチャッ♪と聴いて知らない人はいないくらい、日本の看板番組である「笑点」は2016年で放送開始から50年を迎えた大長寿番組です。そこでここでは座布団10枚達成の歴史とその時に貰える豪華賞品について、紐解いてみたいと思います。もくじ1966年(昭和41年)5月からスタートした笑点。そんなでしかしながら当時の番組には香港に行く予算などなかったのですが、たまたまその話を聞いた船会社から香港までの船のチケット2名分を番組に提供していただき(50年前ですのでかなり高額だったと思われます。)そのおかげで、晴れてお二人は10日間の香港の船旅を楽しんだそうです。座布団10枚達成者が出るのは座布団10枚達成者が出るのは賞品は「煮込みうどん」、賞品は1000円札三枚の合計3000円、賞品は「タイの石」でした。この年大ブレイクのレイザーラモンHGの衣装に着替えさせられるという賞品でした。ジブリの名作の一つの耳をすませばに因んで、この回の商品は獲得したものすごい賞品とは・・・同年行われていた「汐博」のアトラクション「幸せを呼ぶ歌丸スライダー」の一部分である桂歌丸師匠の巨大な人形でした。この時の商品はスケールが大きいです。日本テレビの社員食堂のメニューが“死ぬまで無料”で食べられるというカードを贈呈されました。と、このように、それでも座布団10枚目指して、毎週奮闘する落語家さん、面白さを引き出し続けている歴代のそうそうたる司会者の方々。これからも長く、永く続けていってほしい、日本の誇りでもある番組ですね。笑点を観覧してみたい。応募の方法とまさかの秘策を大公開!©Copyright2020 4代目司会者である三遊亭圓楽さんは、初めて大喜利メンバーから司会者に上がった人物です。 『笑点』が始まった初代メンバーとして大喜利に参加していた三遊亭圓楽さんですが、 三波伸介さんの急死がきっかけで1983年1月9日から臨時司会者として進行 していきます。 笑点ではメンバー交代があると席替えが行われるが、メンバー自身の希望やスタッフの判断により席替えをすることもある。最近では、大喜利メンバーが代理司会を務める場合は、以前は代理司会者の定位置を詰めて行っていたが、2014年5月以降は定位置を空席にした状態(前回まで獲得した座布団のみが積まれている状態)で行われている。 メニューサイドバー 前へ 次へ 検索日曜の夕方といえばちびまる子ちゃんやサザエさんの前に放送されている笑点は名前の通りいつも笑いを届けてくれる番組です。そんな中でもやはり一番の目玉は笑点メンバーの皆さんによる大喜利ではないでしょうか?司会者がお題を出してメンバーが面白い回答を出して楽しむものです。しかし、その大喜利などが実は台本があってそれを裏で作家さんが考えているというのです。詳しく調べてみました!目次まず笑点メンバー皆さんをザっと紹介しましょう。まず司会を務めている彼は2006年5月14日から出演していて、2016年5月29日に司会に就任されました。 1969年11月9日から出演されていまして、一度、療養のため休演(2014年7月27日から10月12日の間)されていたりします。 1988年4月3日から現在まで出演されていますが、今のレギュラーになる前に1973年に布団運びとしても出演されていたのだとか! 1983年10月16日か出演されていて、彼もレギュラー前に1982年10月17日にゲスト園芸として出たみたいです。 1977年8月28日から現在まで出演されていますが、2019年8月18日から9月15日のついこの前まで脳腫瘍による入院にで休まれていました。 2004年12月26日から出演されていて、2016年8月28日の24時間テレビのマラソンランナーに選ばれていました。 2016年5月29日から出演されていて、メンバーの中では最も若手ですね。 1984年10月7日から出演していて、皆さんご存じの布団運びの方です。笑点の大喜利。この大喜利に実は台本があったのはちょっと驚きでよね。テレビである以上は多少はいろんな番組を見ていて、「あ!これはやらせくさいな」と、思う方も確かにいるかもしれません。ですが、お笑いや人を楽しませることをその場で考えてやる大喜利が台本ありだとちょっと残念です。ちなみに、この笑点の大喜利に台本があると話題になったのは少し前ですが、その前からも「大喜利に台本がある」と言ってる方がいたようです。それは落語家である3代目柳家権太楼さんという方の様。この方は1970年から活動をしている落語家さんなのですが、そんなベテランの方が言っていたということはやはり大喜利台本説は有力なのでしょうか?そもそもこの笑点の大喜利に台本があるとした場合に、一体どのようにして台本が作られているのか?ということになりますよね?噂では笑点の番組スタッフや作家さんなどの裏方さんが考えて、笑点番組内の大喜利でメンバーに答えさせているのではないか?ということです。まあ確かに、番組以上は何のプランもなく笑点を放送するわけにはいかないので、打ち合わせをして、それこそ司会進行などは台本が必要であると思うので笑点メンバーと話し合いをして大喜利のお題を決めたりなどは行うでしょう。実際に笑点の初代司会者の立川談志さんがとおっしゃっていたので少なくとも台本はあるのでしょう。この笑点の大喜利の台本の有無と、それの作成をしているであろう作家の事について笑点メンバーは、春風亭昇太さんは真相を尋ねたところ「僕からは何もいえません!」とノーコメントのようで、三遊亭円楽さんは作家のことについて、「そんなことはありません。ほかの番組と同じように作家は存在します。ただし、彼らの仕事は大喜利のお題決めです。師匠たちの回答内容まで決めているわけではありませんよ」と台本はあり作家さんもいるとのことでした。笑点の大喜利には台本はあるけど答えまではやはり決めてないってことですかね?ちなみに番組の関係者に聞いたところ、「嘘と言い切れない部分もあります。どういうことかと言えば、『笑点』の収録前に師匠たちと作家やディレクターが打ち合わせを行うんですが、この時に例題として回答案を見せたり話したりすることもあるんです。これをそのまま話す師匠もいるので、ある意味作家が一部考えているとも言えます」と言っていたそう。この笑点大喜利台本説に対してビートたけしさんが以前批判していたようで、「いろんな答えを作って(笑点の作家さんが)、どれを誰に答えさせるかまで裏方が考えるってやり方。(立川)談志さんなんか、それが嫌で辞めたんだから」と、笑点初代司会者の立川談志さんのことも語っていたそう。実際にお笑い芸人の方と落語家の方々は少し違う部分もありますが、バラエティー番組などで面白いトークをアドリブで展開していってる方々からすれば、台本ありきで笑いを取る笑点の大喜利があまり良く思えないのかもしれないですね。では台本があるのは確定の様だが、大喜利の展開がすべて台本通りのものなのか?答えまですべてが台本通りであるのなら、さすがにそうでもないみたい。笑点の番組制作関係者によると、「1人あたり10~20問を持ち寄って使うお題を決め、そして翌週の会議までにそのお題の“回答例”を考えてくる。各メンバーのパーソナリティーに合わせて振り分ける。そうしてできた内容は収録の直前に伝えられます」というのです。ですが、あくまで回答例であって全てがそれ通りであるわけではないみたいで、特にまあ確かに、笑点の大喜利の時によくあるのがメンバー同士でいじり合うのがありますが、あれはアドリブでしか生まれないような雰囲気ですし、何よ笑点メンバーにツッコミや返答をする司会者が一番アドリブ力が必要ですよね。 というわけで!ということについていろいろ書きましたが、結果はまあ、少し仕組まれた大喜利って感じでしょうか?余談ですがこんだけいろいろ書いてあれですが、私は日曜日の夕方は憂鬱になるのであんまり笑点見ないです(笑) それでは!みなさん大好きふなっしー!(ということにしておくw) 一時期とても人気(今も人気 ...今超人気となったバンドMY FIRST STORYこと マイファス! そんなマイ ...はい!どうも! King Gnuでーす。(´-ω-`) ・・・・ ごめんなさい! ...TWICEのリーダーであるジヒョさんとカン・ダニエルさんが交際していたという事実 ...  みさんはマッチョって好きですか? 唐突に変な質問をしましたが、 ね ...まだ、コメントがありませんCopyright © WordPress Luxeritas Theme is provided by " 以下に、座布団10枚の達成者と達成年月日、キーワードと実際の賞品を紹介する。 本項では、初代司会の大喜利開始の際に司会者は「皆様方のご挨拶からどうぞ」と言い、続いて大喜利メンバーによる20 - 30秒ほどの短めの挨拶(小遊三→好楽…の順)となる。この時にメンバーが出演するごく稀に大喜利の最中に不自然な座布団の増減が見られる時があるが、これは時間調節や最後の問題(大概は3問目)が終わったら司会者が締めの言葉を述べ、出演者全員が客席に向かって一礼する姿が映し出されて大喜利は終了する。