笑 点 紫 なんJ
2020/07/19 ・放送内容(第2720回) を更新しました! 2020/06/30 ・出演者スケジュール を更新しました! 2014/04/28 ・サイトリニューアルしました! 表示される番組スタッフは、題字、テーマ音楽担当、オープニングアニメ制作者、企画立案、制作協力、ディレクター、プロデューサー、制作担当などである。 (なんか文字化けしてますが一応リンクされてると思います) 紫燿くん、見事に1位! おめでとうございます (パチパチ) 2位は伊藤健太郎くん、3位は成田凌くんで確かに何となく今イマドキな感じ。 世代別では20代、30代で1位。 40代、50代で2位ですって~♪ 新春特番自体は開始当初から行われており、放送枠はこの時より当日が日曜日であるか無いかに関係なく、元日の夕方に固定していた。特番タイトルは年によって異なるが、1990年代まではゲストを招いた大喜利とメンバーの初春口上のみ放送していたが、90年代末期に入るとロケ企画や演芸コーナーも盛り込まれるようになる2011年(平成23年)5月6日に『大喜利メンバーと桂歌丸が2017年(平成29年)より5代目司会者でもあった桂歌丸の逝去に伴う追悼特番。2018年(平成30年)7月8日は、内容を変更し「桂歌丸師匠 ありがとうスペシャル」(17:30-18:00、第2620回)を放送前半は歌丸が出演した過去の大喜利の映像を出演者全員で振り返り、後半はメンバー全員による追悼大喜利を放送した2018年(平成30年)7月12日(木曜日)19:00 - 20:54に生放送された特別番組。司会の2018年(平成30年)7月28日放送『※また地方収録の時はその地域の系列局の技術スタッフ、ディレクター、プロデューサーが携わることがある。なおかつては地方収録時は日本テレビとその地域の系列局が共同で製作・著作していたが、現在はその地域の系列局は制作協力扱いとなっている。 座布団運びは番組内では、若手の落語家がアシスタントとして座布団運びの手伝いをしたり、収録前の前説を行っている。そのほとんどが大喜利メンバー(あるいは元大喜利メンバー)の弟子。アシスタント経験者の中には、愛楽のようにアシスタントと並行して若手大喜利のメンバーとして出演していた者もおり、6代目円楽(当時:楽太郎)はアシスタントとして番組に登場した後、正規の大喜利メンバーに登用されている。


連日 マスクの話題で失礼します(笑) 職場が蒸し暑いため涼しいマスクがほんとに必要なもので 昨日、友達とのlineでユニクロに朝から並んだのにマスク買えなか… ほか多数 大喜利では座布団が一番多かったメンバーには栄誉(拍手)が送られるルールがあった時期もあるが、歌丸司会期以降は通常の放送と同様にメンバーの解答が済み、時間が来たところで司会が締めの挨拶をして武道館に呼びかける形式になっている。開始当初は「座布団1枚につき1万円を募金」という特別ルールがあり、当時の司会者5代目圓楽が募金をさせるためにつまらない答えでも座布団を減らされることなく大盤振る舞いし、メンバーが募金を嫌がるというやりとりが見られた。しかし、これを見た視聴者から苦情や非難が殺到したため2005年(平成17年)以降はその年のパーソナリティーらが出演する場合もある。 毎週日曜夕方5時30分放送・・・サイトリニューアルしました! 初の地方収録はまた、かつて1997年(平成9年)以降の地方収録は以下の通り。近年はもっぱら、日本テレビの系列局の開局○周年記念として行われている(市制○周年記念などがプラスされるパターンもある)。歌丸時代末期からは放送内での会場名が紹介されなくなり、ただ単に都道府県と市町村の名前のみが紹介されている。 i‰Æ“dj–ž‘«“x5–ž‘«“x5–ž‘«“x5–ž‘«“x5–ž‘«“x5 1988年(昭和63年)から『通常の放送と同様に演芸と大喜利3問で構成されているが、大喜利メンバーの挨拶はコーナー冒頭で行われ、大喜利の1問目と2問目の間にCMが挿入されたりするなど、一部の構成が異なる。初期は放送時間は不定で、メンバーの挨拶→CM→大喜利1問という短さで構成されていた。2005年から現在の構成となる。 ƒNƒ`ƒRƒ~ƒgƒsƒbƒNƒXÅ“K‚Ȑ»•i‘I‚Ñ‚ðƒTƒ|[ƒgI[ƒXƒs[ƒJ[]‰¿Ši.comƒ}ƒKƒWƒ“’Žœ‚¯EŽE’ŽÜE–h’ŽÜƒfƒWƒ^ƒ‹ˆêŠáƒJƒƒ‰ƒfƒWƒ^ƒ‹ƒI[ƒfƒBƒIƒvƒŒ[ƒ„[(DAP) 松点がイラスト付きでわかる! コラボネタ 概要 六つ子>六つ子(おそ松くん)たちが大喜利をしている画像に付けられる。 「笑点」と、「おそ松くん」第1作目はどちらも1966年放送開始という共通点があり、2016年に50周年を迎える。 【注】公式ではコラボしていません。 「紫から点取るのは至難のワザ」言うてるくらいやから中学時代でも紫にはある程度苦戦してたはずやしな キセキ同士の戦いを禁止されててもあれだけ荒れてた青峰がそのルールだけはしっかり守るのも意 … 系列は現在の系列。◎は日本テレビ系新局開局やネットチェンジにより終了した局。 去年放送したお笑い特番で、一度観ただけですが笑わして頂きました! 番組黎明期から開催されているバラエティ大喜利で、女性芸能人(このコーナーには新春スペシャルで年1回行われ、笑点メンバーと1977年(昭和52年)の新春スペシャルが初開催。当初は笑点メンバーは全員黒紋付袴で登場していたが、2003年(平成15年)から笑点メンバーは笑点の色紋付で登場している。上方メンバーは2006年まで黒紋付袴を継続していたが、2007年(平成19年)からは色紋付袴を着るメンバーが出てきた。 1967年、ジャケットには「連続TVドラマ「笑点」主題歌」と記載されているが、発売1年前の1966年には「笑点」の名前の由来である「氷点」の連続テレビドラマが放映されていた。 1969年(昭和44年)11月に談志が司会を降板した後、新テーマ曲として「笑点のテーマ」が導入された。 1988年と1989年は日本武道館からの生放送(2分間のCMの間にセットを組んだという)、1990年から1994年は1998年(平成10年)から2007年(平成19年)までの1月2日に2006年(平成18年)から2008年(平成20年)までの1月1日に新春スペシャルとして、生放送(一部は事前収録)で『桂歌丸を司会に落語「また、その翌週の2009年(平成21年)11月8日には急遽予定を変更して「ありがとう円楽さん!笑点メンバーお別れ会」が放送された。 上方メンバーは、一門別では過去の笑点メンバーが他の日本テレビ系番組の出演者や番組のオープニングではテーマ曲をBGMに、その放送回の出演者(レギュラー出演者とゲスト出演者)と、番組スタッフの紹介のあと、最後に制作クレジット(「日本テレビ」と公開収録したテレビ局名)が表示される。

B‘ž”ԍ†F18058707‚±‚̃XƒŒƒbƒh‚ɏ‘‚«ž‚Ü‚ê‚Ä‚¢‚éƒL[ƒ[ƒhuƒXƒs[ƒJ[v‚̐V’…ƒNƒ`ƒRƒ~

2018年8月5日放送分以降は、歌丸に代わって番組司会の昇太が進行を担当しているが、2019年2月10日・17日放送分以降、不定期に6代目円楽が進行を務めることもある。 番組放送当初はテーマ曲はなかったが、1967年(昭和42年)1月29日の放送回からオープニング曲が使用された。

地方収録やその年の最後に「三本締め」で幕締めすることが恒例中の恒例であったが、近年の放送内では行われなくなっており、前述の披露口上の締めでのみ行われている。なお、年内最後の収録終了後には現在でも舞台の前方に笑点メンバーが並んで三本締めが行われている「演芸」や正月特番などでは、特別企画として以下の大喜利が放送される。 当ブログでは、2ちゃんねる・おーぷん2ちゃんねる・ツイッター等より管理人が面白いと感じた物や気になったスレを紹介したりしています。【朗報】(ヽ´ん`)「いじめられっ子だったけど同窓会にベンツで乱入した」今の高スペックゲーム機で作り直したら絶対面白くなるやつwwwwwwwww北朝鮮の戦闘機がダサすぎると話題にwwwwwwwwww【悲報】ワイの車、納車5日目にして傷付けられるwwwwwwwwwww【悲報】日本語、ちょうどよい感じの二人称がないwwwwwwwwww転職民ワイ「よっしゃ!面接手応えありや!」会社「あの」カルピスのパッケージ、めっちゃオシャレになるwwwwwwwwwww女性が結婚相手に求める年収、最低400万円が話題にwwwwwwww奨学金借りた学生「まさか奨学金に返済義務があるとは思わなかった」←これwwwww..【悲報】社畜が平日に使える自由時間、わずか『8時間』しかない模様…………………….. V»•iƒjƒ…[ƒX HeadlineXV“úF[ƒfƒWƒ^ƒ‹ˆêŠáƒJƒƒ‰][ƒvƒ‰ƒ‚ƒfƒ‹][Ž©“®ŽÔi–{‘́j][ƒQ[ƒ€Žü•Ó‹@Ší][ƒEƒFƒAƒ‰ƒuƒ‹’[––EƒXƒ}[ƒgƒEƒHƒbƒ`] 若手落語家による大喜利。1967年(昭和42年)10月8日に初開催されて以降、不定期に番組の演芸の時間帯に放送される。1967年当時の若手メンバーは、柳家さん治(現:1970年代から1990年代の若手メンバーには、古今亭朝次(現:7代目桂才賀)・桂歌はち(現:1990年代前半を最後にしばらくは行われなかったが、1998年(平成10年)7月に「2003年10月12日に司会の昇太と若手メンバーが出演する兄弟番組『笑点Jr.(放送開始当初は『BS笑点』)』が放送開始されて以降、『笑点』本編での若手大喜利は2004年(平成16年)12月26日を最後に長らく行われなくなったが、『笑点Jr.』が2011年(平成23年)3月13日で放送終了となったため、2011年(平成23年)6月5日2013年春から開催の場を『若手大喜利出身のメンバーは、栄橋・小きん(つば女)・木久蔵(木久扇)・朝次(7代目才賀)・昇太・たい平である。 三遊亭笑遊 (5代目三遊亭圓遊) 1969年11月9日 - 1970年6月14日 第171回 - 第202回 3代目座布団運び。 北海道収録の回(1970年2月8日)は戸塚睦夫の補佐役に廻る。 三笑亭夢八 (初代三笑亭夢丸) 1969年11月9日 - 1970年6月14日 第171回 - 第202回 3代目座布団運び。