親 過干渉 スレ

息子が家を出た暁には、日本に入り浸って、温泉・グルメ・カラオケ三昧する予定(夫はどうするんだ・・・ )今、息子を厳しく育てているのは、親が居なくたって、立派に生きて行けるようにするためだし . 一覧はこちら 〉© SEKAISHA,Inc. 初めて知った「過干渉・過保護な親」の英単語。 子供への「過干渉」な教育がもたらす弊害、過保護と過干渉の違い、過干渉な親の共通項目、適切な子育ての方法などについて解説します。ぜひ、日ごろの子育てを振り返る機会にしてください。 過干渉が子供に与える影響 子供の主体性を阻害する 結婚して3年になる30代夫婦・子無しです。夫の両親は私共とは近距離ですが別に暮らしており、 何かと過干渉でずっと悩んできました。そして昨日その事で喧嘩となりました。 義両親とは月1・2のペースで食事をしたり会ったりしていま 目次一人っ子の場合、一緒に過ごす時間の長い母親との距離が近くなり、過保護や過干渉になりやすそうですよね。私達の私達の経験とこれからの息子の子育ての為にも一人っ子の親の特徴について調べてみました。一人っ子の場合、一緒に過ごす時間の長い母親との距離が近くなり、過保護や過干渉になり易いようです。    多くの親は、過保護や過干渉である自覚がないそうです・・。「子供のためを思っている」「子供が心配だから」と。でも実際は、子供の為ではなく親の為という事も多いようです。 子どもの望む望まないにかかわらず、過保護とは異なり、子どもが「それイヤだ」と言っても聞き入れないのが過干渉な親の特徴です。兄弟姉妹がいたら一人だけに構っている事は出来ず、親の意識は分散されます。上の子の学校や習い事等の事情で、一人で留守番をしたりする機会も早くに与えられたりして、一人っ子は親と一緒にいる時間も少なくなる場合もありますよね。しかし、一人っ子だと親の目は常にその子に向けられています。 過干渉な親に育てられた子どもはなどの問題を抱えがちだと言われています。 過干渉は、子どもの人格をも否定してしまう事もあり、子どもは「誰かがやってくれるだろう」と考え、自分で何とかしようという気持ちが育ちません。そして、無気力になり、自立できず、社会の中で生きていくのが大変になる傾向もあるようです。  私は長子ですが、私に一番手がかかったので、妹弟はほったらかしで、母親は何処に行く時もいつも私と一緒でした。反対に、主人は末っ子なので、義母は主人を「ほったらかして育てた」と言っています。   「子どもの望むことをやってあげる」のが過保護ですよね。可愛さ余ってもう必要がないのにやり続けてしまったり、失敗させたくないあまり先回りして親が原因を取り除いてしまったりすると、子どもの心身の自立を妨げる場合もあります。 過保護な親に育てられると「転ばぬ先の杖」を用意しすぎると、転ぶことを知らない子どもに育ってしまう為、に育つとも言われています。一人っ子は、兄弟・姉妹がいる子に比べると、人間関係を築く機会が少ないので、気を付けないといけないですね。 ネットでも一人っ子の親って過保護の人が多くないですか?とヤフー知恵袋に書かれていました(笑 親も子も兄弟喧嘩を見慣れていないためちょっとしたトラブルも大袈裟に捕らえてしまいがちなんでしょうね。あらゆる面で視野が狭くなりがちなので、どうしてもモンスターになりやすかったり、周りから見たら「えっ・・・」っていうぐらい度を越したりするのかもしれません。 実際私も親に「息子を甘やかしすぎ」と言われました。初めての子なんでついつい甘やかしてしまうんですよね・・。   しかし、ネットには一人っ子だから、過保護に育てられてわがまま、というのは、勘違いである。子供が一人であっても二人であっても、手のかけ方は変わらない。過保護な親は、一人でも二人でも甘やかして育てがち。一人っ子の親だけが過保護なわけでわない。と書かれてもいました(笑 過保護な親や子供の人数に関わらず心配性で過保護気味になってしまうのかもしれませんね(#^.^#) 一人っ子の場合、親子で家に引きこもっていると、過保護・過干渉になりやすいので、意識的に外へ出ることも大事でしょうね。小さい頃から、子育て支援センターや図書館等に行って読み聞かせ会などに参加すれば、兄弟姉妹がいるママとコミュニケーションが取れたり、子供もコミュニケーション力が付いて一石二鳥ですね(^_-)-☆また、祖父母やベビーシッターに一時的に子どもを預けたり、子どもだけが集まるサマーキャンプに参加させたりして、親子が離れる経験を意識的に増やすと、子供ものびのび自由に育つかもしれませんね(#^.^#)    一人っ子という家庭環境で育った人はマイペースという特徴があります。マイペースとわがままはセットになっているというのはあるあるな話しですが、単なるマイペースであれば、他人の意見などに流されたりしないように、自分のペースを守ろうとしてる場合もありますよね。なので、マイペースは常に悪いこととは限りません。 一人っ子という家庭環境で育った人は大人と接する機会が多いですよね。両親以外に祖父母や、親戚など大人と話すことが多くなります。小さい時から年上の人と話すことに慣れているので、大人になってからも目上の人と話す時も上手くコミュニケーションが取れる傾向があります。 これは、私の姪っ子にも言える事で、弟と10歳離れています。一人っ子の時間が長かったので、お菓子を分ける事や取り合う事をしてこなかったので「優しい」なと感じる事があります。  学校や仕事では常に誰かと競争することになりますよね。学校の部活や、大人になるまでの生活などでも競争心を養うことはできますが、小さな子供の頃から、家庭環境という24時間に近い状態で取り合いによって競争心を育てた人にはかないません。ですので、一人っ子は土壇場になって、一歩及ばなかったり、競争に対して出遅れてしまう傾向があるようです。   一人っ子として育ったからこそ見られる特徴の1つですね(笑一人っ子はマイペースの人が多いですが、マイペースということは、自分で使う時間をコントロールができるということです。小さい時から家で一人で遊ぶことに慣れると、時間のコントロールを自分で出来るようになります。大人になると、時間のコントロールは仕事や勉強のペース配分に置き換わります。自分のペースで物事を勧めれる一人が好きという傾向があるんでしょうね。 基本的に一人っ子は両親から愛されて育つといわれています。たった一人の子供ですから、夫婦にとっても大切な存在ですもんね。両親から十分すぎる愛情を与られていますから、甘え上手に育つ傾向が強く出ます。一人っ子は大人が多い環境にもなるので、自分はどういった態度をとれば、自分にとって良い事が起こるのかを、日々の生活の中から理解していきます。特に年上の人に甘え上手な傾向にあるようですよ(#^.^#) 小さい頃から自分の好きなように遊び、一人で時間を過ごす事に慣れている一人っ子は、周りのペースに合わせたり、色んな価値観の人と集団で行動するのが苦手気味です。大勢の中で自分の意見を主張する事も苦手なため、一対一や少人数での付き合いを好む傾向があります。特に、部活や職場など、上下関係が強い場では上手くなじめない事が少なくありません。  いかがでしたか?しつけは親の価値観や考え方を押し付けているだけというケースもあるので注意が必要ですね。一人っ子と似たような特徴と考えられがちなのが「末っ子」なのですが、兄弟がいるのといないのとでは結構違いがあるようですよ。一人っ子の方と接する時に参考になると嬉しいです(^_-)-☆最後までお読み頂きありがとうございました。良かったらこちらもご覧ください↓
All Rights Reserved.
過保護な親や子供の人数に関わらず心配性で過保護気味になってしまうのかもしれませんね(#^.^#) 一人っ子の場合、親子で家に引きこもっていると、過保護・過干渉になりやすいので、意識的に外へ出ることも大事でしょうね。 子供への「過干渉」な教育がもたらす弊害、過保護と過干渉の違い、過干渉な親の共通項目、適切な子育ての方法などについて解説します。ぜひ、日ごろの子育てを振り返る機会にしてください。もくじ主体性とは、自ら考え行動することです。子供が自分で考えて行動する際に、親がいちいち口出しをすると、子供は思うように行動できなくなってしまいます。自分の意思による行動がすぐ否定されてしまうため、親の言うとおりにするようになるのです。それが行き過ぎると、ただ親の言うことだけを行うロボットのような子供になってしまうかもしれません。子供にとって、親の存在は絶対的なものです。親に褒められたいがために、親から求められれば自分の意思に反した行動であっても素直に受け止めてしまうのでしょう。子供への干渉が過ぎると、親は子供の生活を徹底的に管理してしまいます。着ていく服装や食事内容、勉強の進み具合、遊ぶ場所や友達まで、すべてにおいて子供を管理することは、言い換えれば束縛になります。束縛された子供は家庭に息苦しさを感じ、幼稚園や学校から帰宅することさえ気が重くなるようになります。もし自分の両親から束縛されたら、どんなふうに感じるでしょうか。過干渉な家庭では、まさに子供がこのような状況に陥っているかもしれません。親の価値基準で物事を判断して、それを子供に押しつけるような過干渉・束縛がずっと続いていくと、子供は自分の意思表示すらできなくなってしまいます。意見するたびに否定され、行動を制限され、強制的に選択を迫られると、意志表示をしても無駄だと思うようになります。やがては自分の意見を話すことをやめ、自分自身でどうしたいのか分からなくなってしまいます。ロボットのような子供を育てるのは、親の本望ではないはずです。しかし、まったく子供の自由にやらせてしまうと、それはそれで別の問題が生じます。では、どういった対策が必要になってくるのか、以下に詳述します。過保護と過干渉は違います。過保護とは、基本的に子供の望みをなんでも聞いてあげるものです。子供が欲しがるおもちゃがあればすぐに買い与え、食べたいものがあればそれを作ってあげ、行きたい場所には必ず連れて行ってあげる。一見、子供の望みが叶って幸せなように思うかもしれません。しかし、子供は「自分が言ったことはすべて叶う」と勘違いをしてわがままを言うようになり、自己中心的に育ってしまう恐れがあるのです。では、逆に子供の希望を聞かなければ良いかというとそうではありません。まずは、子供の「親から愛されたい」「お腹いっぱいになりたい」「欲しい物を手に入れたい」といった欲求を満たしてあげながら、子供の成長に合わせて、わがままをあえて断る機会を作ってはいかがでしょうか。一方の過干渉とは、どういった言動になるのでしょうか。前述したとおり、親がすべてを決めてしまう行動が過干渉にあたります。過保護が子供の欲求を叶え過ぎてしまうのに対して、過干渉とは、子供が望んでもいないことをやり過ぎてしまうことをいいます。過干渉になっている親の特徴をいくつかご紹介しましょう。子供が何か意見を言ったとしても、内容や理由をしっかりと聞かずに、否定的な反応をしてしまいます。しっかり耳を傾ければ、子供の意見が正しいこともあるでしょう。しかし、その可能性を考えず、頭ごなしに否定してしまうのです。会社で上司に対して自分の意見を伝えた際に、理由も聞かずに否定されたらどう感じるでしょうか。あまり良い気持ちにはならないでしょう。それと同じ気持ちを子供が抱いているかもしれません。最初にもお話ししましたが、子供の服装から遊びの内容、付き合う友達、時間の使い方、習い事、門限まであらゆる面で親が決めてしまうと過干渉になってしまいます。子供の将来を考え過ぎるがあまり、「あのお友達とは遊ばない方がいい」「このお友達なら習い事もしているから遊んでいい」といった親の都合で友達を選ばせてしまいかねません。すると、子供が本当は嫌だと感じていることを半強制的に取り組ませることになってしまいます。子供のころ、たいして好きでもないのにピアノや水泳、書道など、両親に言われるがまま嫌々やらされた経験はないでしょうか。親が管理し過ぎると、そういった事態にもなりかねませんので注意が必要です。親御さんにとって、子供は一番大切な存在です。その子供が将来立派な人生を歩んでくれるかは、最大の関心事になるでしょう。その思い自体は大切なものですが、変に助長されると思わぬ過干渉を招いてしまいかねません。その最たる例が、子供の進路です。子供の進学先について意見を出し、子供の希望ではなく親の希望で進路を決めてしまうというのはよくある話です。例えば、子供が文学部を希望しているにもかかわらず、将来の就職先や年収を考えて、医学部や看護学部などを勧めるということも起こってしまいます。子供の人生は、子供自身のものです。子供が納得のいく人生を歩むために、できる限り意見を尊重してあげましょう。過保護な親がするような「望みをなんでも叶えること」とは異なりますが、「子供が挑戦してできなかったことをなんでもしてあげること」も過干渉といえます。つまり、子供の着替えができない、片付けができない、勉強ができないといった事柄に対して、親が早々に手を差し伸べてしまうと、子供はいつまで経っても自分でできるようになりません。一時的にはうまくいきますが、何度も繰り返していると「自分で何もできない」子供に育ってしまいます。下記のような行動をとっていたら、過干渉な親になっているかもしれません。幼児期小学生中学生・高校生何項目当てはまったでしょうか。当てはまる項目が多いほど注意が必要です。