逆転人生 ウイスキー 銘柄

ウイスキーセットが1億円!世界最高賞を受賞した酒を生み出した男の反骨と執念の物語。国内消費量が右肩下がりの冬の時代。社長の職を投げうって、父が残した原酒にかけた 秩父の小さな蒸留所でウイスキーの製造を手がける肥土伊知郎さんが主人公。3年連続で世界最高賞。ウイスキーセットが約1億円で落札されるなど世界から注目を集める。実家は日本酒の酒蔵。父は洋酒ブームに触発され、ウイスキーの製造も始める。その後、人気が低迷し消費量が激減。父はウイスキーを諦めてしまう。一方、伊知郎さんは父の原酒に可能性を感じる。反発しあう親子。息子の反骨心と執念が、奇跡の大逆転を呼び込む。人生諦めたらそこで終わり。今回は、妻の死・20回に及ぶ転職・母の介護・消えた年金…。泥沼の人生を、終盤に大逆転させた男の物語。どん底人生、最後に輝くヒントとは? ウイスキーセットが1億円!世界最高賞を受賞した酒を生み出した男の反骨と執念の物語。国内消費量が右肩下がりの冬の時代。社長の職を投げうって、父が残した原酒にかけた nhk「逆転人生」に登場する肥土伊知郎さんが営むウイスキー蒸留所「ベンチャーウイスキー」。1億円で落札されたウイスキーや、イチローズモルトのウイスキーはどこで飲めるかなどをまとめてみまし …
主人公は遠藤正己さん(68歳)。職業は「駒師」将棋の駒を作る職人だ。遠藤さんは元々、居酒屋を経営していた。しかし、44歳の時、最愛の妻を交通事故で突然亡くすと店の経営は傾き、無職となってしまう。再就職先を探すも連戦連敗、20以上の職を転々とする。59歳で始めたのが将棋の駒づくりだった。そこからわずか数年で、将棋界最高の舞台であるタイトル戦に自作の駒が採用されるまでになる。人生終盤に輝くヒントとは? 5/25のNHKの逆転人生で、世界が注目するウイスキーのイチローズ モルトの生みの親である肥土伊知郎(55才)社長が紹介されました。そこで、肥土伊知郎(55才)社長の本の「シングルモルト&ウイスキー完全バイブル」とイチローズモルトを調べてみました。 ウイスキーセットが1億円!世界最高賞を受賞した酒を生み出した男の反骨と執念の物語。国内消費量が右肩下がりの冬の時代。社長の職を投げうって、父が残した原酒にかけた 秩父の小さな蒸留所でウイスキーの製造を手がける肥土伊知郎さんが主人公。 Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.