運動中 プロテイン おすすめ

プロテイン・bcaa・クレアチンなどのサプリメントを飲んでいるけれど期待したほど効果を感じられない。そんな悩みは、サプリの種類、飲むタイミングの正しい知識を身につけることで解消できるかもしれません。目的にあわせた摂取タイミングで、本気のトレーニングを結果につなげましょう! あなたを動かす情報ブログ Copyright © 2015-2020 Smartlog. プロテイン製法:WPI今や日本屈指のトレーニングジムとなった、ゴールドジムから販売されているホエイプロテイン。WPH製法で作られているプロテインですので、吸収するのに約2時間かかると言われる他プロテインと違い、数分から数十分で体に取り込まれるので効率よく筋肉を肥大させられますよ。やや価格が高いプロテインですが、最強の質を誇るプロテインと言えでしょう。筋トレ効果を高めて筋肥大をよりスピーディーに進めたいなら、ぜひおすすめしたい人気プロテインです。プロテイン製法:WPHジムのインストラクターも認める良好な質と飲みやすいフレーバーが特徴的なホエイプロテイン。水・牛乳、どちらでも美味しく飲めるホエイプロテインですので、美味しくて質の高いプロテインが欲しいという男性におすすめです。やや高めの値段設定になっていますが、その分

運動中(筋トレ中)のプロテインはngです。理由は3つあります。1つには、筋肉の働きが落ちてしまい、筋肉を追い込めなくなること。また、胃腸に負担をかけて体のコンディションが悪くなってしまうこと。そして、成長ホルモンの分泌量が減ってしまうことが上げられます。 それではいよいよ、おすすめプロテインをご紹介します。 数十、あるいは数百種類以上あるプロテインの中から、長距離ランナーが練習後に飲むプロテインとして最適なものを3つ厳選しました。 All Rights Reserved.

プロテインは投擲選手や短距離ランナーが飲むものと考えられがちですが、長距離・マラソンランナーもトレーニング後に飲むべきです。この記事では、長距離・マラソン選手がプロテインを飲むべき理由について スポンサードリンクもくじ持久系ランナーがプロテインを摂取すべき理由については、こちらの記事で詳しく解説しています。時間がある人はぜひ読んでいただきたいですが、時間がない人のために要点を3行でまとめると以下のようになります。以上の理由から、運動直後のプロテイン摂取は非常に効果的だと考えています。「練習後で比較すると、練習後つまり、運動後普通の食事では食べてから消化・吸収のプロセスに時間がかかってしまうため、吸収されやすく、栄養素を素早く筋肉に届けられるプロテインを摂取する必要があるわけです。ちなみに、通常のプロテインには糖質があまり含まれていないため、この記事では糖質を多く配合した”リカバリー特化”プロテインをご紹介します。プロテインは、大きく分けてこの3つの中で最も吸収が早いのがそれではいよいよ、おすすめプロテインをご紹介します。数十、あるいは数百種類以上あるプロテインの中から、【プロテインと言えばザバスというくらい、日本では有名なブランド。たんぱく質と糖質が十分な量含まれており、リカバリーのタイミングで摂取するプロテインとして理想的です。唯一の欠点は、値段が高いこと。「ザバス プロ リカバリープロテイン」は、エネルギー補給に優れたマルトデキストリン、リカバリー時の栄養補給に適したホエイプロテインを100%使用したプロテイン。Kentaiのプロテインの魅力は、なんといっても値段が安いことですね。グラムあたりの値段は3円を下回り、国内ブランドのプロテインとしては最安の部類に入ります。味にも定評がありますし、特にコストを抑えたい人におすすめです。ウィダーという安心ブランドで、尚且つ値段も控えめ。身体の回復に重要な役割を果たすロイシンも800mg配合されています。どのプロテインを買うべきか迷ったら、3製品の中で最も安いのは、Kentaiのプロテイン。3kgまとめて買えば、さらに安くなります。(2.2円/g)これに対し、ザバスのリカバリープロテインは約2倍の値段。学生ランナーが買うには少々高いか。どれも大差なし(110~120kcal)。しいていえば、ザバスのリカバリープロテインに含まれる糖質量が若干少ない程度。やはりザバスは値段が高い分、含まれる成分が充実しています。以上の三製品を比較すると・・・以上、練習後に飲むものとしておすすめなプロテインを3つ、厳選して紹介しました。僕は8年間陸上競技に取り組み、スポーツ生理学についても勉強してきましたが、と考えている人は、練習直後にプロテインをすることを俄然おすすめします。どれを買えばいいかわからない人は、ウィダーのリカバリーパワープロテインを飲んでおけば間違いありません。この記事が気に入ったら最新記事をお届けします。こんにちは、いつもブログを拝見させて頂いてます。激しい練習の直後には糖質の接種も非常に重要だというのは僕も同意見で練習後にはプロテインと和菓子をいつもパクパクしています。今回のブログを見て、糖質を敢えて多く配合したプロテインが売られているのは初めて知りました。あまりタンパク質を多く接種すれば、その全てが吸収されるというわけではないと思いますが、このタンパク質の量で十分なのでしょうか?お返事くれたら嬉しいですm(__)m人呼んで路草さんはじめまして、管理人です。コメント頂きありがとうございます!以上でお答えになっていますでしょうか?管理人オレもKentaiのプロテイン飲んでる!!よしさん管理人マジで!! 日本帰ってきてから飲んでるけど効果あるのかわからない(笑)お返事ありがとうございます。運動直後のタンパク質は分解側に偏った平衡をなるべく偏らせないため、ということですか。記事で紹介されていたプロテイン、今度試してみたいと思います(*^^*)人呼んで路草さんこちらこそ、するどいご指摘をありがとうございました。管理人よしさんそうなんですか!ランニングとかされてたなんて意外です。笑夏目意外なことにセブにいるときもやってた頃はやってたんです(笑)©Copyright2020 ヨーグルトをずっと放置している時に上に固まる液体もホエイです。ホエイプロテインは、そんなホエイを原料として作られた最強の筋トレ補助アイテムになります。ホエイプロテインには4つの製造方法があり、それぞれに大きな特徴があります。価格やBCAAの含有率にも大きく影響を与えているため、この機会にしっかりとおさらいしておきましょう。ホエイプロテインの最もオーソドックスな製法。たんぱく質含有率は75%前後です。比較的高い質を保ちながら、ただ、ややお腹を下しやすいプロテインになるため、普段からお腹を痛めやすい男性は大量に摂取しないよう注意してください最近、多くの筋トレグッズブランドから注目されている製法。価格はやや高めですが、筋トレ効果をどこまでも追求するのであればCFM製法一択でしょう。たんぱく質含有率は85%前後と言われており、価格もCFMよりは低め。余計な成分を排除しているため、たんぱく質の摂取に特化したプロテインと言えるでしょう。新たなホエイプロテインの作り方として、研究が進められているWPH製法。上3つの製法と違い、プロテインはトレーニング後、30分以内に摂取した方が良いと言われるため、WPH製法は他の製法よりも筋トレ効果を格段に上げられますよ。ただ、フレーバーの種類が少なく、味を選ばないホエイプロテインなため、美味しくいただけるドリンクとは言えないかも。「プロテインはホエイプロテインが一番!」と多くのトレーニーたちが言いますが、その理由はなぜなのか。ここではホエイプロテインのメリットを4つ解説していきます。ホエイプロテインに限らず、たんぱく質を多く含む鶏むね肉でも100g当たり、およそ30g前後。それに比べてホエイプロテインは多いアイテムで100g当たり、およそ95gがたんぱく質になります。つまり、プロテイン以上のたんぱく質を食事で補おうと思うと、3倍以上のグラム数を摂取しなければなりません。ちなみに成人男性のたんぱく質の基準摂取量は65gと言われているため、プロテインの摂りすぎも体には害ということを覚えておきましょう。プロテインにはホエイプロテインの他にも、カゼインプロテイン、ソイプロテイン、エッグプロテインといった原料の違うプロテインが存在しています。そんな数あるプロテインの中でもホエイプロテインの吸収スピードは非常に早く、ホエイプロテインと成分量の変わらないエッグプロテインも吸収スピードは負けず劣らずですが、価格が高く良いコストパフォーマンスは期待できないため、安価な価格で抑えたい男性はホエイプロテインを選びましょう。効果や吸収スピードよりも嬉しいメリットとして、フレーバー(味)の多さは外せません。カゼインプロテインやソイプロテインは、最近になって少しずつ増えてきましたが、エッグプロテインに関してはお店で見る機会も少ないのが現状です。ホエイプロテインを選ぶ多くの男性が上げるメリット、価格。質の高いたんぱく質・お手頃な価格、この両者が揃ったホエイプロテインはまさに最高の筋トレグッズと言えるでしょう。普段、カゼインプロテイン・ソイプロテイン・エッグプロテインのどれかを飲んでいるという男性は今一度ホエイプロテインを試してみてください。ホエイプロテインを飲もうと思っても、いつ飲めばいいかわからない男性も多いはず。基本的にホエイプロテインはまた、寝る前に飲むべきと言われるのはホエイプロテインではなく、カゼインプロテイン、ソイプロテインですので、寝る前に摂取するのはやめておきましょう。【参考記事】筋肉は傷ついてから2、3日の間は修復に時間を使うため、その間もたんぱく質は消費され続けています。トレーニング後、2、3日の間は少量のホエイプロテインを摂取して、筋肉の回復をサポートしましょう。多量に摂取してしまうと、脂肪へと変わる恐れもあるため、あくまで筋肉の修復を補助する役割としてたんぱく質を摂取してくださいね。ホエイプロテインについての基礎知識を深めたところで、ここからはSmartlogが海外の人気プロテインから国内でも購入できるコスパ最強アイテムまで幅広く解説しますので、この機会にぜひお求めください。プロテイン独特の粉っぽさや味が美味しくない、などのイメージを払拭して、毎日でも続けれられるような美味しいホエイプロテイン『鍛神プロテインPRO』。何度も試行錯誤を繰り返して、飲みやすさと美味しさに徹底的にこだわったため、中止と再開がでいつでも可能な定期購入なら30%割引で購入できるため、これからトレーニングと並行してプロテインを取り入れる方は、お得に買える毎月コースがおすすめです。おすすめフレーバーは焦がしカラメルミルク風味。プロテイン製法:WPCイギリス発のスポーツアイテムブランド、MYPROTEIN(マイプロテイン)。人気急上昇中のホエイプロテインは日本でも多くのトレーニーたちから支持されています。マイプロテインが手がけるインパクトホエイプロテインはたんぱく質含有率80%と一般的なプロテインとさほど変わりませんが、驚くべきはその価格。おすすめのフレーバーは、ストロベリークリーム、チョコレートブラウニー、ラテの3種類。プロテイン製法:WPCもはや知らない人などいない、有名プロテインブランド『SAVAS(ザバス)』。板チョコなどで有名な明治が手がけているオリジナルブランドでシンプルで飲みやすいフレーバーが人気を集めています。マイプロテインと同様に約80%のたんぱく質含有率を誇っており、amazonや楽天といった通販でも簡単に手に入る流通の多さが魅力的なポイントです。おすすめフレーバーはココア・バニラのどちらか。 ソイプロテインは大豆由来の植物性プロテイン。消化吸収は穏やかで脂質も低いため、間食や寝る前などにぴったりです。男女問わず、食事コントロール中の人や乳製品でお腹を壊す人、血中脂質が気になる人におすすめです。 ソイプロテインとは。