銀魂 新八 ボケ
第1弾『銀魂』 2017年 7月14日に実写映画『銀魂』が公開された 。 ストーリーはカブト狩り(第83訓・84訓、第10巻)と紅桜篇(第89訓~97訓、第11-12巻)がベースとなる 。. 一人称は基本的に「僕」で丁寧語を使うが、たまに「俺」になることがある。強烈なボケの多い本作品において、数少ない常識的なツッコミ役。本作品の語り部かつもう一人の主人公であり、登場回数は主人公の坂田銀時の次に多い…にも関わらず影が薄い地味な少年。名前のモデルは永倉新八と志村けん。流派の名前は天然理心流と神道無念流がモデルと思われる。 名前の由来は新選組二番隊組長・入れ替わり篇で銀時と土方の魂が入れ替わった際には、名前の由来の永倉同様、二番隊隊長になっている(ただし、肩書は真選組ではなく万事屋のままである)。

神楽とは万事屋の後継者争いをしており、仲違いしていたが、銀時(周りからは全くの別人に見えている)が現れてからは、だんだんと以前のような関係へと戻っていき、お妙の病室での一件の後は、以前と同じ髪型と服装、性格に戻り、ツッコミも惜しみなく披露するようになった(目つきは若干鋭いままであるが)。 ここでもメガネ、ツッコミ担当。アニメでのおまけなどでは彼の一言で終わる形式が多い。寺門通の親衛隊隊長を務めることなどは変わらず。何だかんだ言いながらも担任である銀八を尊敬している。席は教卓の前。カカシ先生の写輪眼を盗んだ犯人となっている。
志村 新八(しむら ... ツッコミを入れる能力に長けているが、自身がボケ役になることも多い。 ... 銀魂ジャンプコミックス15巻で、空知英秋の一つ上の先輩コースケさんという番長3人分の強さを持っていることが判明している。 キャスト. 母親は自分を産んだ後にすぐ他界、父親は幼少の頃に病死。父親の死後、金貸しの社長にでにいずのバイトでレジ打ちが出来ず店長に殴られ、茶斗蘭星大使達の嫌がらせに遭ったところを銀時に出会い、彼と協力して借金の返済で遊郭に売られたお妙を救出した後、万事屋で働き始める。当初、万事屋に就職したことを少し後悔していたが、数々の事件や厄介ごとに巻き込まれ、解決していくうちに万事屋での生活に居心地の良さを感じ、心身ともに成長していった。 銀魂に登場する志村新八は、物語の中でツッコミメガネキャラとして有名です。新八はツッコミ以外でも、銀魂で活躍するシーンが多く見られ、作中では5年後の姿も描かれます。画像や新八の声優を務めるキャストも含め、新八のキャラクターについて紹介していきます。 銀時が行方不明になってから5年の間に、ツッコミも寺門通のCDも捨てた(銀時からは「ほとんどゴミしか捨ててない」と一蹴されている)と言っていたが、完全に捨て切ったわけではなく、未だ寺門通のファンであると同時に、ツッコミも油断すれば自然と出てしまう。また、投獄された源外を何とか救い出そうとしたり、銀時や神楽と一緒にパニックになったり、5年経っても性知識は乏しいなど、彼自身の本来の性格はそう変わっていない様子。 坂田銀時 - 小栗旬 / 田中悠太(少年時代) 志村新八 - 菅田将暉 神楽 - 橋本環奈 近藤勲 - 中村勘九郎 侍魂を学ぼうとツッコミを入れる能力に長けているが、自身がボケ役になることも多い。機械(からくり)は苦手と自称しているが、人並みの操作は出来るようである。 しむらしんぱちもしかして⇒ 基本的に純粋で優しく誠実な性格。礼儀を弁えている他、家事も一通りこなすこともできるなど年齢よりも大人びているしっかり者。しかしツッコミに関しては目上相手でも容赦がなく、また万事屋の他の2人とともに悪ノリすることもある。 母親は幼い頃に亡くなっており、父・志村剣を病気で亡くしてからは、彼が残した借金を姉弟2人で必死に返しながら生活していた。 万事屋のメンバーとして、銀時、神楽と共に依頼をこなしている。 巨大怪獣を木刀一本で仕留める銀時、人気投票では第一回、第二回、第三回、すべて担当声優の阪口大助氏は外見と趣味が新八に酷似しており、原作者の 基本的に純粋で優しく誠実だが、時には実家は「霊感がそれなりにあるようで、スタンド温泉篇では、銀魂ジャンプコミックス15巻で、空知英秋の一つ上の先輩コースケさんという番長3人分の強さを持っていることが判明している。 銀時の良き理解者兼ツッコミ役にして、基本的には彼を尊敬し「兄貴分」と称することもある。銀時も一人の侍として新八の実力を認めており、神楽と共に、今の彼の大きな心の支えにもなっている。新八の危機や力及ばぬ新八を卑下する敵の言葉に、銀時が怒りを露わにする場面も少なくない。神楽からはぞんざいな扱いばかり受けているが、一緒に調査をしたり共闘したりすることも多い、兄妹のような関係を築いている。神楽が星海坊主と共に故郷へ帰ろうとした際には、彼女が船に乗ってもなお、地球を去ることを考え直すようターミナル内の梯子を登りながら大声で説得したり、阿伏兎との闘いで夜兎の本能に目覚め暴走した神楽を、必死に抑止し正気に戻すなど、彼女との絆の強さが伺える描写が多く見られる。姉であるアイドル真選組とは特に山崎との接点が多く、手の焼ける上司を持つという共通点から、共に励ましあっている。近藤とは姉絡みの接点が多く、次期真選組局長候補として見込まれているが、新八の方は近藤の強さは認めているものの、姉の相手としては軽蔑している模様寺子屋に通っていた頃に高屋八兵衛(タカチン)と友人となるが、ある事件が原因で疎遠になる。その後、暴走族「舞流独愚(ぶるどっぐ)」に加入した彼を更生させ和解、寺門通親衛隊に加入させ再び交流を持つ。 銀魂の名前は「新八役の1.1. 剣術道場。流派は「天堂無心流」。かつてはお通のファンクラブ。新八は親衛隊の隊長を務めている。お通が芸能界で干されようとも、様々な路線に走ろうとも一途に「お通命」を貫き続ける精神を持つ。お通が全国的なアイドルになったこともあり、規模は大きい。親衛隊には「軍曹」などといったアニメでは『『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』では、5年後の世界で万事屋として活動している。身長も伸び、非常にクールな性格へと成長し、目つきもそれに伴い鋭くなっている。銀時の残した木刀、洞爺湖を勝手に受け継いでいる。作中で最初に銀時が目にした「5年後の仲間」であり、状況に戸惑う彼を助ける形で無数のゴロツキ相手を、神楽とともに圧倒した。 映画「銀魂」菅田将暉&福田監督、アニメ版“新八”阪口大助のサプライズ登場に大興奮! 映画「銀魂」大ヒット御礼舞台あいさつ2 - Duration: 7:15. 銀ノ魂篇の二年後では、虚との決戦後、銀時と神楽が江戸を去り誰もいなくなった万事屋を一人で続けていた。ある日、松平からの依頼をきっかけに神楽や沖田と再会し、虚の生存を知らされ、沖田から協力を求められるが、答えを保留する。翌日、仕事の帰り道で顔を隠していた銀時と遭遇し、彼によって気絶させられ万事屋へ運ばれた後、お妙から銀時の帰還を聞かされ、街中を探し回っていた中でターミナル爆破テロが勃発する。神楽と共に、銀時の願いを叶えるべく真選組やかぶき町住人らの協力を得て、ターミナルに乗り込む。ターミナル内で銀時と再会し、銀時と松陽の対面を果たす為、神楽達と共に尽力した。最終訓では二年前の姿に戻り、銀時らと一緒に仕事へ向かう場面で物語は終わる。