長澤まさみ マザー 元ネタ
長澤まさみが初の汚れ役を熱演して話題の『MOTHER』ですが「実話に基づく物語」ということで、実際に起きた事件やモデルとなった人物がいます。今回はその事件と、取材による映画の原作ともいえる本を紹介します。Sponsored Link『MOT All Rights Reserved. 映画『motherマザー』の元ネタ実話と事 … 長澤まさみが初の汚れ役を熱演して話題の『MOTHER』ですが「実話に基づく物語」ということで、実際に起きた事件やモデルとなった人物がいます。目次【劇場公開日】2020年7月3日17歳の少年が祖父母を殺害しました。少年の母は彼を学校にも行かせず、ホストクラブ通い。それでも母は少年を愛してはいましたが…。2014年、17歳(事件当時)の少年が祖父母を刺殺し金やキャッシュカードを奪って逃げました。事件に気づいたのはアパートの大家です。被害者夫婦が住む家の新聞が溜まっていることに気づき、夫婦の長女に連絡した上で警察が調べることになったのです。不思議なのは、夫婦はきちんと鍵を施錠しチェーンをかけていたのです。しかも、夫婦を殺害した犯人は外から鍵をかけて逃走しています。このことで、夫婦の身近な人物が疑われます。警察の調べで現場近くの防犯カメラに夫婦の次女とその息子が写っていることがわかりました。二人が被害者夫婦のキャッシュカードを使い銀行から金を引き出していることが発覚しました。なぜそのようなことが起きたのでしょうか。祖母を刺殺した少年の家庭は荒れていました。愛人の家ばかりにいる父親と働かない母親。父親が家賃として渡した金を母親はパチンコに使ってしまいます。 生活はどんどん乱れ、母親が父親以外の男性を家に入れるようになり、少年が10歳の時に両親が離婚し、母親が引き取って育てたそうです。母親はホストクラブ通いに明け暮れ、1ヶ月帰ってこないこともあったそうです。母親とホストが再婚しますが、各地を転々としてラブホテルに泊まっていたそうです。 生活費がなくなると、2年以上もホテルの敷地内にテントを張ったり野宿したり…。少年は小学5年生から学校にすら通ってなかったそうです。そんな生活ですから、少年は住民票はあっても居所のわからない「居所不明児童」となってしまいます。更に、両親から虐待・ネグレクトされ親戚に金の無心をさせられたそう。 生活保護をもらって簡易宿泊所で生活していた時はフリースクールに通うこともできたそうです。ですが、それも長続きしません。本人が学校に行きたくても、母親が他人からの干渉を避けるため簡易宿泊所を退所。学校に行くこともできなくなりました。少年はとっても健気で、生まれた妹のオムツを変えたり面倒を見ていたそう。「礼儀正しい子」と評判だったようです。義父が失踪し16歳になって少年は働き始めますが、その金はすべて母親の交遊費になってしまいます。少年は給料の前借りを繰り返していましたが、それもできなくなりました。そして事件は起こります。母親の指示でとうとう祖父母の殺害と金の強奪事件を起こすのです。少年は、母親に脅され支配されていました。母親から逃げることはできなかったのかな、と思ってしまいますが、そこは当人たちの間でしかわからないことなのでしょうね。祖父母から奪った金は母親に使われてしまったそうです。少年の気持ちを考えると本当にやりきれない事件ですね。この事件に対する二人への判決は祖父母を刺殺した少年は完全に母親の支配下で行ったことだと思いますが、実行犯となるとこのような判決になるのですね。本当につらい事件です。 映画『MOTHER』マザーが実話をどこまで取り入れているのか、公開前なのでまだわかりません。ただ、元ネタとなった事件「川口祖父母殺害事件」について書かれた本が出版されています。この本を読んでから、もしくは映画鑑賞後に読み比べてみるのもいいかもしれません。川口祖父母殺害事件について書かれた毎日新聞記者の山寺香は本事件の裁判員裁判を傍聴し取材を始めたそうです。少年は取材に対し拒むことはありませんでしたが、それまでの生活から大人に対する信頼感は感じられなかったそう。なぜなら…そういう大人に対する不信感でいっぱいだったようです。ですが、取材を書籍化する許諾を取ろうとするとあっさり許可したそう。大人に対する期待はないのでしょうが、ある種の諦めのように「まぁいいんじゃないの」という感じなのかもしれません。著者の山寺香の姿勢はすごく真摯で、その根底にあったのは「少年を傷つけたくない」という思いだったそうです。これまで大人に利用され、虐待され、裏切られ続けた少年だったからこそ取材・執筆において彼を傷つけることはできない、と思っていたのでしょう。本の中で少年の思いを連ねた言葉があるので紹介させて下さい。  少年が自分の置かれた境遇で常に思っていたことなのでしょう。この本は原作としてクレジットされているわけではありません。ただ、事件について加害者にインタビューし少年の境遇や心情を詳しく書いているので、そういう意味では映画の原案ともとれますね。気になる方はぜひ読んでみて下さいね。↓紙の書籍についてはこちら↓・映画『MOTHER』の元ネタとなったのは川口祖父母殺害事件。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!フォローする 映画『MOTHERマザー』の第2弾キャストと予告動画が2020年4月27日に公開されました。実際に起きてしまった「凄惨な事件」を元に映画化される本作ですが、目次映画『MOTHERマザー』は実際に起きた事件を元に、新たな物語として制作される長澤まさみさん主演の衝撃作です。ゆきずりの男たちと関係をもち、その場しのぎの生活をおくるシングルマザーの秋子。そして、息子である周平は母親の奇妙な執着により、彼女への忠実を強いられて育てられていた。やがて社会から孤立し、行き場のない底辺で生きる母子に「ある絆」が生まれる。主演の「【日本アカデミー賞】長澤まさみ、最優秀助演女優賞を受賞 映画『キングダム』で受賞。長澤が同賞を受賞したのは『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)以来、2度目。 — ライブドアニュース (@livedoornews) 長澤まさみ主演作、息子役に新人・奥平大兼を抜擢 初オーディションで映画デビュー<プロフィール>▼記事内動画あり— モデルプレス (@modelpress) 撮影現場では、過酷な環境の中で生きる周平を演じきれるか不安だったが、長澤さんが優しく声を掛けてくれたり、母のように接してくれたおかげで、脚本を読んで自分が感じた周平を演じることができた。今回この役を演じることで、周平のような子供が世の中にいるんだと実感し、色々と考えされられたと語っております。阿部サダヲ(43歳)— 渋いおじさまbot (@shibui_dansei) STARDUST - 夏帆 5人が一緒にいるところ、空気感を楽しんでほしいです - スターダスト オフィシャルサイト - 映画「架空OL日記」インタビュー— STARDUST WEB (@stardust_web) 【皆川猿時】ドラマ「ビター・ブラッド?最悪で最強の親子刑事?」スペシャルエディションに皆川猿時さんの独占インタビュー&撮下ろしフォトを掲載。人気のアートタブロイド発行中。詳しくはこちら→— SpecialEdition公式 (@yse_jp) 仲野太賀×若葉竜也 石井裕也監督の新作映画『生きちゃった』来年公開仲野太賀「生涯大切にしたい映画になりました」— CINRA.NET カルチャーメディア (@CINRANET) 日本公開:2020年(日本映画)少年は、幼少期に両親と3人で暮らしていたが、4歳になる頃に一家の借金が膨れ上がり夜逃げすることになる。しかし、浪費癖があっても、いつも一緒にいてくれる母親は、少年にとってまだ「いい母親」であった。少年が小学校へ入学するとき、一家はさいたま市内のアパートに転居し、母親が水商売で働き始めた頃から少年の人生が大きく狂い始めた。父親は愛人の元へ入りびたりで帰らなくなり、母親はホストクラブに通い詰めて働かなくなる。両親のいない家で、少年はコンビニ弁当を食べながら孤独に募らす中、母親はホスト達を連れて帰宅するなど生活が荒れ、4年生になると学校にも行けなくなった。その頃、両親が離婚し少年は母親側に残ることを選ぶ。そこからの少年は更に悲惨な暮らしとなる。「金づる」と呼んでいた店の客の中年男性と暮らし始めるが、母親はネットで知り合ったホストRの元へ身を寄せ、1カ月も帰らなかった。この時の「母親に捨てられた」という絶望は、少年の心に深い傷を残した。ようやく戻ってきた母親は、少年を連れて名古屋へ行き、ホストRの元に転がり込む。その後、元ホストRとともにさいたま市に戻るが、2人とも仕事をせず、親戚に金を借りたり「金づる」をだまして金を得るなど、その場しのぎの毎日だった。その後、各地を転々としながら、あるラブホテルで2年間にわたって生活するようになる。少年は学校に通わず、母親とともにゲームセンターや漫画喫茶でチェックインの時間まで時間を潰し、日雇いの仕事から帰ってく元ホストRを待った。その頃、母親は元ホストRとの子を妊娠し女児を出産したが、出生届も出さず、戸籍のない子どもとなる。一家は、親しくなった家族の金を持ち逃げして、横浜市へ逃走するも、ほどなくして金も尽き、公園で野宿をするようになった。少年は妹のおしめ交換や食事の世話など全ての面倒を見ていた。しかし野宿のストレスから元ホストRは少年に対して暴力を振るうようになる。当時少年は「死ねたら楽だろうな」と何度も考えたという。どん底の生活に陥った少年たちは生活保護を受給することができるようになり、少年はフリースクールに通うことができるようになったが、生活保護費の浪費を注意されることを母親が嫌い、また元の生活に戻る。その後、少年は塗装会社で働き会社の寮に住むことができるようになったが、母親は遊ぶ金を工面するため少年に給料の前借りを指示した。母親から捨てられることにおびえていた少年は、その言葉に従う選択肢しかなかった。しかし、借金が膨らんだ一家は、ここからもまた姿を消した。行き場を失った母子は、母親の実父母へ借金を申し入れるも断られる。「ばあちゃんたち殺しでもすれば金が手に入るよね」と漏らす母親に、少年は冗談だと思い、「そうだね」とあいまいに返事をしたが、それに対して、母親は「本当にできるの?」「結局できないの?」とたたみかけた。翌日、2人は殺害方法を話し合い、少年は祖父母宅を訪ねた。初めは金を借りることで済ませようとした少年だが、祖父母はその申し出を拒否したため殺害に及んでしまう。そして、事件から1カ月後、少年は逮捕された。裁判で、少年は懲役15年の刑が確定した。「母親の指示があった前提で聞く。この事件、誰が悪いんだ?」そう裁判長が少年に尋ねた際、少年は事件を取材していた山寺香記者へ送った少年の手記には手記を書いたのは、一方の母親は強盗罪のみで裁かれ、懲役4年6カ月の判決を受けました。自分が置かれた境遇を嘆くこともなく、妹や同じ境遇の子ども達に関心を寄せる少年は、もし誰かがこの環境から抜けられるよう手を差し伸べることができていたら、または異なった環境で生きていけたなら真面目で優しい普通の子になっていたことでしょう。近日公開?— _れいら ” (@_Rei630li) 自堕落な母親役を演じる???