陸王 靴 モデル
マラソン足袋、ドラマ「陸王」のモデルはどんな靴?について. !」なんて突飛な話にも聞こえますが、すでに様々なところで商品化され、ランナーの間でも徐々に知名度が上がっています。 実は今回の舞台「こはぜ屋」もとあるメーカーがモデルになっていたのです!スポンサードリンク もくじその会社が埼玉県行田市にある「創業から80年以上経つ老舗足袋メーカーで、従業員数20人強の小さな会社ながら、昔ながらの伝統的な技術で培ってきた品質と実績は本物です。  元々行田市は江戸時代から忍藩の城下町として発展し、江戸から伝えられた足袋製造が当時の藩主によって奨励され、武士やその家族に広まったと言われています。 材料が近くから調達できたこと、江戸からの交通の便がよかったことが「行田足袋」として更なる発展に繋がりました。 それでも経済の発展とともに足袋の需要は減り、メーカーも次々と撤退していきましたが、伝統を守ろうという先人たちの努力のおかげもあり、念願叶って今年平成29年4月、県内初の「日本遺産」に見事認定されました。 「きねや足袋」もそんな伝統を守り、受け継いできた由緒あるメーカーの一つなのです。 足を鍛え、人間本来の走りを取り戻すというコンセプトのもとスポーツ分野に新規参戦したきねや足袋から、2013年9月、ついにランニング足袋「MUTEKI」が発売されました。スポンサードリンクでは普通の足袋と何がどう違うのか?と言いますと、伝統的な製法で仕上げた足袋そのものに、柔らかくグリップ力の高い薄さ5mmの天然ゴムソールを手縫いで縫い付けた、今までにない全く新しいタイプの履き物なのです。 「薄さ5mm」「手縫い」という言葉だけで、ただの素人からしても、いかに繊細で緻密な職人技なのか想像してしまいますよね。 このMUTEKI、形だけでなく実用性もしっかり研究された上で作られています。従来の足袋型シューズやつま先の割れたシューズとは異なり、ソールにクッション等の保護材は一切使用しておらず、限りなく素足に近付けています。 個人差はあるものの、MUTEKIを履いて走ると自然とつま先から着地するような感じになるため、人間本来の走り方を取り戻すことができるのです。 また、ソールの削れ具合や地面に着地する際の足の感覚などにより、自身の体重移動を把握でき、無理のない範囲で走り方の改善を手助けしてくれるのです。 裸足日本一最速ランナーである高岡尚司さんとの共同開発でもあるので、まさに折り紙付きの一品と言えます。 もちろんここまで画期的な商品を開発するには、長く困難な道のりがあったのではないかと容易に推測できます。 それをドラマで実際にどう描いていくのか、興味深いところでもあります。 このまさに「MUTEKI」の名にふさわしい足袋、普段ランニングしている方はもちろん、そうでない方も一度履いてみたくなりますよね。 色はブラック、ブルー、グレーの3色展開で、レディース用やキッズ用もあります。 通販サイトでも購入できるようになっているので、興味のある方はぜひ一度検索してみてはいかがでしょうか? ドラマでも、実際に走る役者さんの足元にぜひご注目してみてください! 足袋づくりに情熱をかける職人たちの背景を知ると、思わず応援したくなり、画面に魅入ってしまうこと間違いなしです! 【陸王】は10/15(日)夜9時スタート!今から待ち遠しいですね♪©Copyright2020 靴を変えて3つの大会で優勝をつかんだ(茂木くんは陸王と出合って再起した) ランナーのモデルと言われた瀬古利彦は、大学時代に4年連続で箱根駅伝に出場し、「花の2区」を走り、3,4年生のときには区間新記録を樹立します。 10月から始まる新ドラマ「陸王」は創業から100年以上続く老舗足袋業者が舞台のストーリーです。 「足袋」と聞いても、ほとんどの方には馴染みがないかもしれません。お祭りや舞台のときに使うもの、くらいに思っている方が多いのではないでしょうか? 時代背景もあるのでしょうが、年々先細っていく足袋業界に懸念を抱いた役所広司さん演じる「こはぜ屋」社長の宮沢紘一は、これまでのやり方にこだわらない、新しい事業へ乗り出すことを決意します。 それが足袋製造技術を活かしたランニングシューズならぬ「ランニング足袋」の開発だったのです。 「足袋でランニング? 2017.11.02 日曜劇場「陸王」LINE公式スタンプが登場!! 2017.10.27 劇中使用のアトランティス社モデルのシューズが完全受注生産で登場! 2017.10.16 劇中歌をLittle Glee Monsterが担当することが決定! 2017.10.13 日曜劇場「陸王」追加グッズが登場! 陸王を見ていると、どうしても選手たちの履いているランニングシューズが気になります。選手達と同じシューズが欲しいと思っている方もいらっしゃるかもしれません。どこで買ったらいいのか、同じ商品があるのか、同じでなくても似ている商品が欲しいと思っているかもしれません。陸王メーカーモデルを紹介したいと思います。Contentsこはぜ屋のランニングシューズのモデルは、どこの企業の商品なんでしょうか?ランニングシューズ”陸王”は裸足感覚で走れるランニングシューズです。この裸足感覚で走れるランニングシューズがあるのです。埼玉県行田市にあるきねや足袋株式会社のランニングシューズで”MUTEKI”です。 ”MUTEKIを履いてランニングをすると、足裏のどこに着地しているか、体重がどのように移動しているかわかるそうです。選手にとってシューズでこのようなことがわかると、自分のフォームが正しいかわかりますよね。選手にとって強い味方です。 ランニングシューズ”MUTEKI”は表 ナイロン100%裏 綿100% 底が天然ゴムでできています。税別で5,000円位だそうです。きねや足袋株式会社は、足袋のメーカです。 エフエイトとの高岡尚司さんと矢田大さんの出会いから生まれた商品です。ドラマの中で、竹内涼真さん演じる茂木裕人は豊橋国際マラソンレースで膝を痛めてしまいました。故障の原因は走法によるものです。こはぜ屋のランニングシューズで復活をしようとするのがわかります。自分の正しい走るフォームを覚えるために必要なことなのです。アトランティスの日本支社のモデルはアシックスのようです。アシックスはどのような会社でしょうか?アシックスは兵庫県神戸市に本社があります。競技用シューズ スニーカー アスレチックウエアなどを製造販売しています。アシックスは製造販売するだけではありません。スポーツミュージアムとスポーツ工学研究所があります。スポーツミュージアムは神戸市中央区にあります。スポーツの楽しさとアシックスの進化の歴史を伝える博物館です。一流のパフォーマンスを体験でき、競技シューズを触れたりすることができるそうです。 スポーツ工学研究所では、”スポーツで培った知的技術により質の高いライフスタイルを創造する”というビジョンを具現化するアシックスの基幹をになった部門です。日々、研究を重ねてよりいい商品を作っていることがわかります。有名選手達に信頼される理由がわかります。鬼塚喜八郎氏は1918年鳥取県で生まれました。旧制中学を卒業後軍隊に入りました。戦後、商事会社に入社しました。しかし、商事会社といっても闇屋でした。その会社は3年で辞めてしまいました。その当時の神戸は不良少年であふれていました。 昭和24年スポーツシューズ製造会社オニズカ株式会社を創設しました。昭和52年に株式会社アシックスを設立しました。鬼塚喜八郎氏の”オニツカ式キリモミ商法”という頂上作戦というやり方があります。商品開発をする時に消費者のトップ層をターゲットにするのです。トップレベルの選手のニーズを調査します。ニーズをくみ取って技術開発をして商品化していきます。トップ選手を意識している層が商品を購入します。だんだん一般の消費者に移っていくのです。トップ選手が使っているシューズだと、消費者も安心して購入できますよね。陸王のシューズは、アシックスのオニツカタイガーではないかといわれています。オニツカタイガーは1949年スポーツシューズとしてうまれました。 ミズノは陸王のシューズや衣装の製作に協力しています。”こはぜ屋”にミズノは共感してドラマに協力したのです。ドラマで出てくるマラソン足袋の製作担当者は亀井さんです。亀井さんは多くのトップアスリートのシューズをてがけています。ドラマで使用されるマラソン足袋は何度も試作し、亀井さんの手で大切に制作されました。製作時間は丸1日かかりました。通常の製作時間の1.5倍になります。シューズには、品質にこだわっています。マラソン足袋の素材はトップ選手のシューズに使うものを使用しています。 亀井さんはミズノ発見隊のインタビューでこう述べています。「選手が人生をかけてのぞむ試合で、ベストパフォーマンスがだせるよう、一足ごとに、思いを込めてつくります。」陸王の登場人物は亀井さんの思いがこもっているシューズで走っているんですね。シューズにも完成されるまでにはドラマがあることを知ると、よりドラマが味わい深く感じるでしょう。陸王ではモデル企業がでてきました。こはぜ屋のモデルはきねや足袋株式会社。陸王のシューズのモデルは、きねや足袋株式会社の”MUTEKI”になります。シューズ”陸王”に当たるシューズを作ったのがミズノ株式会社です。アトランティス日本支社と市川右團次さん演じるシューフィッター村野尊彦は、株式会社アシックスとアシックスの靴職人三村仁司さんをモデルにしています。アシックスの三村仁司さんは、瀬古利彦さんや宗茂さんそして、高橋尚子さん他有名選手のシューズ製作にたずさわってきました。この部門には三村さん一人だけだったので、すべて自分で作業していたそうです。仕事をしていくうちに疑問を感じていきます。当時のランニングシューズはめちゃくちゃきつかったそうです。外反母趾になる選手もいました。マラソンの最後になると、足がきつくなるので、選手たちは腰がひけてしまったそうです。そこで、三村仁司さんは余裕のサイズ履いた宗茂選手は別府大分毎日マラソンで日本最高記録を出しました。それ以降選手たちにはソールの薄い靴を薦めるようになったそうです。 スポーツ選手にとって、シューズは競技をするうえで、とても大事な存在です。シューズの良し悪しで記録や試合の結果が変わってくるのですから。スポーツを見ると、どうしても選手ばかり注目してしまいます。選手達を支えている人達がいます。その中にシューズメーカの社員達選手がいるのです。選手達のシューズに携わっているメーカや社員達のシューズにかける熱い思いを感じてしまいます。陸王の靴(ランニングシューズ)メーカーのモデルとは?についてでした。©Copyright2020