黒羽 快 斗 病弱 小説

咄嗟のことに、ポーカーフェイスを繕うこともできず、思いっきり顔をしかめ、つっけんどんに応えることで、黒羽快斗は照れくささを辛うじて隠した。 「快斗、おはよう。・・・どうしたの? 新一が病弱になったことを知ったときに、志保が全ての責任を負って無理をするであろうと予測しており、快斗はある提案を口に出した。 「新一、これからのことなんだけどさ。俺、工藤邸に時々通ってもいい?」 「え?なんで? The novel "彼らと僕" includes tags such as "白馬探", "黒羽快斗" and more.

総合評価:3446/評価:TS転生オリ主が蒼の薔薇で活躍する小説。▼イビルアイに死亡フラグが建ったことに気付いたオリ主は如何にして蒼の薔薇を救うのか?▼語録注意。 総合評価:1882/評価:転生先の世界でキャス狐ロールプレイを楽しもうとしたら尻尾が9本生えている方に憑依させられた一般人のお話。 総合評価:4984/評価:異世界に転生して女の子になったけど、治安が最悪の島で両親もおらずゴミ箱漁りの毎日。▼どうせ死ぬならば、と破れかぶれになった結果――とんでもないことになってしまった。▼※原作改変・捏造設定・性格改変など色々な改変が諸々あります。▼ ▼※4月7日、完結しました。▼ ルパンvsコナンのTV版のラストシーン見てて思いついた作品。▼コナンの傍に、事情をある程度知っている助手みたいなのがいれば面白いなと思い、ストレス発散も兼ねて書いてみました。▼コンセプトとしては、個人的に面白いと思った単発、あるいは数回だけ登場したキャラをどうにか上手い事拾って行く感じです。▼なお、女性率が高い気がしますがお察しください▼いいトリックを思いつ… 総合評価:29092/評価:忘れたい過去とか、そう言うのを抱えながら日々を過ごしていたけどこうなるのは予想外だよ! 総合評価:5697/評価:何故か謎のヒロインXオルタ(えっちゃん)になってワンパン世界にいたオリ主が平和の為(主に和菓子屋)に力を振るったり振るわなかったりする話。▼ほぼ勢いとにわか知識で書いてるので注意 それは、次の講義のために大学の構内を移動しているときに起きた。 隣を歩いていた新一が、急に倒れ込んだ。 胸元を掻きむしり、苦しげに呻く様に、白馬は反射的に毒物の可能性を思い描いた。 「黒羽くんは、僕と中森さんが送っていくことになりましたので」 これ、黒羽くんのカバン・・・・と白馬が差し出すと彼女は、グッドタイミングとばかりにガシッと彼の肩を掴んだ。 「黒羽くん!」 白馬は丁度快斗が校門を出た所で追いついた。 総合評価:38282/評価:転生者が復讐のために犯罪を犯したら、その場にコナン御一行様がいた話。「完全なる逮捕フラグ。ありがとうございました」という、どうにでもなーれ状態で色々と勘違いされるお話。▼最終的にはコナンのライバルポジになり、平成のジェームズ・モリアーティと呼ばれるようになる。そんなストーリー。▼※何でも許せる方向け。▼※犯罪を推奨しているわけではありません。▼※アンチヘイト… The novel "指先から溢れて【快新】" includes tags such as "快新", "コナン小説500users入り" and more. !▼ 平成のワトソンによる受難の記録(作者:rikka)(原作:名探偵コナン). こほっと乾いた咳が寝室に響く。 ベッドの中に寝込んだ新一はもぞもぞと布団を引き上げ、傍らに座る快斗を見上げた。 そうすればふわりと額に掌が押しあてられる。 総合評価:19636/評価:――――――――――――――――――――――――――――▼【NEW!】▼4/8 本編完結。現在アフターストーリー更新中▼4/13 2章の構想がまとまったので書き溜めに入ります。▼ある程度書き終えたら順次投稿しますので暫くお時間をいただきます。▼――――――――――――――――――――――――――――▼・あらすじ▼現代から現代へ▼死んだ男がとある女に憑依転生… くどうしんいち 小説『工藤新一への挑戦状』ではOVA「MAGIC FILE2 工藤新一 謎の壁と黒ラブ事件」や劇場版「戦慄の楽譜」回想に登場する中学生時代は、制服に黒の学ランを着用しており、事件を捜査する為に授業中に理科室で薬品を組み合わせ煙を出し、騒ぎに乗じて授業を抜け出したりと子供っぽいヤンチャな一面もあったりする。 クールで論理的な二枚目を気取っているが、蘭のことになると冷静に推理ができなかったり、蘭に近づく男性に(子供相手でも)嫉妬したりと感情的になってしまうところがある。 父親譲りの推理力と母親譲りの演技力に加え、あらゆる分野においての豊富な知識を持つ。 リフティングしながら考え事ができるほど得意(そうしていると頭が冴えるらしい)で、その腕前は新一が探偵を志したきっかけ。「世界最高の名探偵」として尊敬しており、自身も「平成のシャーロック・ホームズになりたい」と語っている。 物語の都合上、「工藤新一」として登場することは滅多になく、コナンの背後にイメージとして現れることが多い。実体での登場までが年単位という珍しい主人公である。 幼なじみ。出会いのエピソードである『 総合評価:6972/評価: ルパンvsコナンのTV版のラストシーン見てて思いついた作品。 コナンの傍に、事情をある程度知っている助手みたいなのがいれば面白いなと思い、ストレス発散も兼ねて書いてみました。 本作の主人公・江戸川コナンの正体。「日本警察の救世主」「平成のシャーロック・ホームズ」などと称される頭脳明晰、容姿端麗の高校生探偵で、数々の難事件を解決してきた。実家暮らしであるが、物語が始まる1年前に両親は既にアメリカに移住しており、コナンになるまでは実質一人で生活していた。名前は原作者・青山剛昌氏が語感でつけたとのこと。苗字は『探偵物語』の主人公・工藤俊作に由来。 総合評価:11567/評価:目が覚めると死神タウンだったんだがこんな所にいられるかッ‼︎俺は脱出させてもらう!(死亡フラグ)▼※りはびりです 総合評価:5777/評価:▼強個性なのに扱いが不遇な上鳴電気くん。上鳴くんがもうちょっと強くて、もうちょっと真面目で、もうちょっとアホじゃなかったら。そして個性がもっと強かったら。それはもはや別人では?いいえ、超強化上鳴くんです。▼性格、口調は軽く別人。