AKB48 卒業 前田敦子

初期〜全盛期のAKB48を象徴する「初代神7」の7名の現在を調査しました!前田敦子、大島優子、篠田麻里子らの… 元AKB48の人気メンバー渡辺麻友ですが、2017年に行われた総選挙で見せたドス顔が話題になっています。アイ… geinou_otaku アイドルオタク cibone 元AKB48メンバーの樋渡結依ですが、身長と体重はどれぐらいなのでしょうか?また、体があまりにも細いのでファ… geinou_otaku デブキャラで知られていた元AKB48の「はるぅ」こと島田晴香が、「有吉ゼミ」でギャル曽根と大食い対決!デブネ… マギー デブキャラで知られていた元AKB48の「はるぅ」こと島田晴香が、「有吉ゼミ」でギャル曽根と大食い対決!デブネ… 期待の超大型研究生として華々しいデビューをした光宗薫。総選挙の順位が圏外で会場を睨んだこともあったが、その裏…

KUNOTAN 元AKB48の川栄李奈。現在は女優として活躍中です。AKB在籍中は足臭いキャラとして人気を博しましたが、一体…

AKB48 NGT西村菜那子が「おうち時間」生かし薬膳資格 [7月7日 9:00] AKB48 AKB川本紗矢が卒業発表「たくさん考えて悩んで」 [7月6日 23:15] AKB48の2代目総監督を務めている横山由依ですが、たびたびスピーチがひどいことが話題になっています。今回は…

12月8日、AKB48の第16期研究生がお披露目され、人気メンバーの武藤十夢の妹・武藤小麟(おりん)の加入が… 先日、AKB48を卒業したばかりの小嶋陽菜が、早くもファッションイベント「ガールズアワード」に登場! 大人び… 2015年にAKBを卒業した倉持明日香の父親の倉持明について、そして実家が金持ちでお嬢様の噂についてまとめて… 野呂佳代が体重を詐称してバンジージャンプに挑んだところ、大事故に繋がる死にかけたエピソードを披露しました。痩…

マギー AKB48の武藤十夢が大学院進学を表明。気象予報士の資格取得と合わせ、インテリの道を邁進する十夢の今後は? … ├桜からの手紙~akb48 それぞれの卒業物語~(前田敦子役、2011年2月26日 - 全9話) ├ドラマ24「マジすか学園2」(前田敦子役、2011年4月 - 全12話) ├花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011(芦屋瑞稀役、2011年7月10日 - 全11話) マギー 元AKB48チーム4の小嶋真子。笑顔がかわいいメンバーとして高い人気を集めていました。そんな小嶋真子ですが、… マギー AKB48チーム8福井県代表の長久玲奈(ちょうくれな)さんが卒業を発表!ファンは悲しみに暮れていますが、その… AKB48の選抜常連メンバー入山杏奈。美麗な容姿とスリムなナイスバディーが人気ですが、身長と体重はどれぐらい… なるること成瀬理沙はAKBで現役中学生としては初の研究生からの昇格したメンバー。順風満帆だった成瀬理沙が卒業… AKB48・チーム8の新たな愛知県代表として、2016年6月にお披露目された「はっつ」こと歌田初夏(うただ … 元AKB48の前田敦子。在籍中は絶対エースとして活躍し続けました。しかし2012年3月に卒業を表明。当時の芸能界に激震が走りました。人気絶頂の中なぜ卒業に踏み切ったのか?色々気になったので調べてみました。元AKB48の絶対エース元AKB48の前田敦子。在籍中は絶対エースとして君臨し続けました。卒業後は女優として活動しています。出典:出典:出典:出典:2012年に卒業発表前田敦子は2012年3月25日にさいたまスーパーアリーナでおこなわれた公演の最終日に、AKB48からの卒業を発表。出典:出典:前田敦子自身の想い前田敦子は卒業発表後の3月27日に、自身のブログにてファンや秋元康への感謝つづりました。そして卒業理由についても言及。出典:出典:秋元康の見解秋元康は前田敦子の卒業について、発表の翌日にGoogle+上で語りました。相談された時に引き止めたが、最終的な判断は前田の意思に委ねていたとのことです。出典:出典:①総選挙から逃れるためやはりAKB48のメンバーたちにとって総選挙というものは、自分自身の人気・評価がはっきりと数字で表されるので相当なプレッシャーのようです。出典:②実際の人気とのギャップ総選挙の話ともリンクしますが、前田敦子は運営や周囲からの推され方と現実の人気とのギャップに悩んでいたようです。出典:出典:③秋元康の作戦総選挙やじゃんけん大会のように、前田敦子の卒業もAKB48を盛り上げるための作戦だという意見もあるようです。確かに秋元康ならやりかねません。出典:出典:出典:痩せてリアル峰不二子と化した元AKB48メンバー・小嶋菜月の出身高校や大学、そして痩せる前の画像と痩せた後の… 躍進の続くチーム8。最近では、AKB48の46thシングル「ハイテンション」に収録されていた専用曲「星空を君… 元AKB48高松恵理は後にゴールデンエイジと呼ばれる9期生オーディションに合格。しかし研究生セレクション審査… ファンの間で「まゆゆきりん(まゆゆ×ゆきりん)」と呼ばれるほど仲のいい渡辺麻友(2017年卒業)と柏木由紀。… 元AKB48の小嶋陽菜さん。グループ在籍初期よりそのルックスの高さには定評がありましたよね。男性だけでなく、… 元AKB48人気メンバーの板野友美さん。過去に彼氏と噂のEXILE・TAKAHIROさんとの熱愛スキャンダル…

AKB48研究生の「さとぴー」こと久保怜音の成長ぶりが凄いと話題に。幼さの残る顔立ちが特徴的だった彼女ですが… geinou_otaku sagada AKB48随一の不思議ちゃんとして知られる「ゆかるん」こと佐々木優佳里。ハピネスを連発する変人キャラで有名で… 人気のあるまとめランキング

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!元AKB大島麻衣(まいまい)は過去にロンハーの準レギュラーでしたがある日突然姿を消しました。一説ではブログで… お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはここからこのサイトのナビゲーションですここからこのページの本文です<ザ・真相~AKB48選抜総選挙~連載(1)> 今年で10回目を迎えた「AKB選抜総選挙」のこれまでの出来事をあらためて振り返る連載「ザ・真相-AKB48選抜総選挙」を毎週月曜に掲載します。初回は「第1回総選挙」で起きた、残酷な「アンチ前田コール」の真相に迫ります。 その光景はまさに異様だった。第1回AKB48選抜総選挙。第2位の発表直前のことだ。初の栄冠は前田敦子(当時17)か大島優子(当時20)に絞られていた。観客約1400人が、固唾(かたず)をのんで聞き入る瞬間だった。 「まえだ! まえだ!」 突然、客席から湧き起こった前田コール。1位の大本命前田が、先に2位で呼ばれろという“アンチコール”だった。司会の戸賀崎智信AKB48劇場支配人も思わず一瞬、間を置いた。 結果は大島が2位。観客の「あ~っ」というため息が漏れる。体調不良で欠席と発表されていたが、スタッフの手を借りてフラフラの足取りでステージに出てきた大島が、泣きながらスピーチすると、大きな拍手と歓声が起こる。会場全体がボロボロの大島に感情移入した空気の中で、1位前田が発表された。 それは残酷な瞬間でもあった。うれしいはずの頂点なのに、壇上に上がった前田はうずくまるようにむせび泣く。 「私がこの位置をいただいてもいいのかなと、今はそういうことしか考えられないんですけど、私はAKB48に自分の人生をささげるというのを決めているので、これから皆さんに恩返しができるように、みんなで力を合わせて頑張っていきたいと思います」 大島へのそれに比べて、明らかに歓声と拍手も小さかった。17歳の少女には、あまりにも酷な現実だった。客席で見守っていた前田ファンのいっちさん(当時30代)は「ひどすぎる。あんまりだ」と憤りを覚えた。 「そもそも、こんな深刻な、真剣なイベントになるとは想像もしていませんでした」と振り返る。一方の大島ファンのJINさん(当時30代)も「少なくとも選抜常連メンバーを応援するファンのほとんどは、今ほど真剣に投票はしていなかったし、票の公正さも誰も信じていなかったですから」と、同じ感覚だった。 総選挙とは、シングル曲のセンターや選抜メンバーを、秋元康氏ら運営側が決めていたことに、ファンから不満の声が上がったことがきっかけだった。「じゃあ、いっそファンに決めてもらおう」と。アイドルグループのメンバーの序列を決める人気投票。当時の芸能界では、前代未聞だっただけに「誰もどんな内容になるか全く予想できず、会場に来て、初めていつものライブじゃないと気づきました」(いっちさん)。 ただ、1つだけ多くのファンの共通認識があったという。いっちさんもJINさんも「これはセンター前田の承認選挙だろうと思っていました」。 選抜の上位21枠に、選抜未経験の新顔のメンバーがいくらか入ることは予想していたが「結局センターは変わらないと思っていたし、この第1回で、優子ちゃんを本気で1位にする気だったファンは、知る限りいませんでした」(JINさん)。真剣勝負かどうかも怪しい。秋元氏が「ほら見なさい。僕が選ばずに人気投票にしても前田だろ」と、ファンの声を抑え込むためのイベントだと思われていた。前田推しのいっちさんでさえ、そう思っていた。 しかし、8位に非選抜だった佐藤亜美菜が入った。佐藤のファンが熱心に投票活動していたことは知られており、みんながガチンコだと気づき始めた。序列2、3番手のはずの高橋みなみと小嶋陽菜が5、6位で先に呼ばれると、観客の心は大きくざわつき、予想以上に興奮も高まっていく。結成当初からAKBは、メンバーの握るおにぎりを食べ遊園地で一緒に遊べるバスツアーや、楽曲の人気投票「リクエストアワー」など、奇抜なイベントを仕掛け続けていたが、それにも増して刺激的だった。 「その最高潮で、誰が前田コールをし始めたのかは分かりませんが、僕も一緒につぶやいた記憶があります。でも、決してあっちゃんが嫌でコールしたわけではないんです」。JINさんは丁寧に説明する。「むしろ僕は、あっちゃんのことも好きでした。あのコールは、期待を裏切る結末が見てみたい。予想外の展開の方がおもしろそうという、初めてのイベントへの期待感からだったんです」。 毎回センターだった前田をねたむ人や大島センターを願う人もいた。だが、前田コールをした人の多くは「総選挙という初体験に陶酔しちゃったみんなの声だったと思います」。もはや、会場全体が、少女前田の気持ちには気が回らないほどのトランス状態だったのだ。 いっちさんはしみじみと振り返る。「残酷なコールだったけれど、だからこそ、前田と大島のライバル物語と、その2年後の名言が生まれたんですよね」。 「私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください!!」。初の全国中継での衝撃的な少女の絶叫が、AKB48と総選挙をブレークさせた。 そう。この前田コールこそが、全ての始まりだった。【瀬津真也】SponsoredSponsoredPRSTU最新曲「思い出せる恋をしよう」MV公開NGT角「裏切るメンバーいない」新曲特番思い吐露AKB達家真姫宝は「陰性」感染の田北香世子と接触NGT8月初旬に劇場公演再開へ 県内在住者に限定岡田社長「今後はしっかり対応」NGT再出発会見ここからこのサイトのトピックスナビゲーションですここからこのサイトのフッターナビゲーションです 2017年にAKB48を卒業した横島亜衿(よこしまあえり)。AKBドラフト会議でチームBから一巡目で指名され…