Backnumber クリスマスソング 売上

CMソングで話題となった「ヒロイン」、クリスマスの新定番曲となった「クリスマスソング」、そして『アンコール』のロングヒットと、着実にお茶の間に浸透してきたback number。 11月 14thシングル『クリスマスソング』(CX系月曜9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」主題歌)リリース。 12月 5thアルバム『シャンデリア』リリース。(オリコンウィークリーランキング2週連続1位) 2004年、群馬にて清水依与吏を中心に結成。幾度かのメンバーチェンジを経て、2007年現在のメンバーとなる。レコチョクでご利用できる商品の詳細です。1曲まるごと収録されたファイルです。<フォーマット>1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。<フォーマット>詳しくは シングルもしくはハイレゾシングルが1曲以上内包された商品です。ダウンロードされるファイルはシングル、もしくはハイレゾシングルとなります。<フォーマット>640×480サイズの高画質ミュージックビデオファイルです。※パソコンでは、端末の仕様上、着うた®・着信ボイス・呼出音を販売しておりません。 back number(バックナンバー)公式サイト|圧倒的なクオリティの楽曲と卓越した表現力が各所で注目を集め続けているスリーピース・バンド アーティスト別 cdシングル売上一覧; 昭和の名曲 ~永遠に色あせることのない名曲~ 平成の名曲 ~大ヒットの名曲がズラリ~ 洋楽の名曲 ~誰しも一度は耳にした名曲~ 1960年代、1970年代 フォークソングの名曲; 歴代cdシングル売り上げ枚数ランキング クリスマスソングの歌詞の意味を詳しく見る! 2位:花束. このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 ここでは『これまで、いろいろなドラマの主題歌やCMソングを担当してきた『back number』ですが、一体どんな曲がランクインしているのでしょうか?※ランキングは季節やリリース状況によって入れ替わる場合がありますので ご了承ください。もくじ第1位は『この曲は、2019年1月期に放送されたドラマ「片思いの切なさがリアルに伝わって来ると同時に、悲しみを浄化していくパワーを持った曲です。 実はこの曲、主題歌ではあるものの、書き下ろしの楽曲ではなく、もともとあった曲とのこと。ドラマの内容と誕生日は関係ないものの、台本の内容に違和感が無いように細かいところは変えて仕上げたそうです。 「初めて恋をした日に読む話」は、勉強ばかりしてきて恋をしたことが無い塾講師の主人公と、東大を目指す受験生が主人公に恋をし、先生と生徒という関係上、なかなか恋が成就しないというドラマ。 第2位は『毎年、この時期になるとバックナンバーの他曲たちをごぼう抜きして上位に返り咲く不動の人気曲ですね。「back number」の人気を確固たるモノにしたのも、この曲と言っていいでしょう。 この曲は、”2015年10月12日から同年12月14日まで”放送されたドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」の主題歌に起用された曲。なかなかクリスマスに欠かせない楽曲となっていますね。 第3位は『こちらの曲もファンにとっては根強い人気曲となっていて、Spotifyでの再生回数は、back number の他の曲を退いて第1位でした。 この曲は、ボーカルの清水依与吏さんの「しかも、男子のほとんどは共感してしまう部分があるのではないでしょうか? 『高嶺の花子さん』は、”2013年6月26日”にリリースされた8枚目のシングルとなっており、”2014年3月26日”にリリースされたアルバム「ラブストーリー」にも収録されています。 人気曲の第4位は『この曲は、”2017年12月16日”に公開された映画「 映画のストーリーは、挙式を控えた花嫁に難病が発覚し、病気の進行によって、長い昏睡状態に陥りる….その後、目を覚まして辛いリハビリをし、病気発覚から8年を経て挙式を挙げる姿が描かれた実話です。生きる目的と、心で相手と繋がる大切さを歌った素晴らしい曲ですよね! 人気曲の第2位は『この曲は、2018年10月期のドラマ「 『オールドファッション』は、back numberのボーカル清水依与吏(しみずいより)さんが、ドラマの台本を読んでから書き下ろした曲であることから、 若年性アルツハイマーの主人公の記憶がなくなっていく様子を描いた「大恋愛」にマッチした感動的な曲だと思います! というわけで、次は第6位~10位の紹介です。次の記事 ここでは『back number(バックナンバー)』の2020年・最新の人気曲を、ランキング形式にして、1位~20位まで人気順でご紹介します! これまで、いろいろなドラマの主題歌やCMソングを担当してきた『back number』ですが、一体どんな曲がランクインしているのでしょうか? 大ヒットシングル「クリスマスソング」、ライブの人気曲「高嶺の花子さん」、 会話で紡いだ歌詞が印象的な「花束」をはじめ30曲以上を収録したcd2枚組。 閉じる現在お使いのブラウザではJavascriptが有効となっていないため、サイトのコンテンツが正常に表示・動作されません。2017/12/31 2018年1月1日付Billboard JAPAN週間セールス・シングル・チャート“Top Singles Sales”で、back number『瞬き』が39,552枚を売り上げ5位を獲得した。 前シングル『ハッピーエンド』以来1年1か月ぶりのリリースとなった本作。表題曲は、佐藤健・土屋太鳳主演の映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』のために書き下ろされた主題歌で、buck numberらしい“切なさ”はもちろんのこと、新たに“力強さ”も感じられるラブソングとなっている。また本楽曲は、同日付の週間ダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”では1位、総合ソング・チャート“JAPAN HOT100”でも2位を獲得した。 2016年12月にはベスト・アルバム『アンコール』がリリースされたが、それ以来待望の作品となった同曲の売上動向を調査するため、SoundScanJapanより『瞬き』の地域別売上割合を抽出し、『アンコール』との地域別初動売上割合の増減を比較した。<地域別売上割合> 『アンコール』と比較すると、近畿、中部、九州の主要都市を擁する地域よりも、東北、甲信越など地方のシェアが増えていることがわかる。これはベストアルバムの発売以来、【MONSTER baSH】や【OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL】をはじめとする地方フェスへの出演、大型タイアップによるテレビ露出の増加などを通して、1年間にわたり楽曲もバンド自身も全国的に支持が広がったことがうかがえる。もちろん、関東圏でも売上を伸ばしており、特にメンバーの出身地である群馬は依然として強く、都道府県別でも福岡、千葉を抑え7位のシェアを誇っている。 CMソングで話題となった「ヒロイン」、クリスマスの新定番曲となった「クリスマスソング」、そして『アンコール』のロングヒットと、着実にお茶の間に浸透してきたback number。映画との相乗効果もあり、リリース前から既に多くの話題を集めていた『瞬き』のセールス動向からも、2018年は更なる活躍が期待できるだろう。関連記事最新関連商品2020/03/25[Blu-ray Disc]¥6,380(税込)2020/03/25[DVD]¥5,280(税込)2020/03/25[Blu-ray Disc]¥7,700(税込)2020/03/25[DVD]¥6,600(税込)2019/03/27[CD]¥3,300(税込)2019/03/27[CD]¥7,480(税込)2019/03/27[CD]¥6,380(税込)2019/03/27[CD]¥8,580(税込)2019/03/27[CD]¥7,480(税込)2019/02/27[CD]¥1,100(税込)2019/02/27[CD]¥1,980(税込)2018/11/21[CD]¥1,100(税込)2018/11/21[CD]¥1,980(税込)2018/08/22[CD]¥1,100(税込)2018/08/22[CD]¥1,980(税込)2017/12/20[CD]¥1,100(税込)2017/12/20[CD]¥1,980(税込)2017/11/15[Blu-ray Disc]¥6,380(税込)2017/11/15[DVD]¥5,280(税込)2017/11/15[Blu-ray Disc]¥7,700(税込)2017/11/15[DVD]¥6,600(税込)2016/12/28[CD]¥3,850(税込)2016/12/28[CD]¥6,050(税込)2016/12/28[CD]¥7,150(税込)2016/12/28[CD]¥7,480(税込)2016/12/28[CD]¥8,580(税込)2016/11/16[CD]¥1,100(税込)2016/11/16[CD]¥1,650(税込)2016/05/25[CD]¥1,100(税込)2016/05/25[CD]¥1,650(税込)2015/12/09[CD]¥3,300(税込)2015/12/09[CD]¥4,298(税込)2015/12/09[CD]¥6,380(税込)2015/11/18[CD]¥1,100(税込)2015/11/18[CD]¥1,620(税込)2015/08/12[CD]¥1,100(税込)2015/05/27[CD]¥1,100(税込)2015/05/27[CD]¥1,650(税込)2015/02/25[DVD]¥4,950(税込)2015/02/25[DVD]¥6,380(税込)2015/01/21[CD]¥1,100(税込)2015/01/21[CD]¥1,650(税込)2014/03/26[CD]¥3,300(税込)2014/03/26[CD]¥4,180(税込)2014/03/26[CD]¥6,380(税込)2014/03/19[CD]¥1,100(税込)2014/03/19[CD]¥1,650(税込)2014/02/05[CD]¥1,100(税込)2014/02/05[CD]¥1,650(税込)2013/06/26[CD]¥1,620(税込)2013/06/26[CD]¥1,100(税込)2012/11/21[CD]¥3,204(税込)2012/11/21[CD]¥4,104(税込)2012/11/07[CD]¥1,100(税込)2012/07/18[CD]¥1,100(税込)2012/05/30[CD]¥1,100(税込)2012/03/07[CD]¥1,100(税込)2011/12/21[CD]¥2,409(税込)2011/10/26[CD]¥3,143(税込)2011/10/05[CD]¥1,047(税込)2011/06/22[CD]¥1,047(税込)2011/04/06[CD]¥1,047(税込)2020/03/25[Blu-ray Disc]¥6,380(税込)2020/03/25[DVD]¥5,280(税込)2020/03/25[Blu-ray Disc]¥7,700(税込)2020/03/25[DVD]¥6,600(税込)2019/03/27[CD]¥3,300(税込)2019/03/27[CD]¥7,480(税込)2019/03/27[CD]¥6,380(税込)2019/03/27[CD]¥8,580(税込)2019/03/27[CD]¥7,480(税込)2019/02/27[CD]¥1,100(税込)2019/02/27[CD]¥1,980(税込)2018/11/21[CD]¥1,100(税込)2018/11/21[CD]¥1,980(税込)2018/08/22[CD]¥1,100(税込)2018/08/22[CD]¥1,980(税込)2017/12/20[CD]¥1,100(税込)2017/12/20[CD]¥1,980(税込)2017/11/15[Blu-ray Disc]¥6,380(税込)2017/11/15[DVD]¥5,280(税込)2017/11/15[Blu-ray Disc]¥7,700(税込)2017/11/15[DVD]¥6,600(税込)2016/12/28[CD]¥3,850(税込)2016/12/28[CD]¥6,050(税込)2016/12/28[CD]¥7,150(税込)2016/12/28[CD]¥7,480(税込)2016/12/28[CD]¥8,580(税込)2016/11/16[CD]¥1,100(税込)2016/11/16[CD]¥1,650(税込)2016/05/25[CD]¥1,100(税込)2016/05/25[CD]¥1,650(税込)2015/12/09[CD]¥3,300(税込)2015/12/09[CD]¥4,298(税込)2015/12/09[CD]¥6,380(税込)2015/11/18[CD]¥1,100(税込)2015/11/18[CD]¥1,620(税込)2015/08/12[CD]¥1,100(税込)2015/05/27[CD]¥1,100(税込)2015/05/27[CD]¥1,650(税込)2015/02/25[DVD]¥4,950(税込)2015/02/25[DVD]¥6,380(税込)2015/01/21[CD]¥1,100(税込)2015/01/21[CD]¥1,650(税込)2014/03/26[CD]¥3,300(税込)2014/03/26[CD]¥4,180(税込)2014/03/26[CD]¥6,380(税込)2014/03/19[CD]¥1,100(税込)2014/03/19[CD]¥1,650(税込)2014/02/05[CD]¥1,100(税込)2014/02/05[CD]¥1,650(税込)2013/06/26[CD]¥1,620(税込)2013/06/26[CD]¥1,100(税込)2012/11/21[CD]¥3,204(税込)2012/11/21[CD]¥4,104(税込)2012/11/07[CD]¥1,100(税込)2012/07/18[CD]¥1,100(税込)2012/05/30[CD]¥1,100(税込)2012/03/07[CD]¥1,100(税込)2011/12/21[CD]¥2,409(税込)2011/10/26[CD]¥3,143(税込)2011/10/05[CD]¥1,047(税込)2011/06/22[CD]¥1,047(税込)2011/04/06[CD]¥1,047(税込)アクセスランキング1SixTONES、2ndシングル『NAVIGATOR』ハーフミリオン突破2ビルボードライブで行われた海外アーティストのライブ映像を「GYAO!」にて期間限定で無料配信決定3<ライブレポート>石丸幹二&吉田次郎、改めて音楽の息吹が吹き込まれた上質な夜4Creepy Nuts×菅田将暉、ラジオブースで撮影「サントラ」MVをYouTubeプレミア公開5米津玄師、1年ぶり「ROCKIN'ON JAPAN」の表紙にインタビュー・タイムマシンTaeyoung BoyがTAEYO(タイヨウ)に改名しメジャーデビュー注目の画像 © 2020 Music is the Best! All rights reserved. back number(バックナンバー)公式サイト|圧倒的なクオリティの楽曲と卓越した表現力が各所で注目を集め続けているスリーピース・バンド ここでは『back number(バックナンバー)』の2020年・最新の人気曲を、ランキング形式にして、1位~20位まで人気順でご紹介します! これまで、いろいろなドラマの主題歌やCMソングを担当してきた『back number』ですが、一体どんな曲がランクインしているのでしょうか? また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 5000組以上のカップルのデータをもとに、の結婚式オススメ曲をランキング形式でご紹介。7500曲以上の登録楽曲の中から、失敗しないBGM選びができます。PVの視聴や歌詞閲覧も可能。