GPIF 水野 テスラ

水野氏はすでに米電気自動車(ev)大手テスラの社外取締役に就任しており、gpifでesg投資を推進してきた経歴を「買う」動きはまだ出てきそうだ。 水野氏は、今年3月末でGPIFを任期満了で退任した。

「水野氏は環境などの持続可能性を重視したESG投資を積極的に推進し、昨年12月、空売りを行う投資家への外国株の貸出を停止した。自社株の空売りに悩まされていたマスク氏は、水野氏を〈ブラボー、正しいことをした〉と絶賛。ただ、水野氏はGPIFの高橋則広理事長(当時)との確執も囁かれ、今年3月末にGPIFを去った」(同前) 水野 弘道(みずの ひろみち)は、日本の投資家。 世界的プライベート・エクイティ・ファンド初の日本人 パートナーで、コラーキャピタルパートナーや、京都大学iPS細胞研究所 特任教授を経て、年金積立金管理運用独立行政法人 理事兼最高投資責任者を務めた。

【シリコンバレー時事】米電気自動車(EV)メーカー、テスラは23日、今年3月末まで日本の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の最高投資責任者(CIO)を務めていた水野弘道氏が同日付で独立取締役に就任したと発表した。  水野氏に聞くと「数年前からテスラへの参画を求められていました」と答えた。  水野氏の方が先を見通していたようである。森岡 英樹/週刊文春 2020年7月16日号Yahoo!ニュース 特設ページコロナ禍での出社命令、拒否できる?出社命令を始めとしたコロナ禍で働く際に生じうる労働上の問題について、専門家に聞きましたかつて一世を風靡した名車も消える!? 2020年に生産・販売が終了の車5選50代資産1000万円未満は恥ずかしい?年金と個人年金650万で生活できますか?トランプ氏周辺、強硬派が対中政策掌握か-中国総領事館閉鎖の意味ゴーン被告の息子、逃亡ほう助容疑者に仮想通貨で50万ドル-米検察ハリアー人気に続け! ヤリスクロスは小さな高級車だったコロナで「働かないおじさん」が大淘汰される訳ニッチな商用車が日本に導入された理由とは? 輸入元を動かした“ユーザーの声”長瀬智也退所、TOKIO法人化に得心しかない理由「タイヤワックスはあり?」「空気圧が高めなら燃費も向上?」タイヤの疑問4つに決着! メーカー開発者に答えを聞いた築30年「老朽マンション住人」は不安と絶望の地獄を見るCopyright © g1経営者会議2019 「テクノベート時代を勝ち抜く戦略的サステイナビリティ」 (2019年10月27日開催/グロービス経営大学院 東京校) 水野弘道(年金積立金管理運用独立行政法人(gpif)理事 兼 cio(最高投資責任者)0 小柴満信(jsr株式会社 代表取締役会長…

水野氏はすでに米電気自動車(ev)大手テスラの社外取締役に就任しており、gpifでesg投資を推進してきた経歴を「買う」動きはまだ出てきそうだ。 水野氏は、今年3月末でGPIFを任期満了で退任した。 g1経営者会議2019 「テクノベート時代を勝ち抜く戦略的サステイナビリティ」 (2019年10月27日開催/グロービス経営大学院 東京校) 水野弘道(年金積立金管理運用独立行政法人(gpif)理事 兼 cio(最高投資責任者)0 小柴満信(jsr株式会社 代表取締役会長… テスラは4月23日、日本の投資家、水野弘道氏を取締役に任命すると発表した。水野氏は最近まで、日本の年金積立金管理運用の投資責任者を務めていた。同氏が取締役に就任したことで、テスラの取締役会は1年半にわたる混乱に終止符を打つことになるかもし  一方、水野氏の古巣のGPIFはコロナ禍の影響で、1~3月期は17兆円を超える巨額損失を計上した。コロナ第二波が懸念される中、宮園雅敬理事長ら新経営陣の顔色は冴えない。

〒101-0063 「大阪市立大学卒業後、住友信託銀行に入行し、シリコンバレーやニューヨーク支店に勤務。その後、イギリスの投資会社でパートナーを務めながら、京都大学のiPS細胞研究所で資金調達のアドバイザーも務めていました」(同前) IDでもっと便利に現在©iStock.com 米電気自動車(EV)専業メーカー「テスラ・モーターズ」が、7月1日に時価総額が約22兆円に達し、トヨタ自動車を抜き自動車業界トップに躍り出た。  そして15年、日本の年金150兆円を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)で最高投資責任者に就任した。 https://news.yahoo.co.jp/articles/b11cf87857ce3ee91abcb13814691f6c4fab59e5 第一線の専門家たちがニッポンに「なぜ?」を問いかける

 【シリコンバレー時事】米電気自動車(EV)メーカー、テスラは23日、今年3月末まで日本の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の最高投資責任者(CIO)を務めていた水野弘道氏が同日付で独立取締役に就任したと発表した。テスラは市場との対話に課題を抱えており、運用経験の豊富な水野氏を抜てきした。(2020/04/24-09:25) アメリカのシンクタンク、ミルケン研究所の第22回グローバル・セミナーで講演する水野弘道氏。2019年5月1日、カリフォルニア州ビバリーヒルズで。Mike Blake/Reutersテスラ(Tesla)は、日本の投資家、水野弘道氏が取締役会に加わることを4月23日の水野氏は最近まで、日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の最高投資責任者を務めていた。同法人の運用規模は160兆円以上で、約8億7400万ドル(約950億円)相当のテスラ株も保有している。それまで水野氏はニューヨーク、サンフランシスコなどで金融関係の職に就いていた。テスラはテスラの最高経営責任者(CEO)、イーロン・マスク(Elon Musk)氏が株式非公開化に言及したツイートを巡ってアメリカの規制当局と法廷闘争を繰り広げて以来、大きな変化が起きている同社取締役会にとって、水野氏の就任はさらなる変化を意味する。テスラはアメリカ証券取引委員会(SEC)との和解の条件として、和解金に加えて、マスク氏の会長退任と2人の社外取締役を新たに加えることで合意していた。まず、オーストラリアの通信企業幹部であるその他に4人の取締役が去り、2020年の取締役会は7人になった。同社は取締役会が少人数となったことで「取締役会の新しいアイデア、専門知識、経験を維持しながら、より迅速かつ効率的に業務を遂行する」ことができると述べていた。[原文:(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)AdvertisementSponsoredSponsoredSponsoredSponsored