fgo 2部6章 いつ
FGO攻略WikiFGOの攻略wikiです。「Fate/Grand Order(fatego)」の最新イベント攻略情報や登場するサーヴァントなど、FGO攻略の参考にしてください。©TYPE-MOON / FGOPROJECTFGO(FateGO)のストーリー第2部6章の攻略や最新情報をまとめています。ロストベルト6「星の生まれる刻」を攻略する参考にしてください。2部オリュンポスをクリアして、これまで通りなら異聞帯の名前が明らかになるはずだったが、今回はノイズのようなものがかかって今後のイベントや更新で明らかになるはずだが、現時点では担当クリプターがベリルであることと、ブリテン異聞帯と呼ばれているくらいしか明らかになっていない。これまで公式サイトなどで明らかにされてきたロストベルト6のタイトルは「–円卓領域 —–・-・–」。かの特異点と同じ事件簿マテリアルの魔術協会の歴史によると、もう一つあるとすれば、オリュンポスでのベリルの発言的にブリテン異聞帯ではヴォーティガーンが生存していることが予想されることから、汎人類史ではアルトリア(ロンゴミニアド)の手で打ち果たされたはずの彼が生きていている=二部5章オリュンポスをクリア後、ターミナルのベリルは「自分を騙すのも得意」と称される人物で、彼の発言は正直信用できない。ロストベルト6の情報はそのほとんどが彼の発言を根拠にしたものなので、ブリテン異聞帯は光の壁に包まれていると常々言及されてきた。そして、アトランティス開幕時のクリプター会議で、キリシュタリアの口からその光の壁が「「世界の果て」というとロンゴミニアドの本体の塔が想像されるが、ブリテンという場所や光の壁という特徴も含めてオリュンポスでアトラスの世界樹が炎上した原因が、ブリテン異聞帯の空想樹の炎上。さらにベリルの口からセイファート(ブリテン異聞帯の空想樹)が干されていると言及された。つまり、そもそも異聞帯の維持に空想樹が必要な理由は、前述したロンゴミニアドにはテクスチャを繫ぎ止める機能が備わっており、オリュンポスでベリルとアフロディーテの会話中に登場した、ブリテン異聞帯の状況を意味する言葉。つまり、ブリテンの異聞帯は人類の住む世界ではなく、ベリル本人の口からアヴァロン以外のもう一つ物語の舞台として「これは、謎のヒロインXXのバレンタインチョコイベントで彼女からこの惑星にあると言及された「いまだ星の内海に続く坑道」のことを示しているのだと思われる。「ベリルのセリフを踏まえるとブリテン異聞帯においても、「星の内海へ続く路」は健在で星の内海=アヴァロンがブリテン異聞帯の本拠だが、そこへ至るための道として「星の内海に続く虚ろの道」を通ることになるという展開になると攻略班は予想。ブリテン異聞帯のクリプター。オリュンポス以前はキリシュタリアに従っているように見えたが、快楽殺人者で人殺しができなくなる世界の成立を拒み、彼を裏切りアゾることに。これまでブリテン異聞帯陣営とは対立していると思われていたが、オリュンポスに放たれたロンゴミニアドは、トリスタンの幕間でベリルの口から生存が判明した、アルビオンの竜。汎人類史ではアルトリアとガウェインが戦ったがコヤンスカヤと取引する材料しているので、異星の神のアルターエゴではなく、ビーストだと判明。ロードエルメロイ2世の事件簿で存在が明らかになった、円卓の騎士と敵対関係になったとされる蛮族。カエサルの強化クエストでエネミーとして不具合で登場して以来音沙汰がない。一応ブリテンの脅威の一つとして登場する可能性があるかも。オリュンポスのラストで、アトランティスの海へ退避した異星の神陣営のアルターエゴたちだが、ひとまずは本格的な介入は行わない様子で、アルテミット・ワンを狙って活動することになるようなので、言峰綺礼によるとリンボとは連絡が取れないとのこと。そんなリンボがオリュンポスのラストで我が本拠「地獄界曼荼羅」でマスターをもてなすと発言。オリュンポスの中盤で描かれたキリシュタリアとAチームの人理修復の旅の模様。そこでクリプター6人の中でデイビットだけは登場しなかった。キリシュタリアが行った人理修復シミュレートにデイビットは参加していない=デイビットの分の対価を支払っていないということになるため、ただ、デイビットが登場するのは6章ではなく7章なので、ブリテンには登場しなさそうだが、ペペロンチーノの救援や南米にやってきた異星の神関連で姿を見せる可能性はある。現状、アルトリア系列(顔ではなく)で、アーサー特攻の入るサーヴァントで唯一空きのあるクラスはキャスター。オリュンポスで放たれたロンゴミニアドは、そうなると上記の空きクラスにすんなりと入るが、状況から考えるに”モルガン”という事になりそう。キャスターというクラスも、円卓において”魔術”となるとマーリンかモルガンくらいしか当てはまる人物はいない。また、トリスタンの幕間で示唆された”モルガンがギフトを授けた”件に関しても、アルトリアは「妖姫(あねうえ)…どこぞに顕れているとでも言うのか」と発言している。伏線としてはしっかりと張られていたものだと思われるので、可能性は高いと判断できる。前述のモルガン予想だが、仮にアーサー・ペンドラゴン(プロトアーサー)がメインとなる場合は、モルガンの擬似サーヴァントとして沙条愛歌が登場するという可能性も十分に考えられる(当然、擬似ではなくビーストとして顕現する可能性もあるが)。2020年のコラボが「Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ」で無かったことを考えると、6章で登場が決まっていたからという可能性も捨てきれない。Fate/Requiemコラボで舞台となる可能性が高い空想樹でも脅威になり得る実際村正はオリュンポスでヘファイストスを守る任務の一環として、ゼウス撃破に不可欠なアイテム作成に協力している。今回もブリテン異聞帯を共通の敵として動いてくれるかもしれない。アーサー王伝説に語られる騎士王本人。別の世界のアーサー王。ビーストⅥを追っていることは決定的だが、この4周年記念で実装された低レアサーヴァントの1騎で、円卓の騎士。キャメロットでは物語が始まる以前にすでに退去しており、カルデアと遭遇することはなかった。4周年の低レアサーヴァントの多くは異聞帯で活躍しているので、4周年記念で実装された低レアサーヴァントの1騎。ガレスと彼女以外の低レアサーヴァントはすでにストーリーで活躍しているので、サロメも同様に出番があるはず。それが6章なのか7章なのかは不明。円卓領域ということで、円卓の騎士たちも登場するはず。ブラダマンテの幕間でモルガンと対立しているのが判明記事をシェアする以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。

2部6章は1部6章と一緒で円卓領域ってなってるけどどうなんだろ 副題が「星が生まれる刻」ってのも気になる — 賢王C.saharicus(せいや) (@seiyasmartphon2) August 26, 2019 fgoの2部6章『星の生まれる刻』を考察。いつ配信かや登場が予想されるモルガンや舞台となる妖精郷、アルビオンの竜の情報をまとめています。ロストベルトno.6(2部6章)星の生まれる刻を考察する参考に …

・公序良俗に反する投稿 終章レイド内容→6本の魔神柱レイド6箇所 オリュンポス12神敵側→6柱.

2部6章は名前全てが見えない状態でホーム画面に存在し、2部5章との間に謎の黒点が存在している。 今まではこのような黒点が存在しなかったため、もしかしたら2部6章開始までにもう一つ別のストーリーが組み込まれる可能性がある。 FGO(FateGO)のストーリー第2部6章の攻略や最新情報をまとめています。ロストベルト6「星の生まれる刻」を攻略する参考にしてください。 ※最新ストーリーまでネタバレがあるのでご注意ください 2部攻略まとめ 前章攻略 目次 ロストベルト6の最新情報

あらかじめご了承ください。 1部7章→12月 2部5章前半→12月. 攻略情報最新更新 【外部リンク】 https://ift.tt/3bdHQUK 【FGO】2部6章(ロストベルト6)はいつ?最新情報と事前考察 April 15, 2020 at 07:37PM 終章レイド開始→年末 2部5章後半開始→??? う~んこの — 遺棄リツカ (@gaiatu_rookie) December 20, 2019 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。空想樹干したってのは嘘で、元々の出来レースをひっくり返すために切除済み見えるようテクスチャを張り替えていそう言峰は村正にこの異聞体に行けと命じている。場所はブリテン。ブリテンといえばアーサー王、村正の姿は…あっ(察しヴィヴィアン求むマーリンAlther(笑)世界の果ての『妖精郷』だから異聞帯の王はオーベロンもあり得るかな?そろそろ主人公が異聞帯の住人を消す事や汎人類史のあり方に絶望してマシュやシオンに見限られる展開来ないかな5周年でまた新キャラが一気に追加されてそこから登場とかは有り得る?武内崇的世界1部の6章、7章が面白かったから2部の6、7章もやっぱり期待してしまうなギネヴィアの擬似鯖でビースト愛歌お姉ちゃん実装早よ胸熱過ぎる!やるなら一枚絵とモーション改修付きがいいなぁグィネヴィアの擬似鯖で愛歌様実装してほしいそれアーサーからしたらいろんな意味で地獄じゃねえか…もうさ落ちるとこまで落ちた感あるよな。プロトマーリン…アルトリア顔のキャスター枠であってほしい2000年8月31日にグッドリック・ピゴット天文台で小惑星を発見したロイ・A・タッカーが小惑星の名前を奈須きのこにしたから異星の神も惚け茄子になったんだろうな…調べたらガチかよwwwそのうち「小説家になろう」じゃなくて「小惑星になろう」っていうのが出てくるんじゃないのwww FGO攻略からのお知らせオリュンポスクリア後にターミナルに黒い点が出現した。Lostbelt No.5とNo.6の間に現れたことから、2部以降のメインストーリーはおおよそ4〜6ヶ月間隔で配信されている。2部5.5章があると仮定すると8〜12ヶ月先となるので、2020年の年末から2021年の4月頃に配信となりそうだ。Lostbelt No.6はイギリスにあるブリテン異聞帯で、舞台は『世界の果ての妖精郷』と判明した。ベリル曰く人間の数が少なく、幻獣が腐るほどいる上に少し歩けばルールの違う世界に出てしまうようだ。ブリテン異聞帯は『世界の果て』と呼ばれる光の壁に覆われており、外部からの観測が不可能な状態となっている。他の異聞帯にはない特徴で、ブリテン異聞帯に由来するものだと思われる。ブリテン異聞帯の空想樹セイファートは既に伐採されている。その中身は『あの女』が干したと語られており、このことからブリテン異聞帯はベリル曰く、ブリテン異聞帯には星の内海に続く虚ろの道が存在するとのこと。白紙化すらはね退けたとされ、異聞帯ではここを探索することもあるかも知れない。ブリテン異聞帯では『アルビオンの竜』が生存している。アルビオンとは『もっとも古いブリテン島の名称』で、ブリテン島の意思と言われる『卑王ヴォーティガーン』(白い竜の化身)を指すと思われる。異聞帯の王はまだ詳細が不明だが、オリュンポスを吹き飛ばす程のロンゴミニアドを魔術で編むことができる。異星の神対策も兼ねているようで、非常に強力な魔術師が王だと思われる。▲ベリル曰く『異星の神がいなければ地球で一番強い』とのこと。ブリテン異聞帯担当のクリプター。『母は消費文明が憎い』や『森の住み家』、コヤンスカヤの『狼の混じり物』と呼ばれていることからベリルの召喚したサーヴァントは詳細が全く語られる、真名どころかクラスすら判明していない。カルデア時代の召喚予定クラスも不明だが、消去法で考えるとアサシンを召喚予定だったと思われる。ベリルを裏切ったことで居場所がばれると天罰が落ちてくると語っている。天罰はロンゴミニアドだと思われ、異聞帯の王とは敵対していることになる。しかし王の名代も名乗っており、本当に敵対しているかは不明。キリシュタリアを裏切ったケジメをつけさせるため、ベリルを追ってブリテン異聞帯に向かった。異聞帯を移動する手段は不明だが、ブリテン異聞帯では再びカルデアと共闘することになるかもしれない。ベリルと取引をし、ブリテン異聞帯へと転移させた。その目的は生き続ける『アルビオンの竜』だと思われ、何かしらの手段でアルビオンの竜を入手or取り込むことを狙っていると思われる。ラスプーチンの指示によりブリテン異聞帯へ向かい、現地調査と破壊工作を行うようだ。ラスプーチンとは南米で、リンボとは地獄界曼荼羅で対決となりそうなので村正とはブリテンで決着が付くのかもしれない。アルトリアの姉でモードレッドの母、マーリンに並ぶほどの魔術師だとされる。トリスタンやブラダマンテの幕間で存在が語られており、ブリテン異聞帯でお披露目となる可能性は高そうだ。▲ブリテン関連でロンゴミニアドを魔術で編めるとなると、マーリンやモルガンが候補となりそうだ。ブリテンが舞台ということで、王であるアーサーが登場する可能性は十分にある。アルトリアとプロトアーサーのどちらが登場するか予想できないが、関わってくる可能性は高い。Fate/Prototypeシリーズに登場する魔術師で、アーサー(プロト)のマスターも務める。アーサーに強い執着を見せており、アーサーがメインのシナリオとなるなら登場する可能性もある。理想郷で未だ生き続ける魔術師で、妖精郷と理想郷が同一のものであるなら登場する可能性は非常に高い。またプロトアーサーの世界では女性であったとされ、プロトマーリンとして登場する可能性もある。ベリルはマシュに強い執着を見せていたが、その理由は未だ不明なまま。ブリテン異聞帯にてマシュとの話が掘り下げられるとすれば、既に去ったとされるギャラハッド本人の登場にも期待したい。2部6章のタイトルが『■■円卓領域』となっていることから、円卓の騎士達が登場することは間違いないと思われる。ただし異聞帯の円卓である可能性が高く、主人公たちとは敵対することになりそうだ。4周年にて実装された低レアは、ガレスとサロメを除き2部で味方として登場している。ガレスとサロメもストーリーで登場する可能性が高く、ブリテン異聞帯ではガレスが味方となりそうだ。姿は登場しているが未だに実装されていないアグラヴェイン。1部6章では最後まで敵対していたが、ブリテン異聞帯では味方として召喚される可能性もありそうだ。ユーザー登録(無料)することで、この機能を使うことができます。©TYPE-MOON / FGO PROJECTいただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。コメントしてみようログインするとこの投稿は多数の通報を受けたため、非表示にされています。