nhk鹿児島 歴代 アナウンサー
NHKの正職員アナウンサーのうち、現在はその職を離れた(現在NHK、あるいはその関連の会社・団体に在籍している人物を含む)もしくは現在も嘱託職として活動している人物に関するカテゴリ。. NHKアナウンサーの転勤(異動)は管理職は6月、一般職は7月終わりから8月初めに行われ、全国規模で異動が行われる。(一般職はスポーツの実況のアナウンサーが異動の場合、オリンピックの時期は、9月初めになる場合あり。)また、番組改編に伴ういわゆる「キャスター人事」(不定期人事異動ともいう。これには管理職・一般職不問)というものもあり、これに関しては各放送局にもよるが、2月から3月にかけて異動が行われることが多い。キャスター人事については、新年度の番組開始に備えるため年度頭ではなく、基本的に新年度全国放送キャスター発表に合わせ発令・内示される。 nhkには全国の放送局に約500名のアナウンサーが所属しており、アナウンス業務のほか、番組の取材や企画・番組制作なども行う。 入局したアナウンサーは東京( NHK放送センター )での研修を経て、各地の放送局へ配属される [注 1] 。 ※は現役アナ。 ラジオセンターで番組制作など専門に行うアナウンサーは、NHKアナウンスルームのプロフィールページに2009年度までは掲載されていたが、2010年度に削除された(以前は「Q & A」のみが残されていたが、これについても2012年11月中に削除された)。 フリーランスとして活動している女性アナウンサー、キャスター名鑑です。 セント・フォースや三桂などのアナウンサーに特化した事務所に所属する場合が多いですが、最近では、ホリプロなどの大手芸能プロダクションに所属する場合も多いです。 今後も随時更新していきます。

このカテゴリには下位カテゴリ 3 件が含まれており、そのうち以下の3 件を表示しています。 nhkに所属する女子アナウンサーをランキング形式(2020年版)で紹介しています。 nhkの女子アナと言えば魅力的なベテラン女子アナウンサーも数多く在籍していますが、今回は番組露出度が多い40歳以下で構成しています。 この記事にはNHKには全国の放送局に約500名のアナウンサーが所属しており、アナウンス業務のほか、番組の取材や企画・番組制作なども行う。 ここでは、日本放送協会 (nhk) の各放送局で地域情報番組を担当する契約キャスター・リポーターの一覧を示すとともに、単独記事にならないアナウンサーについては詳細に説明する。 nhkの契約アナウンサーは女性が圧倒的に多く、男性では気象予報士を除けば極めて稀である。 以下はこれに該当する人物。 このカテゴリには 375 ページが含まれており、そのうち以下の 200 ページを表示しています。 なお、制作担当者でも番組を担当する場合はある(『とっておきラジオ』の案内役、臨時ニュースでの電話リポートなどがメイン)。 入局したアナウンサーは東京(各放送局に配属されるアナウンサーのほか、地方の場合、その地方の管轄局は管理職を含めて10~20人、その他の地方局は5~7人のアナウンサーが所属している。ただし関東・東海・近畿など拠点局とエリアが重なる放送局は局の規模が少ないためアナウンサーは2~4人程度であり(水戸は5人、(2020年時点で水戸は6人)京都は6人で構成)、室蘭・帯広・北見・函館・旭川のように正職員アナウンサーが1人しかいない局も存在する。そのため、小規模局へ拠点局のアナが定時ニュースなどの応援で出向担当することがある。

女子アナ年齢一覧。アナウンサー生年月日を掲載しています。日本テレビ・テレビ朝日・tbs・フジテレビ・テレビ東京・nhk。
※現在フリーとして活動中の人物に限定。